FC2ブログ
社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
and,I belong to You(No.5)
2007年06月19日 (火) | 編集 |
Skoop On Somebodyの"Live in performance 2007 ~Best Hit S.O.S~"@仙台、レポのようなものその5です。



反転しませんので、「ネタバレは堪忍してぇな」という方は回避のほどをお願いいたします。m(_ _)m
「予習要るねん!」、「なんやしらんけど気になるわ~」という方はどうぞー。
















『sha la la』前のMCにて。

「たまたまドラムが叩けて、たまたまキーボードが弾けて、たまたま歌が歌えて。そしてたまたまそれを聴きにきてくれるお客さんがいる、そうやって皆と出会えたことが本当に嬉しいです」とTAKEさん。

が、「まるでツアー最終日の挨拶みたいや」とセルフ突っ込み。(笑)


あと、「仙台のお客さんはいつも温かいんだけど、それは薄っぺらな温かさではなくて、心から自分たちのことを思ってくれているように感じる(←後半失念)」と言ってました。

「皆のおかげで、最高の初日を迎えることができました」とも。




・・・ごめんなさい、全然仙台近辺の人間でなくて。(笑)
でもこの場に立ち会うことができて、すごく楽しかった。
大阪から来て本当に良かったー!




<気にしてる?>

「あと10年経っても、じじぃになっても体力がなくなっても音楽やっていくよ。
・・・リーダー、いける?」

とTAKEさんリーダーのほうを向く。


リーダー:「・・・言うとくけどな。最年長は清水さんやで!」


まぁまぁ、四捨五入したら3人とも同い年だから。^^;
落ち着いて落ち着いて。





<考えるよりも>

TAKEさん:「去年一年間、10周年を目前にして、Skoop On Somebodyは今後どういう方向に進んでいけばいいかということをメンバーでずっと考えたんです。それもかなり頭使って。
・・・でも、今年になってからようやく気付きました。俺らは元々頭使って音楽やってきてないんやったって」

とにかく音楽を皆のところに届けよう、いっぱいライブをやろうということを言ってました。




<宣伝さしてもらいます>

今までライブではグッズのことについては特に触れてこなかったし、自分たち自身も制作に関わってこなかったんだけど、今回のデジタルパンフはいろいろ意見を出してみましたと。


そんなわけで。


TAKEさん:グッズ買ってくれっ!!



はいはい、ちゃんとパンフは買いましたよ。^^;
仙台に持って行った旅行鞄が危うく閉まらなくなりそうなぐらい大きいパンフでした。(笑)
内容は、、、先に書いたとおり「爆笑モノだった」とだけ申し上げておきます。┐( ̄ー ̄)┌





その6に続きます。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック