社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別な今夜のために (No.4)
2009年09月07日 (月) | 編集 |
SOUL POWER presents, 武田と哲也 "シルクの似合う夜 part2"@STB139,2009年9月3日第1部レポ、No.4です。


突如流れる『母に捧げるバラード』のイントロに会場騒然!
JBになり切るあまり床に倒れ伏す息子に対し、離れた場所で腕組みして冷めた目でそれを眺めるおかん。


てつや:「お母さん・・・なんでノッてきてくれないんですか」

おかん:「・・・もうええんや。JBはもうええねん」

てつや:「そ、そんな! まだ自分の中で解決してないのに・・・!」

おかん:「JBはな、お母ちゃんの心の中で生きてんねん。・・・これからはMJや」

てつや:「MJ・・・?」(←若干呆けた様子で)

おかん:「せや。お前、MJが何の略かくらいは知ってんねやろな?」

てつや:「・・・"村上ジャスト"?」

おかん:「・・・お前はやっぱりアホや」

てつや:「じゃ、じゃあ"村上ジャクソン"?」

おかん(@武田モード):「武田やのにどっちにしても村上って言うんだ。(笑) ・・・って、村上もジャクソンも名字やし」

再びおかん:「今年はMJを追悼せなあかんねや。そのためにな、特別に人を呼んだんや。すごいソウルな歌を歌う人やで」

てつや:「そ、そんな・・・!」

おかん:「その人の名はなぁ」


ごくり。


おかん:「ETや」



ちゃ~ら~ららららら~ら~♪

途端ETのテーマ曲がなぜか口笛で流れるも、強引にそれを遮るてつや。


てつや:「あんたいっつもJBとかETとかDJとか言って、困るんだよ! そうやって毎回俺を追い詰めて! しまいにはアホとか時間切れだとか言われるし」


おっとぉ、てつや遂に反乱か!?



・・・っと、この辺ですっかりぐだぐだになってしまいまして、一体どうやって次につながっていったのか失念。^^;
ETって言ったらあの自転車の前カゴに乗ってるETしか思い出せないよなという話になったりもしていたんですが。


ともかくここでゲスト登場。
イニシャルが"ET"の多和田えみさん。


・・・・・・・。
アフロでかっ!(・ ・;)
ここまで立派なアフロは見たことないですわー。


今年のSOUL POWERに出演する縁で急遽今回のゲスト参加となったそうで、MJことマイケルさんを悼んで3人でThe Jackson 5の『I'll be There』を。
これはまさに多和田さんの独擅場!
後ろの男2人がかなわんわーと言いたげに苦笑してました。^^;
小さな身体(なんと身長148センチ!)から繰り出される張りのある声にぐっときました。
最近いい歌を歌う人が多くなったなぁ。。。SOUL POWERってそんな若手のアーティストさんがたくさん出てくるので毎回楽しみです。



曲が終わって。

哲:「俺たち2人ほとんどの進行はアイコンタクトでやってるんだけど、えみちゃんのアフロに阻まれて(※多和田さんを挟んで左右に男性陣)見えなかったよ(笑)」


た、確かに視界が遮られてそうな。。。^^;


とまぁ、アフロの存在感は凄まじかったんですが、2人に向かってぺこぺこしたりとかなり腰の低い方で、「見た目とのギャップが・・・」なんて言われるシーンもありました。
あと、沖縄出身だそうで武田さんから「シマの空気が漂ってる」というちょっと謎な指摘もあったり。



そんな多和田さん、SOUL POWERに向けての意気込みを問われて曰く。

多和田さん:「皆さん本当にソウルが大好きな人たちで。そのひとつひとつの『楽しい』が一体となって魂を通い合わせるような空間を作り出したいと思っています」


おぉ、素晴らしい!


両隣の2人もお父さんのような気持ちで見守っていたそうな。
20代半ばの多和田さんとは一回り以上離れてるし、強ち的外れでもないかも。(こら)


No.5に続きます。。。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。