FC2ブログ
社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
UP & DOWN & UP(No.1)
2007年10月28日 (日) | 編集 |
Skoop On Somebody 『Nice'n Slow Jam Night』、2007年10月27日 新宿コマ公演初日レポその1です。




半円形の舞台に降りていた赤い緞帳が上がり、、、Nice'n Slow Jam Nightがスタート!

オープニングの2曲はカバーの曲で、アレンジがどちらもジャズ風でした。2曲目はよりスウィングを効かせたアップテンポな曲。
いきなりカバーで幕開けとはニクい演出です。
Nice'n Slow Jam Nightというだけある、、、かも? でもカバーばっかりだと辛いかも。。。と思いつつ聴いておりました。
TAKEさんジャズも歌えるんやーと感心しきり。
(でもソウルとジャズは親戚みたいなもんやもんね)


2曲終わってからのMC。

TAKEさん:「皆さん、本日は足元がめちゃめちゃ悪いところを来てくれてありがとう。台風が来てるから電車が遅れるんちゃうかとかめっちゃ心配してました」

TAKE:「でも俺たち3人晴れ男が台風をこう、さ、さ、遮ってたんで(片手で台風を遮るフリ)、大丈夫と思います。それにここ新宿コマの神様にワイロ、、、ちゃうわ、お供え物をね、奮発して日本酒を買ってきたんでー」


何故か「遮って」で異常に噛みまくるTAKEさん。
それって神様じゃなくて噛み・・・。(笑)

本当に遮ってくれていたのか否かについては、ずぶ濡れになった上にetcetc...だった私にとっては甚だ怪しく感じるのですが。^^;
なんか今年になってから、私が参加したskoopの単独ライブは雨ばっかりですよ。
誰かと一緒のときは晴れか曇りで収まるのに。。。しかもあの○善氏と一緒のときでさえ!


あと、「ワイロ」で会場大爆笑でした。
だって素で間違えかけてるんやもん!



TAKE:「今日はNice'n Slow Jam Nightということで、過激な演出は一切ありません! コマですけど、舞台は回りません!!」

さては回りたいんやろー! とお隣の方と苦笑してました。
イメージとしては『sha la la』のPVみたいな感じでー。
(あれはカメラが回ってましたが)


3曲目が『Soul'n'Roll』。そのタイトルと人気ぶりは知っていたんですが、肝腎の曲を知らず。^^;
(フォローありがとうございました!)
ライブで盛り上がりそうな、アップテンポのノリのいい曲でした。
カップリング曲も聴かんと・・・。




で。
ここで本日1人目のゲスト登場。

TAKE:「俺たちのシスター、SAKURA!!」


SAKURAさん登場!
今年のSOUL POWER なにわ以来ですね。
あのときけっこう気に入っていたので再度お目にかかれて嬉しかったです。
そのときの衣装は白いドレスでしたが、今回は、緑色の葉っぱの柄モノのゆったりとしたドレスに、カサブランカの髪飾りに裸足(!)というナチュラルさを感じさせる出で立ちでの登場でした。なんとなくハワイっぽかったです。^^;


曲がSAKURAさんの『LOVE 4 REAL』。

こ、これは、かのFM802のOSAKAN HOT 100で栄えある1位に輝いたことのある曲ではないですかっ!?
何がすごいって、全編関西弁。
「やっぱあんたしかおれへん」とかさらっと言ってみたい。
「もうやめときぃー」とか女友達に言われてみたい。


それにしても大阪っぽい曲はなぜほぼ例外なくOSAKAN HOT 100で上位にのし上がるんでしょうねー。^^;


曲中、『もうやめときぃー』で何故かじぃっとTAKEさんを見るSAKURAさん。
困ったような顔でリーダーを「あいつ、あいつ!!」と指差すTAKEさん。

この人たち擦り合ってるー!∑( ̄□ ̄;)




曲が終わってSAKURAさん。
SAKURAさん:「このホール客席がよく見えるねー、みんなTAKEのこともよく見えていいよね」

TAKE:「・・・僕は見るモンじゃないんでー」


よう言うわこのヒト。┐( ̄ー ̄)┌



TAKE:「今日は大阪から台風と一緒に来てくれたんよね? 今回このNice'n Slow Jam Nightをやるにあたって、どうしてもさくちゃんには出て欲しいと思ってて。でね、電話で直接話したりしてたんやけど、、、さくちゃんは直前までずっと梅田コマと思ってました!」

SAKURA:「そう! マネージャーに教えてもらえへんかったら絶対梅田行っとったと思う。・・・でも梅田ってTAKEが言っとった!!」

TAKE:「・・・だから僕はモテないんですよね」


いや、何も自分で言わなくても。(汗)



・・・・・・。
梅田コマだったらどれほど良かったか。
道はわかるし、ストラップが千切れることも大雨に打たれることも、コケてでっかい青たん作ることもなかったやろに・・・。

※ちなみに現在梅田コマは「梅田芸術劇場」に名称が変わっております。




TAKE:「こんなこと言ったら怒られるかもしれへんけど、もし僕が女やったら、こんな力強い友達欲しいわ」

SAKURA:「え、そんなん言われたことないでー」

TAKE:「え、なんで? お説教とかして鬱陶しがられるん?」

SAKURA:「ううん、逆。お説教されるねん」


説教される側かい!!∑( ̄□ ̄;)


「背中で泣きながらごはん作ってるときに書いた」という若干怪しげなのが次の曲。
SAKURAさん単独で「だいじょうぶ」。

TAKE:「みんなで元気になろうなー」(←しんみりと)

TAKE:「・・・て、どんなに元気ないバンドやねん!」


『だいじょうぶ』、えぇ曲でした。
押し付けがましくなくしみじみと「うん、なんとかがんばるわー」という気分になれる曲。
これは本格的に聴いてみんとー。



「皆さんの幸せを祈っています!」と最後に言い残してSAKURAさん退場。
本人もチャーミングな方で、SOSとの縁が深いこともあって、お客さんも大喜びでした。
TAKEさんとのトークの息がぴったりなのもすごく良かった!(言葉が近いからかも)



No.2に続きます。。。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する