社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星になる(No.1)
2009年09月14日 (月) | 編集 |
朝日新聞LIVE in EXPO' 70 『風に吹かれて2009』 @大阪万博記念公園,2009年9月12日レポ、No.1です。



トップはスタレビ。
・・・だったんですが、のっけからコラボでして、竹善さん、SOSのTAKEさん&KO-ICHIROさん、馬場さんの4人を呼び込んで、総勢10名男のみでの暑苦しい重厚なアカペラを聴かせてくれました。
なんと合計456歳! の"チーム:加齢臭"(by根本要)
果たして三十路以下は許されなかったのか、、、分かる範囲で最年少がTAKEさん(40歳)だったというのがなんとも驚きです。


要さん以外に竹善さん、TAKEさん、馬場さんにもそれぞれソロがあったんですが、爽やかだったり、ねちっこかったりと様々なAmazing Graceを聴かせてくれました。
いやぁ、、、TAKEさんがあまりにねちっこく歌うんで浮いてたんじゃなかろうかと心配になったほどなんですが(笑)、個人的にはソウルフルなAmazing Graceは大好きです。
アカペラだとよく栄えますね。Good Job!


さて、次からはスタレビ単独で『夢伝説』、『木蘭の涙』、『愛の歌』、『と・つ・ぜ・ん FALL IN LOVE』を。
実はスタレビを生で聴くのは初めてだったんですが、こんな私でも知っている曲が多くてありがたかったです。

要さんの特徴的なダミ声は今の流行りではないかもしれないけれど、とても力強く心に訴えかけてきました。
またお客さんだけが濡れていることをとても気にされていたようで、自分(とマイク)が濡れることも構わず、舞台上に設えられているテントの外に出てきて熱唱したりと、とかく雨でテンションが落ちそうになるお客さんを盛り上げようとする姿に心打たれたり。
なんとなく怖いイメージがあっただけに(こら)、一気に好感度が鰻上りでした。


『と・つ・ぜ・ん FALL IN LOVE』ではメンバーの方(名前がわからなくてすみません)が前に出てきて、音楽に合わせてちょっとした体操を。(笑)
冷えた身体を温めるためにお客さんもー! ということで、会場全体一緒に体操してました。^^;
合羽を着た状態だったので思うように動けなかったんですが、楽しい気分になれたしOKということでー。


"馬場君の出番までには雨がやむように"、との要さんの願いが通じたのか、雨が小降りになったのにはびっくり。


・・・結局やまなかったんですけどね。^^;




次が、オープニングアクトだった前回から出世して今回イベント内の出演者になった鶴。

曲は雨に相応しい『あめ曜日』、そして『その一歩』、『愛足りない』の3曲。
前回あまり曲を聴けていなかったんですが、今回はじっくりと聴くことができました。
そのアフロヘアーからは想像できないくらい爽やかで前向きな歌を歌うグループ。
なんだろ、派手さはないんだけど(見た目は派手だけど)、地道に励まされるというか楽な気持ちになれる音楽だったと思います。
あのゆるいパフォーマンスといいテンポのいいトークといい、かなりお気に入り。



・・・さて。
この日私は某友人より指令を受けておりました。
それは全力で"こんにちはっ、鶴でーす!"をやること。

もちろんやりましたよ、雨の中。
全力で鶴ポーズ(←なんだかカマキリみたいな)を決めさせていただきました。
当然大声で。周りにあまり声を出す人がいなかったんでちょっと恥ずかしかった。。。
さらに前回もやった"風に吹かれて~"の手ひらひらも。

残念ながら今回参加することができなかった友人に充分報いることができただろうと自負しております。(笑)


No.2に続きます。。。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。