FC2ブログ
社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
終わりのない道(No.8)
2009年05月15日 (金) | 編集 |
佐藤竹善 Presents Cross your Fingers 13 @グランキューブ大阪,2009年5月4日 レポその8です。



SOSステージが終わり、再び竹善さんと塩谷さんのステージに。

・・・が。
竹善さんが唐突に言いました。

 竹善:「トイレ行きたい人ー!!」


やや遠慮がちにちらほらと挙がる手。(笑)
この時点ですでに3時間近く経ってましたしね。^^;

 竹善:「今行かないと、まだまだこれからですからね。じゃあちょっと休憩にしますんで、今のうちに行ってきてください(笑)」


こんなイベントでお手洗い用の休憩タイムがあるのを初めて見ました。^^;
という次第でしばらくお手洗い休憩とあいなったわけですが・・・。


 竹善:「・・・・・すっごい行きましたね」

 竹善:「トイレに行ってる間に1曲やりましょうか。多分けっこう長いこと帰って来ないですよね」


そ、そんな勿体ないー!!(汗)


が。
結局曲ではなく、告知タイムになりました。
ちょっと残念。^^;


 竹善:「我々SALT&SUGARの13年ぶりのアルバムが出ます」


 SALT:「で、ツアーも決まって。今回のタイトルはかなり真剣に考えましたよ。その名も『13年ぶりて、あなた!!』 あ、ビックリマークは2つです」


・・・・・・・・。

なんじゃそらー!!(笑)


ちなみにアルバムタイトルのほうは『Interactive』という、しごくまっとうな名前だそうな。
なんでツアータイトルだけアレなんだろう・・・。



トークが長くなったんですが、曲は竹善さんのブログでも事前に通知していた2曲の1989年ソング、『The End of the Innocence』と『Another Day In Paradise』。
偶然にも2曲ともバンドのドラマーでヴォーカリストでもある人の手による曲だそうな。

両者とも透明感のあるヴォーカルが素晴らしかったです。
後で原曲を聴いてみて、どちらも原曲のイメージを損なっていなかったなぁと感心しきり。


で、次にイッパツ派手もの。
おそらくシェリル・クロウの『All I Wanna Do』。(←間違ってたらごめんなさい)
曲中にちょっと台詞っぽい部分があったような・・・。
ファンキーなピアノがお気に入りです。
それにしても竹善さんいろんな歌い方ができるなぁ・・・。



ここで本編が終わり、、、アンコールにて。

 竹善:「今年も素晴らしいアーティストの皆さんが素敵な音楽を届けてくれて本当に感謝しています」


この曲を歌うのはおこがましいことですが、と前置きして竹善さんが歌ったのが、日本で知らぬ人はいないであろう名曲、美空ひばりの『川の流れのように』。

メロディの壮大さといい、川を人生に喩える感性といい、私はこの曲がほんっっとうに大好きでして。
お二人が心をこめて歌い、演奏しているのが嬉しく、柄にもなくじーんとしてしまいました。



話は脱線するんですが。
歌詞の"川の流れのように"つながりで、どうしても私の中から切り離すことができないのがSOSの『soul river』。
『川の流れのように』を聴きながら、私にとってとても大切で大好きなこの曲を作ったKO-HEYさんはもういないんだという絶望感に打ちひしがれつつも、"いつかはまた晴れる日が来るから"、"負けないで僕らの魂(こころ)よ"というそれぞれの歌詞に少し励まされて、いつかKO-HEYさんが元気に戻ってきてくれることを待ちながらSOSを応援し続けようと改めて心に誓いました。



終了時刻は22時半。時間にして3時間半。
大変密度の濃いひとときを過ごせました。
素晴らしいアーティストさん方によるこのイベントを堪能することができたのも、改めて自分の心に整理を付けることができたのも、全てチケットを譲ってくださった方のお陰です。
改めてここでお礼を申し上げるとともに、謹んでこのレポを捧げさせていただきたく思います。
そして次回は自力で参加します!

また、やすみやすみのレポにお付き合いくださいました皆様、どうもありがとうございました。
初めてのアーティストさんも多く、全く見当外れの内容を書いているかもしれないのですが、そこは目を瞑っていただけると大変助かります。^^;



おしまい。



コメント
この記事へのコメント
こんばんは~☆
ことさん、詳細なレポをありがとうございました!
いつもながら、臨場感溢れる、そして、ことさんのお人柄が伝わる、温かいレポに感動いたしました。私も、生霊になって(笑)参加出来たような気持ちになりました。

「CYF」も「ソルティッシュナイト」も、竹善さんとソルトさんの温かいお人柄が伝わる、本当に素敵なイベントですネ。(竹善さんのマシンガントークにタジタジとなりながら、時に鋭い切り返しをされるソルトさんのトークも見どころの一つです…笑)機会がございましたら、是非次回以降もご参加なさって下さいませ~。可能なら、私もご一緒させていただきたいです♪

SKOOP時代からゲストに招んで貰っていた三人が、一昨年のコマで、「自分たちのライブに、竹善さんにゲストで来てもらうのが夢だった」と語るのを聞いて、10年目に夢が叶って、ある意味恩返しが出来てよかった~と思いましたが、今回も、新しいスタートを竹善さんと一緒に迎えられたこと、本当によかったです。

ことさんは、もう山口に向かわれたのですネ~。ということは連泊ですか?羨ましいかぎりです!観光も、ライブも満喫されてくださいね、素敵な旅になりますように~♪
2009/05/16(土) 23:05:21 | URL | miao #-[ 編集]
miaoさん、こんにちはー。
お返事が遅くなって大変申し訳ありませんでした。
そして長々とレポにお付き合いくださり、
また身に余るお言葉をありがとうございますv
楽しんで読んでくださることが、レポを書いた者にとってこれ以上ない喜びです。

SALT&SUGARは素敵なコンビですよね♪
一度テレビで見たことがありまして、その音楽性と人間性に惚れ込みました。
来年のCYFにはぜひお越しくださいねー。

そういえばコマの2日めには竹善さんがいらっしゃったんでしたね。
そんなことを3人は言っていたんですねー。
先輩後輩の温かい関係が目に浮かぶようです。

SOSはCYF初ゲスト出演時から今年でまる10年ということで、
急遽ではありましたが今回この節目の年に参加することができて
心機一転することができたんじゃないかなぁと思います。
やや吹っ切れたような印象を受けて少し安心しました。


3泊4日、仕事も何もかも忘れて楽しんでまいりました!
思ったほど天気に祟られず観光もライブも思いっきり満喫できましたよー。
おかげで帰阪してから仕事に忙殺されております。。。(涙)
でも次のライブを目指してがんばります!
2009/05/23(土) 16:45:00 | URL | こと #fo.yiqv6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する