社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別な今夜のために (No.3)
2009年09月06日 (日) | 編集 |
SOUL POWER presents, 武田と哲也 "シルクの似合う夜 part2"@STB139,2009年9月3日第1部レポ、No.3です。


武:「今回のライブはいつもよりテンポがゆっくりなんですよ。で、Skoop On Somebodyのライブではこういうのをいつも『エローな感じでー』って言うんやけど、昨日ここでそれを言ったら、みんなぽかーんとして(笑)」

"エロー"が通じなかった(?)のに甚くショックを受けたらしい武田さん。
確かにゴスライブではそんな言葉は出てこないなぁ・・・。
皆が皆ぽかーんとするほどSOSファンが少ないとも思わないんですけどね。^^;


武:「というわけで、日本一エロい哲也と武田です!」

哲:「・・・なんかそんなこと言うと加藤○かみたいだね」(←一部伏字にしております)



・・・・・!!Σ( ̄□ ̄;)



哲:「こんなに反応があるってことはみんな知ってるんだ(笑)」


そりゃあまぁある意味有名人ですからねぇ。^^;
なんで知ってるかと言われると困るんですが、名前程度ならー。(逃)



とまぁ話が脱線したところでRoberta Flackの『Feel Like Makin' Love』を。
この曲オリジナルが女性歌手ということもあって、2人ともほぼファルセットで歌っていたんですが、さすがファルセットを得意とするだけあってなんとも色っぽい雰囲気に。
ハモり部分が特に美しくてイチコロでした。^^;
個人的には武田さんのほうが艶かしくて好きだったりします。


最後、オフマイクのファルセットで歌っていると思いきや、なぜか裏声のまま台詞に。

哲:「このスィートな気持ちに酔いしれている・・・」

哲:「武田と哲也です」(←突然地声で)


そっちか!!
お客さんのほうじゃないのね。^^;



哲:「恥ずかしい・・・けど隠さない」


・・・・・・・。(絶句)



哲:「小さくて優しくて切ないこの目をぎゅっと細めて、、、見つめているから」


両手を腰に当て、哲也氏のポエマーっぷりをぽかーんと眺めている武田氏。
うん、気持ちはわかりますわ。(笑)


が。
やおら2人してサングラスを外し始め・・・。
さらに視力の悪い人が物をじっと見つめるように目を細め、音楽に合わせて首を前後にうにうに動かして(←分かり辛くてすみません)客席を見据える2人。
その奇妙な動作を前・左右・上(2階席)に向けて繰り返してました。

結局なんだったんだろ、あれは・・・・・。



終わってから。


哲:「・・・なんとか何人かとは目が合ったけど」


合ったんかい!!
(↑失礼)



・・・・・ごほ。
気を取り直して。
さらに次の曲もメロウ系の『Can't Hide Love』。1番が武田さん、2番が哲也さんでした。
お客さんをピンポイントでガン見して大真面目にエロく歌える武田さんをひたすら尊敬・・・。
私は武田さんのど真ん前数メートルのところにいたんですが、別段自分に視線を向けられているわけでもないのに破壊力抜群のエロ光線にやられてステージを直視できなくなる羽目に。。。orz


この曲では間奏に佐藤雄大さんの長い長いキーボードソロがありまして。
それがまたやたらめったら色っぽくて打ち抜かれました。

そういえば、この日のバンド(※"武田と哲也バンド"。そのまんま(笑))でSOUL POWERにお目見えするようです。

今年はナニワ・エキスプレス出ないのかな・・・。


No.4に続きます。。。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。