FC2ブログ
社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
It's My Hometown(No.1)
2007年06月30日 (土) | 編集 |
Skoop On Somebodyの"Live in performance 2007 ~Best Hit S.O.S~"@大阪、レポその1です。


反転しませんので、「ネタバレは堪忍してぇな」という方は回避のほどをお願いいたします。m(_ _)m
「東京の前に予習要るねん!」、「なんやしらんけど気になるわ~」という方はどうぞー。











~とりあえずセットリスト~


・壊したい
・琥珀の月
・a tomorrowsong
・Amanogawa
・Still
・線香花火

・ama-oto(Club S.O.S)
・冬メドレー(Club S.O.S)
 ~ Smile Again
   ~ eternal snow
     ~ My Gift to You ~

・Nice'n Slow
・Tears of JOY
・潮騒

・How We Do It!!!
(KO-HEYさんドラムソロ)
・バラ色
・happypeople
(リーダーキーボードソロ)
・ぼくが地球を救う ~Sounds of Spirit~

・sha la la
・Everlasting Love


・さよならが生まれた場所
・No Make de On The Bed






え、仙台のときにもう見たって?

まぁまぁ、そう言わずにじっくり見てくださいよ。
何か違うところがありませんか?







<大阪スペシャル>

それはサポートメンバーが退場し、Club S.O.Sに切り替わったときのお話。

前日TamaさんのライブにTAKEさんがゲスト出演した後、大阪時代にTAKEさんが黒人バンドと一緒に演っていたという北新地のクラブに行ってセッションしたらしく。
そのとき、そういえば昔大阪におった頃心斎橋のソニータワーのあったあたりでストリートライブをやってたなぁ、懐かしいなぁと思ったんだそうな。

子供の頃、バスに乗って塾に行かなあかんのに、心斎橋で降りて今は無き駸々堂で立ち読みをしていたこととか。(笑)



・・・あのー、ライブにおかん来てたら怒られるでぇ?
まぁたぶん来てはるんでしょうけど。^^;
(あれ、もう既に怒られてたんだっけ?)



TAKEさん:「で・・・。ほんま、全然予定になかったんですけど、今日は1曲追加したいと思います!」




・・・・・!!∑( ̄□ ̄;)



マ、、、マジデスカ!!

これが地元の特権!?





TAKEさん:「すみません照明さん、もうそのままでいいのでー。
ストリートでやってた頃はそんなん(照明)なかったから大丈夫やし」




さて。

そのスペシャルな1曲とは?



この短い時間に、思考回路がオーバーヒートしそうなぐらい働きましたわ。^^;
Club S.O.Sだったら『ama-oto』かなとか。
大阪やからやっぱり『soul river』か『My Hometown』かなとか。
(冷静になってよく考えたらMy Hometownはシングルちゃいますね)




TAKEさん:「えっと、メンバーぐらいには曲名言っといたほうがえぇんかな。こーへー、いける?」

うーん、ちょっと自信なさそうなKO-HEYさん。

TAKEさん:「じゃあヒント。"雨"で。・・・まぁ今は降ってへんけどね」
(※たぶんこの頃には雨が降っていたと思われます・・・)


と、何かを振り切ったようにすっと始まるKO-HEYさんのカホンソロ。


・・・これがまたすごくカッコよくてですね。
あんなにシンプルな楽器から、どうしてあんなに生きた音が生まれるんだろう?
カホンを叩くKO-HEYさんも伸び伸びしていて大変良かったです。


TAKEさん:「On Percussion,KO-HEY!!」



で、いったん仕切りなおしてカホンソロから始まった曲が・・・。


『ama-oto』!!



やっぱり梅雨時期にこの曲は外したらあかんでしょー!
しかもClub S.O.S版のama-otoはアレンジがすごくカッコ良くて大好きで。

間奏のリーダーのキーボードソロ、武道館ライブのときから一段とパワーアップしてました。
あの即興っぽいメロディーはかなりぐっと来ます。





曲が終わってから・・・

TAKEさん:「最初リーダーが弾いたコードがなんか違ってて、『あれ、俺曲伝え間違ったかな』と思ったわー」

リーダー:「ま、それもアリかなと」


・・・・・さすがリーダー、大物だわ。orz

いや、たしかに調が違ったから一瞬違う曲かとも思ったんやけど、最終的には上手く着地してたからよしとしますか。



このサプライズ、どうやらスタッフには一切知らせていなかったらしく、、
一体どのタイミングで曲を決めたのか、本当にどの曲をやるのか3人で事前に打ち合わせしていなかったのかは謎です。^^;



でもあの3人だったら突然でも即興でセッションできそうな気がする・・・。




その2に続きます。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック