社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

願いは星屑になり・・・(No.1)
2009年07月20日 (月) | 編集 |
音霊 -OTODAMA- 2009 「今年も逗子でSKOOP ON EVERYBODY!」 2009年7月18日、レポその1です。



--------------------------------------------------

19時15分からSOSステージ開始。


TAKE:「スペシャルゲスト!」


え、しょっぱなからゲストか!?


TAKE:「・・・波の音(笑)」


波かい!!


いや、でもですね。
すぐそばから聞こえてくる穏やかな波の音と、リーダーが奏でるメロディアスな音楽が相まってしっとりした雰囲気に。
昼間の喧騒と、今までの賑やかなライブの雰囲気が一転し、見事にSOS(と波の音)の作り出す世界に引き込まれました。


そのまま『バグダッド・カフェ』挿入歌になっている『Calling You』に。
静かに語り掛けるような歌声、ファルセットがとても美しい曲でした。
後で聞いた話によると、以前どこかのライブで披露して「評判が良かったらまたやります」と言っていて今回で3度めだったという。。。(笑)
ぜひ21日の和歌山でもやってもらいたい! そしたら音源に残せるから。



・・・と思ってたらほんまにやりよったー!!
しめしめ。
でも電波が若干良くなくて、リーダーのピアノの音がちょっと割れてしまったのが残念。




2曲めの『Actor』、さほど好きでもなかったんですが、、、ライブで聴いて印象の変わる曲というのもやはりあるものでして。
歌詞がかなり暗めなんですが、思わずそのストーリーに惹き込まれてしまいました。^^;
そして何と言っても間奏のリーダーピアノソロの壮大なこと。会場から湧き起こる大歓声!
リーダーやっぱりえぇ仕事するなぁ・・・。

最後の"in the Mirror"のTAKEさん絶唱っぷりには全身がぞくりとしました。
もはや言葉にできないです。



TAKE:「ただいま逗子ー!! ・・・早いなぁ1年経つの」

リーダー:「あっちゅー間ですよね」

TAKE:「・・・なんかそのまま返してきたなぁ。(笑)」


むむ。
ここはぜひリーダーに面白い返しをしてもらいたかった・・・。


TAKE:「COMA-CHIさんから元気良く始まって、だんだん音数減って最後俺たち2人になってしもて。(笑)」


・・・と、海岸で花火を打ち上げる音が。


TAKE:「もうひとりスペシャルゲストを用意しました。花火!」

リーダー:「花火!!」


・・・・・・・・・・。
さすがに2回目となるとネタの新鮮味が薄れてきてますな。(笑)



TAKE:「今日はめちゃめちゃメロウな曲を用意しました」

と、歌い出しで歓声が上がったのが『Amanogawa』。
いつもながらSOSのライブではイントロだけで曲の判断がつきにくいですね。^^;
間奏のリーダーソロ等、またバージョンが変わったような。。。


曲中再びひゅーっと花火が上がって会場に忍び笑いが。
いやぁ、一瞬曲が止まるんじゃないかと思ってひやっとしました。(こら)


メロウな曲2つめに『Nice'n Slow』。
いつもよりさらにテンポが遅くなっていてちょっとびっくり。2番(?)から元に戻ってましたが。

台詞部分が3割増しでエロくてどないしようかと思った。。。



こ、こっちを見るなぁー!!



No.2に続きます。。。
(漂流後回しで申し訳ないorz)



コメント
この記事へのコメント
暑い中、お疲れ様でした。
レポート第1段、ありがとうございますv-254ペコリ
どんどん、引き込まれていきます。
次のが楽しみです。と言っても無理されない様に。
暑いので、お身体に気をつけて下さい。
2009/07/20(月) 22:45:42 | URL | まめっぺ #-[ 編集]
まめっぺさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

なんとかSOS分のみ完成しました。^^;
アリ地獄のごとく引きずり込まれていただければ幸いです。(笑)

お気遣いありがとうございます。
他のレポもちまちまと書きつつ、夏バテに負けないよう頑張ります。
まめっぺさんもどうかご自愛くださいね。
2009/07/21(火) 22:42:14 | URL | こと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。