FC2ブログ
社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
and,I belong to You(No.3)
2007年06月17日 (日) | 編集 |
Skoop On Somebodyの"Live in performance 2007 ~Best Hit S.O.S~"@仙台、レポのようなものその3です。



内容は反転しませんので、「ネタバレは堪忍してぇな」という方は回避のほどをお願いいたします。m(_ _)m
「予習要るねん!」、「なんやしらんけど気になるわ~」という方はどうぞー。














<じりじり>

『潮騒』後かな。
このへんまではお客さんはずっと座ってて。

で。

TAKEさん:「みんな、そろそろお尻ムズムズしてきたでしょ? じっと座ってるのなんか我慢大会みたいやもんね」

ここから上げていくでー! ということで『How We Do It!!!』へ。

・・・た、確かにここまでがちょっと長かった。。。^^;
途中Club S.O.Sに切り替わったけど、それも含めて『Amanogawa』あたりから『潮騒』までは基本的に「聴く」のがメインだったので。

というわけで、お客さんも「やっと来たよー!」という雰囲気でしたね。




<話になれへんわ>

『How We Do It!!!』にKO-HEYさんのドラムソロが入りまして。
(順番怪しいかもしれませんが^^;)


とりあえず叩き出すKO-HEYさん。


が。


『あかんあかん、そんなんとちゃうねん』とジェスチャーをするTAKEさん。
(他のバンドメンバーも)


もうちょっと気合を入れて叩くKO-HEYさん。


けれど。


『はぁぁ、、、もうお話になれへんわー』とジェスチャーをするTAKEさん。
(やっぱり他のバンドメンバーも)


ここに来てようやくめいっぱい叩くKO-HEYさん。


・・・と。


『そうそう、それやで!!』とジェスチャーをするTAKEさん。


TAKEさん:「On Drums,野上幸平ー!!」



・・・なんかね。
ドラムを叩くKO-HEYさんよりもダメ出しする舞台上のメンバー・バンドメンバーのほうに目が行ってしまいました。^^;
めっちゃ面白すぎて・・・こーへいさんごめんなさい。m(_ _)m
でも相変わらずカッコ良かったです。





<時代が変わっても・・・>

具体的にどのあたりのMCか忘れてしまったんですが・・・。

TAKEさん:「この会場(Zepp Sendai)のこの微妙な距離がいいね」

・・・な、なんで?(笑)
この近さがえぇんか!?∑( ̄□ ̄;)


と、「俺らのこと最初にストリート(ライブ)で見た人!」と会場に訊ねるTAKEさん。
ちらほらと挙がる手。

TAKEさん:「何が言いたいかというとですね。ストリートって明るいから、けっこう来てくれた人の顔を覚えてるもんなんですよ」

あ、あのとき来てくれた人がおる! ということを言ってたんかな。


そういえば、3月の『White Acoustic Night』のときも男性2人客に対してツッコミを入れてたもんなぁ・・・。^^;
どうもけっこう会場をよく見ているみたいです。
(そして目が合ったはずと勘違いしてみる人間がここにひとり・・・orz)


昔ストリートライブに来てくれたときまだ小さかった子供が、大きくなってまたライブに来てくれることが感慨深いとも言ってました。


えぇ話や・・・。(涙)




その4に続きます。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック