社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢はエンディングを越えて(No.7)
2009年07月29日 (水) | 編集 |
ゴスペラーズ坂ツアー 2009 「15周年漂流記 春夏」ファイナル@大阪厚生年金会館大ホール,2009年7月11日 レポその7です。


-------------------------------------------------

バンドメンバーが退場した後にリーダーがおもむろに言いました。

村:「おすわり」

そ、そんな、犬じゃないんだからー!!
が、飼い主リーダーの命令に従って皆いそいそと着席するのでした。(笑)


まずは告知。

10月(←たぶん)に15周年記念のアルバムをリリースするとのこと。

おぉ、そう来ないとー!
前のアルバムがさわやかだったので、是非とも今回はひとつ濃いぃのをお願いしたい。

それを引っ提げて『漂流 秋冬』のツアー。
こちら畿内では城陽と大阪2Days。
ってか、休日ならまだしも、12月半ばの平日なんて仕事が忙しすぎて参加不可能ですわ。。。
その頃は己の生死すら怪しいかもしれん。(涙)

・・・というわけで、泣く泣くチケ争奪戦から離脱することにしました。
皆様の熱いレポを草葉の陰から舌なめずりして楽しみに待っております。



最後はメンバー1人ずつのご挨拶を簡単に。

村:「力を蓄えて京都、大阪に戻ってきます」


安:「こんなに傘を弾いた3ヶ月は初めてです。『傘をあげる』をライブで歌うのは10年振りなので、次またお目見えするのは25周年ですね。(笑)」


北:「今日で春夏も終わるんだなぁ・・・と切なくなっていたんですが、灼熱の後半戦になって、そんなものはもうどうでもよくなりました。(笑)」

前半に不適切な発言があったことに対するお詫び(?)もありぃの。

ま、それぐらい楽しかったってことでー。^^;


ちなみに酒井さんは永ちゃんのコンサート云々の話を、黒ぽんはグッズか何かのプロデュースをしたという話でしたが、、、そのときのメモを見てももはや意味がわからず。
長らく放置した私が悪うございました。。。orz



アンコール2曲めは、山口公演にはなかった『Promise』。ライブでは初めて聴いたかも?
ちょっと切ないメロディーが好きです。
派手さはないけれども、心にじんと沁みる佳曲。


ライブ全体の締めの曲として『ひとり』。
これは全ツアー共通なのかな?
今回は比較的安心して聴けたような気がします。(笑)
いつも不必要に緊張してしまうので・・・。



そういえば今回、終演後のスクリーンに途切れ途切れに何やらテロップが映っていたのでじっと見ていると・・・。

"秋冬へつづく・・・"と。


・・・ですがレポは続きません。(笑)




とにかく楽しかった! 相変わらず面白かった!
その中にも、合奏の、小中学生の発表会みたいな新鮮さがあって、現状に甘んじずに常にいろんなことにチャレンジしている姿勢はいつ見ても凄いなぁと。

早くも15周年。されどまだ15周年。
これからもベテランとして、また新たな時代を切り開く存在としていっそう活躍してほしいものです。



おしまい。
(長らくお待たせして申し訳ありませんでした)



スポンサーサイト
夢はエンディングを越えて(No.6)
2009年07月27日 (月) | 編集 |
ゴスペラーズ坂ツアー 2009 「15周年漂流記 春夏」ファイナル@大阪厚生年金会館大ホール,2009年7月11日 レポその6です。


-------------------------------------------------

アンコール1曲めが今夏リリースの『宇宙へ ~Reach for the sky~』。
煽り文に"壮大な~"と書いているのを見て、勝手に王道バラードを想像していたんですが、ラテン風というかハンガリー風というか、ややノスタルジックさを感じさせるメロディーでした。
(今改めて試聴してみたら別段そんな感じでもなかったのでアレンジの所為だったのかも)


それにつけても間奏のピアノが『My Gift To You』の間奏ソロの雰囲気に似てる・・・。
まぁ同じ作者さんだし、多少は似るのかもしれないですね。^^;



MCにて、この曲が映画の主題歌になるという話に。


安:「ちなみに僕らは出てないですねー」

酒:「皆さん、出てるつもりで見てください」

安:「世に出ているのは出てないバージョンですから!」


・・・・・・。
CMといい、そんなに出演したかったんかい!!
5人がいっぺんに出るようなシチュエーションってあんまりないと思うんですが。(笑)
"通行人その1~5"みたいな役ならともかくとして。(こら)


そういえばこの後に、"今年から"ギターに福原さんが入ったとリーダーが言っていたんですが、その言い方がちょっと気になりまして・・・。
ひょっとして玉川さんとチェンジになったんだろか。だったらちょっと淋しいです。。。
もちろん福原さんのギターも好きなんですが、ゴスバンドはもう長い間メンバーが不定なので、それが当たり前のように思ってしまって。。。


この日はまるで体力が無尽蔵にあった若い頃のような元気さだと言うものの、さすがに長いツアーのファイナルで疲れたのか、『MO' BEAT』で手を振る姿に疲れが見え隠れするリーダー。
翻って広げた掌を元気良くぶんぶん振る酒井氏の姿が対照的でちょっと笑ってしまいました。(こら)


そして途中バリさんに歌わせる容赦ない北さん。相変わらず仲が良くて微笑ましかったです。


この曲後にメンバーとバンドメンバーが整列してご挨拶だったんですが。。。
その前に律儀にもマイクを後ろに置きに行く北さんが。
他の人たちは一体マイクをどうしていたんだろう・・・。
相変わらずズボンに挟んだりしていたりとか?(笑)



この日の号令は黒ぽん。
軽く咳払いしてから「ありがとうございましたぁー!!」と高らかに声を張り上げてました。



No.7に続きます。。。



夢はエンディングを越えて(No.5)
2009年07月26日 (日) | 編集 |
ゴスペラーズ坂ツアー 2009 「15周年漂流記 春夏」ファイナル@大阪厚生年金会館大ホール,2009年7月11日 レポその5です。


-------------------------------------------------

酒:「い、い、い、一緒にう、う、歌ってくださぁい」


ナニその放浪の画家みたいな喋り方はー!Σ( ̄□ ̄;)


というわけで、今回のなりきりは『The Longest Time』。
酒井さんのやたらハイテンションの身振り手振りによる実況中継がやたらと印象的。^^;

そうそう。
酒井さんが"longest"の"スツ"をやたらと強調して言っていたのは何か最近のネタとかですかね?
(テレビを見ないので流行物がさっぱりわやです。。)



酒:「千秋楽だからっ! イカしてもらいますよー!!」

で、『沈まぬ太陽』。
この曲を聴くとほんとに酒井さんは歌の幅が広がったなぁとつくづく思います。声はクリアなんだけど独特のはすっぽさがあるのが良い。
クール!!

後ろのスクリーンに金環食のような赤い太陽が映っていたのも曲の雰囲気に良く合っていたと思います。



さらに『Sky High』、『セプテノーヴァ』、『FRENZY』を続けて。

後ろ2曲はサッカー繋がりですかね。(笑)
『FRENZY』はライブで初めて聴いたような気がするんですが、ライブにはもってこいの曲!
5人もオケピの端から端まで出張してくれるので、近くの人はさぞや盛り上がったろうなぁと羨ましくてなりませんでした。。。

曲中に「皆歌ってくれー!」とリーダー。
替え歌詞で"大阪騒ぐぜー!"とも言ってました。(笑)

間奏でドラムの杉野さん、ベースの須藤さんの超絶シビレるソロあり。
個人的にバンドのメンバーが活躍するのを見るのが好きなので、これは凄く嬉しかったです。



で、『狂詩曲』。
(実はライブで聴くのはちょっと苦手だったりする。。。(笑))


黒ぽんの絶唱(≒絶叫)"いぃぇぇぇー!!"がケモノっぽくて好き。


・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


ってか、黒ぽんいつの間に脱いでたー!!?


