FC2ブログ
社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
Something in our SOUL!(No.10)
2007年08月06日 (月) | 編集 |
SOUL POWER TOKYO SUMMIT 2007 2日目レポ、第10回目です。
注:当記事にはがっつりとネタバレが含まれています。

「ネタバレはなにわまでお預けする!」という方は耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで(?)回避してくださいませ。
「東京の復習をする!」、「なにわの予習をする!」、「参加できなかったので雰囲気だけでも知りたい!」etc...という方は、以下の部分を反転してどうぞー。
【※イベント終了につき反転解除済※】





----------------------------------------------------------------


マーチンさんステージが終わって、「あれ、本編もこれで終わり・・・?」と若干の物足りなさを感じていると再びマーチンさん登場。

で、次に桑マン。


マーチンさんがゴスペラーズのリーダー村上氏を呼び入れたので、「あ、ここで皆舞台に集合するんかな?」と思いきや、、、呼び入れたのは村上・酒井コンビ(黒スーツ着用。なんべん衣装チェンジするねん(笑))だけ。
しかも酒井さん、一所懸命両手でエアリーゼント作ろうとしてるし。


これは、、、もしや?



とかなんとかあれやこれや期待していると見事にやってくれました。

No.1ベースボーカル・佐藤善雄さん登場!

ゴスペラッツリターンズ!!(※但し塗ってません(笑))


やっぱりね。SOUL POWERはこれがないとー。
もちろん一時的なユニットだったし、いつまでもこれにずっと頼っちゃいけないんですけどね。^^;


まずは不倫ソング『Me And Mrs.Jones』でメロウに。


そして、、、『ハリケーン』!!
お隣と後ろがいなくなったのでようやく気兼ねなく立ち上がることができました。^^;
黒塗り・白手袋はないけれど、やっぱりこの曲は盛り上がります。
素直に楽しい!



さて、ゴスペラッツステージが終わって出演者全員が舞台に勢揃いしたんですが・・・
そこへなんとバブルガム・ブラザーズのBro.KORNさんが突然登場。

出演者・お客さんが一緒になって『WON'T BE LONG』を大熱唱しました。


いやはや、酸欠寸前・・・。^^;



舞台上、若い人たちはちょっと乗り切れてなかったかも。
オッサンベテラン連中はそれはそれは楽しそうにしてましたが。(若干いかがわしげなフリもやっていた。。。(汗))
SOSのTAKEさんはお得意のタンバリンを叩いてました。




うーん、、、もうちょっとアンコールやってほしかった。
・・・でも『WON'T BE LONG』自体が相当長かったこともあり、この曲が終わった時点で充分燃え尽きてたんでむしろこれぐらいでいいのかも。^^;
そもそもが長丁場だし、ある意味体力勝負。




~おまけ~

終演時のアナウンス:

「アフロの脱ぎ忘れにはご注意ください」


ナイスアナウンス!



そうそう、開演時のアナウンスにもアフロ話があったんですよね?
(そのときはそれどころでなく。。。^^;)
聞きたかったー!

それにしても誰かアフロショーしてくれへんかな・・・・・。
・・・でもマントとは逆なんか。脱がされたアフロを無理やりまた被って舞台に出て歌う、、、とか?






本編3時間半+終演後までびっちりソウル漬けのイベントでした!
皆さん、家に着くまでがSOUL POWERですよー。


続く。。。?



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック