社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星になる(No.3)
2009年09月17日 (木) | 編集 |
朝日新聞LIVE in EXPO' 70 『風に吹かれて2009』@大阪万博記念公園,2009年9月12日レポ、No.3です。



次は大阪出身だという山本潤子さん。
1970年代に活躍していたHi-Fi Set時代の曲のみということで『海を見ていた午後』、『冷たい雨』、『卒業写真』の3曲を、サポートメンバー1人を加えてのギター弾き語りで。
『冷たい雨』は別に雨が降っているからではなく、たまたまだったそうな。
鶴といい、凄い偶然。^^;
『卒業写真』はユーミンのカバーなんですね。調べてみると、カバーによってこの曲が有名になったんだとか。
久しぶりにこの曲を聴いたのですが、30年以上の長きにわたって、多くの人々に受け入れられている名曲の底力を感じました。

山本さんは割と淡々と話す落ち着いた方で、MCでもあまり多くを語らなかったんですが、その分歌に集中することができたかなぁと思います。
ボサノヴァでよく聴くような、やや囁くような歌い方で、聴いているとなんだか不思議な気分になってくる声。
晴天であれば! 夕暮れ時の感傷的な雰囲気によく合っていただろうにと思うとちょっと切ないです。



次が岡野さんだったのですが、、、正直あまり憶えておりませんで。
本当に申し訳ないです。(汗)
でも透明感があって耳に心地よい声でした。
3曲とも爽やかな曲でわりと好きな雰囲気ですが、特に気に入ったのは『フォトグラフ』。




さて。
ここへ来てようやくSkoop On Somebodyの登場。


TAKE:「えらいこっちゃなぁー!(笑)」


開口一番それか!!
や、もちろん雨が降っていることに対して言ってるんですけどね。


TAKE:「なんか竹善さんの出番が近づいてくるにつれて雲が濃くなってきてるような気がするけど、、、俺らでちょうど折り返し地点やから、皆頑張ろうなー」

ま、まだ半分か・・・・。
一度やみそうになった雨も結局とどまることなくしとしとと降り続け、、、すっかり冷えきった身体(と心)。
やっぱりリズムが聴こえる『ETERNAL LANDSCAPE』でちょっとテンションを上げた次に『椛』で再びしんみり。

TAKEさん曰く「もみじ川広場で、この雨の中で歌うなんて感慨深い」そうで、さすがにこのもみじ繋がりを誰も意識していなかったのか、感心の声が上がってました。
なるほど、盲点でしたわ・・・。^^;

ちなみにこの曲が主題歌となった映画『引き出しの中のラブレター』の試写会に先日参加していたそうで、「普段ニヒルなリーダーがサングラス越しに涙を流していた」そうな。(笑)


それも。

自分たちの曲がちょうど流れていたときに。


・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・。

自分好きー!?Σ( ̄□ ̄;)


いやいやいや、きっとリーダーは何か思うところがあったに違いない。
そういうことにしとこ。



何はともあれ、映画を見てTAKEさんも感じ入るところがあったらしく、あれから週一でおかんに電話するようになったとのこと。
「みんなもおかん、おとん、おじん、おばんetc...には連絡を入れてあげてください」と言うTAKEさん。


おとんおかんはともかく、おじんおばんは厭すぎるー!!
いくらこのへんでも自分の祖父母(叔父叔母?)のことをそんな呼び方しませんてば。^^;



・・・で、ちょうどその流れで、「今年はSOSにとって大きな出来事があって」と続き、、、でも自分は歌が好きだからこれからもマイクを持つし、リーダーはキーボードの前でにこにこしながら演奏する、いろいろあったけれどもSOSはこれからもやっていくのでどうぞよろしくお願いします、という話が出まして。


・・・ときどきね、夢を見るんですよ。
100人も入れば満員になるような小さなライブハウスで、「戻ってきたでー!」って3人揃ってライブをする夢を。
「良かった、ほんまに良かった・・・」と思ったところで目が覚めてがっくりしたことが何度あったことか・・・。

「これからも2人でやっていくので~」という言葉を聞いて、またひとつ希望の灯火が消えていくのを感じつつ独り落ち込んでおりました。



さて。2人になったSOSへ、スターダストレビューがエールを送ってくれるということで、SOSステージ最後の曲の『sha la la』はスタレビと一緒に歌うとのこと。
『sha la la』という言葉がTAKEさんの口から出た途端にちょっとした歓声が。
やっぱり人気なんですねー。
そういえば前回は竹善さんと共演していたっけ。
一番知名度が高いみたいだし、こういうイベントでは欠かせないのかな・・・。



スタレビの6人がステージに登場し、要さんが開口一番言いました。


要:「良かったー、まだ皆いたねぇー」


か、辛うじて留まってました。。。
とりあえず元を取るまでは帰れん!(そこか)


TAKE:「兄さん今日はどうもありがとうございます」

要:「兄さん言うな!(笑)」

まぁ、、、"お父さん"と言われないだけましということでー。(こら)


で、総勢男8人で『sha la la』。
こんなに暑苦し、、、ごほ、男らしい『sha la la』は初めてかも。^^;

それにしても。
最後の"sha la la"の、要 VS TAKEのシャウト合戦は凄まじかった!
要さんが声を張り上げれば、負けじとTAKEさんがソウルフルに歌い上げる、その一シーンは、そこに居合わせた者に息をすることを忘れさせるほどの大迫力でした。



No.4に続きます。。。



コメント
この記事へのコメント
そうでした!そうでした!
あのシャウトは見ごたえ?聴きごたえありました(笑)

アタシもよく3人でLIVEして帰ってきたでぇ~っていう
KO-HEYサンを見ます(涙)
ひそかにもうそろそろ帰ってくるんじゃない?って
思ったりもするんだけど・・・・当分は2人なのね。。。

やっぱりSha la laは王道ですね。
1度は聞いたことあるって感じなんですね、きっと。
好きだから良いんですけどね♪
2009/09/17(木) 23:24:00 | URL | りぃ #-[ 編集]
りぃさん、こんばんはー。
お返事が遅くなって申し訳ないです。

やっぱり夢に見ますか。^^;
"休止"の単語に望みをかけて早半年近く。
KO-HEYさんも40歳というキリの良い年齢になって
一度自分の人生についてじっくり考えたくなったのかなぁと
好意的に考えるのにも少々疲れてきた今日この頃です。。。本当に帰ってくるのかなぁ。。。

でも。
ファンを疲れさせよってー! さっさと戻ってこーい! というのが実は本音。(こら)


コメントありがとうございました!
2009/09/23(水) 02:57:52 | URL | こと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。