FC2ブログ
社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
UP & DOWN & UP(No.2)
2007年10月29日 (月) | 編集 |
Skoop On Somebody 『Nice'n Slow Jam Night』、2007年10月27日 新宿コマ公演初日レポその2です。



SAKURAさんが退場した後、バンドが演奏を始めました。
が、何か聴き覚えのあるメロディー・・・。
もしやこれは。



TAKEさんソロアルバムの『桜』のイントロか!!



ということは・・・。

河口恭吾さんが出てきました!
おー、White Acoustic Night以来やね。
今日は緊張せんと喋れるかなぁとちょっと心配に。^^;



歌は前に生で聴いたときよりさらに良くなっていてびっくり。
もはや自分のモノにしたかのようなTAKEさんの堂々とした歌いっぷりにじーんとしました。
もちろん河口さんの語りかけるような歌い方も曲と合っていて好きですよ。
・・・とまぁ、お二人のそれぞれ異なる歌い方が楽しめる(?)『桜』でした。



で、その後のトークで、何故か河口さんに対してやたらTAKEさんが低姿勢。

河口さん:「・・・TAKEさんなんでそんなに気ぃ遣ってるんですか! いつもは『おい恭吾!』とかなのに」

TAKEさん:「いや、前会ってから3ヶ月空くとねぇ・・・」

河:「最初からやり直しなんですか!?」

TAKE:「・・・って、ちゃうねん! 今日は俺らはそういう立場なの!!」

SOSはホスト的な立場なので、ゲストに対して気を遣わないといけないという気分だったらしく・・・。
すっかりそのネタで盛り上がる2人と、それを聞いて爆笑する客席。

河:「TAKEさんが(ライブのMCで)こんなに喋るのは珍しいですよ。僕はそんなのを聞いたことがないのでなんだか嬉しいです。皆も嬉しいよね?」

た、確かにライブではそんなに喋らないかもねぇ。
ラジオとかテレビでは3人でよく喋ってるのにねぇ・・・。



で、TAKEさんから「恭吾最近何してるん?」と訊かれて答えたのが、「カヴァーアルバム(90年代のJ-POP)を出します」。

TAKE:「え、それってどんな曲が入ってるのか今言っても大丈夫?」

河:「えーっと、言えるんですけど、全部ド忘れしました!」


えー!∑( ̄□ ̄;)

自分のアルバムやろに、そんなんでええんか!?


河:「いや、今井美樹さんとか、小泉今日子さんの『優しい雨』とか・・・」(何故か女性ボーカル曲ばかり)

TAKE:「恭吾・・・。先輩として言うけど、それ忘れちゃダメ」


いや、先輩の立場でなくても普通そう思うからー!!



TAKE:「じゃあ恭吾のカバーアルバムの中で1曲選んで歌ってよ。オレはお客さんになって聴いてるから」

そうのたもうて舞台袖へ消えてゆくTAKEさん。
ぽつねんと舞台上に残される河口さん。(もちろんバンドはいましたが)


河:「・・・・・。そして一人になってしまいました」(←やや途方に暮れた感じで)


が、突然「あ」とバンドのほうを振り返り。

河:「10周年おめでとうございます」(※「ゲストに呼んでくださってありがとうございました」だったかも)

KO-ICHIROさん:「そんなん楽屋でやろうやー。(苦笑)」


さすがリーダー、現実的です。
・・・が、あんまり後輩をいじめたらんといてあげてくださいな。^^;



で、歌ったのがドリカムの名曲、『LOVE LOVE LOVE』。

・・・声高い!∑( ̄□ ̄;)
女性ボーカル曲いろいろカバーしてるもんね。
いろんな曲が歌えるってえぇなぁ・・・。



No.3に続きます。。。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する