今年の目標"脱ぐ"だったっけ・・・?
遠目だったのでさほど心臓に負担はかかりませんでしたが。(笑)



さらに『愛は探し出すのさ』、『My Gift To You』。


『愛は探し出すのさ』、途中で一瞬音という音が全部消えて(G.P.状態)びっくり。
スピーカー落ちたのかと思った・・・。(笑)

『My Gift To You』は間奏の真里さんのピアノソロに思わずぐっときました。
さすがピアニストさんが作曲しただけあってきゅんきゅんするメロディーです。
真里さんはあまりソロプレイをしている印象がなかったので、その意外性も◎。



・・・本編はここまでで、約2時間半というところ。
いつもながらイベント並みの長さです。


No.6に続きます。。。



夢はエンディングを越えて(No.4)
2009年07月25日 (土) | 編集 |
ゴスペラーズ坂ツアー 2009 「15周年漂流記 春夏」ファイナル@大阪厚生年金会館大ホール,2009年7月11日 レポその4です。


-------------------------------------------------

合奏タイム。
「いっちょなんかやっといて」と丸投げして楽器(=カホン)を取りに退場するリーダー。

んで始まったのが『侍ゴスペラーズ』・『真夜中のコーラス』ダイジェスト版。
黒ぽんが必死で鉄琴を叩く姿がいじらしくてめんこすぎるー!


黒:「僕にはちょうどいいサイズです」


膝の上にぴったり収まってちょうど良かったんじゃないかと。^^;

そして酒井さんは、今や生産中止になっているという幻の楽器クラヴィオーラ。
安岡さんは傘、、、じゃなくて今度は普通のギター。(笑)
北山さんは6弦のウクレレ、ギタレレ。
(この名前を聞くとなぜだか"レレレのレ"が思い出される。。。orz)


最後はリーダー。

村:「僕が演奏しているのはカホンという・・・」

と言ってカホンを叩くと、やや気の抜けた音が。

村:「・・・ミスった。orz」


リーダーっっ!!(T□T)
肝心なところで失敗しちゃあダメでしょうがっ!


「今日は緊張する理由があって」と言い置いて歌・演奏を披露したのが『シマダチ』。
一体何が緊張する理由だったのか私はさっぱりわからなかったんですが、後で他の参加者の方々から聞いたところによると、この日は5人だけで演奏していたんだとか。

き、気付かんかった。。。orz

一所懸命鉄琴でトレモロをする黒ぽんにすっかり目を奪われてて。(笑)

あと、大サビ前の間奏部分で北さんがトロンボーンに持ち替えしてソロ。
金管奏者としては楽器をロクに暖めんとよう吹けたなぁと思ったり。
でもあのソロいいなぁ・・・。


酒:「いやー、日本中に鉄琴旋風を巻き起こしたね。バチを叩く姿が人の心を打つ!」


うまいっ!
いやね、あれは本当に心を打たれましたよ。(笑)

カホンとか、、、もうちょっと叩き方を修業してきなはれと思ったり。
(すみません。プロが演奏しているのを見慣れているので・・・(涙))

ちなみに、黒ぽんにメガネととんがり帽子を着用させる魂胆もあったようです。
大阪だけに。(笑)

そういや太郎がとんぼりに帰ってくるそうですな。
一時期通天閣行きか?という話もあっただけにちょっとほっとしました。
後はカーネルサンダースがどうなるかやな。。。


MC後にアカペラコーナー、『Armonia』と『The Longest Time』。

アカペラについて蕩々とMCがあったんですが、笑いが起こるところに限って聞き取れない罠。
えー、確か昔はストリートライブをやっていてどうのこうのとか、たまたま通りかかった人にコスプレを要求したりするんだ!とかいう話になっていた模様。。。


『The Longest Time』の途中、"Maybe this won't ~"のくだりで隣にいたリーダーをどさくさに紛れてドツいていた安氏が大変微笑ましかったです。(笑)
日頃の鬱憤晴らしか!?



No.5に続きます。。。



9月の三羽烏。
2009年07月24日 (金) | 編集 |
9月の2イベント、こっそりエントリーしていたSOS枠で当選しました。
大阪のほうは不思議はないとして、東京のほうが。。。
ちょうど仕事が忙しくなり始めている時期の平日だし、まぁ当たったら行くかー程度の軽い気持ちで1公演だけエントリーしたんですが、まさか当選してしまうとは。。。しかもかなりの良整理番号。
・・・本気エントリーした皆様に申し訳ない。orz


当選した分一所懸命レポりますのでお赦しをー。
(漂流レポも終わっていないのにどの口がそれを言う)



それにしても。
東京のほうはロー○ンでチケットを引き換えたんですが、店員さんにアーティスト名を口に出されて一瞬凍りつきました。。。(汗)



逆境の天文ショー
2009年07月22日 (水) | 編集 |
見えた・・・!

日食が。

すぐに雲がやってくるので、雲が切れたほんの一瞬だけなんですが、それでも何度か。


これで7割ってとこですかね。
薄暗くなってきた、、、と思ったら、単に厚い雲に覆われただけだった。。。




観測地点:奈良県奈良市
観測時間:10時20分~50分で断続的に(3回)




仕事は、、、また後で頑張ります。(こら)
陸の人々。
2009年07月21日 (火) | 編集 |
FM802 HOLIDAY SPECIAL 和歌山マリーナシティ presents 『SHINING WAVE』公開生放送にSkoop On Somebodyがライブゲストとしてトリで出演したのをラジオで聴いていたので、ちょこっと話。



まずセットリスト。

・Calling You (Jevetta Steele)
・Amanogawa
・Sha la la

※この前後にそれぞれCD音源で『リル・スマイル』、『ETERNAL LANDSCAPE』が流れてました。


『Calling You』は18日の音霊で聴いてぜひまた聴きたいところだったので、思わずラジオの前でほくそ笑んでおりました。(笑)
ばっちり録音したので後日ねちっこく活用させていただきます。

映画『バグダッド・カフェ』は見たことがなく、挿入歌であるこの曲も知らなかったんですが、歌っているのは女性なんですよね。
TAKEさんが歌っても全然違和感ないなぁ・・・。
(ちょっとキー下げてるけど)


『Amanogawa』は音霊と同じバージョンだと思うので特にこれと言って感想なし。(こら)
でも日本情緒に溢れていて好きな曲です。


そして『sha la la』、なんとなく久しぶりのような気がします。
やっぱりリクエスト多いんですね。。。^^;

今回この曲で何より驚いたこと。

間奏前半部が『デサフィナード』(=ボサノヴァの名曲)になっとるー!!
さすがリーダー、故郷がブラジルなだけはありますな。(笑)
個人的に◎なソロ部分でした。
『sha la la』の間奏は毎回どんなリーダーソロが繰り広げられるのか密かに楽しみにしているんですが、まさか即興だったりするとか?

ちなみに当然、というべきか、最近まで流行っていたアカペラ始まりバージョンではありませんでした・・・。


MCではSOSと仲良しのDJ中島ヒロトさん(※なんと件の映画に身体の一部だけ出演!)とのトーク。和歌山の海についてメンバーに話を聞いてました。
リーダーは家族旅行でよく来ていたとか。
そしてTAKEさんは和歌山に親戚がいた関係で子供時代によく遊びに来ていて、全裸になって真夜中の海で泳いだという話に。(※言い回しをやや上品に変えております(笑))


余談ですが、ヒロトさん曰く、SOSはリハと本番で全然違う曲をやっていたそうな。(笑)
お客さんサービスだったのか!?
一体リハで何の曲を演奏していたのか気になります。。。




ライブとは全く関係ない話なんですが、、、15時くらいから実はずっと番組を聴いてまして。
ふとどこかで聴いたようなイントロが。

・・・・・・。

『I'll Make Love To You』か!!

えー、、、こちらはオリジナルだったんですが、、、いろんなものを思い出してなんか噴きそうになった。。。orz


漂流レポは次回からまた復活します。



願いは星屑になり・・・(No.3)
2009年07月21日 (火) | 編集 |
音霊 -OTODAMA- 2009 「今年も逗子でSKOOP ON EVERYBODY!」 2009年7月18日、レポその3です。



--------------------------------------------------

・・・とまぁ、TAKEさんがしんみりと語っている間にその左側で何やら不穏な動きが。


リーダー地味に一気飲みしとるがなー!!Σ( ̄□ ̄;)


呆気に取られるTAKEさんを差し置いてビールを飲み終え、ふぃーと満足気なリーダー。(笑)


しかも。
会場から容赦なく始まるTAKEさんへのイッキコール。
(※急性アルコール中毒の恐れがありますので良い子は真似しないようにー(笑))

始めは抵抗していたTAKEさんも、抗えない何かを感じ取ったのか、むしろノリノリで一気飲み。
(※くれぐれも良い子は真似しないようにー!(笑))


某男のお料理番組のときといい、キミらほんまに一気飲み好きですな。。。


TAKE:「み、みんな会を間違えてるわ・・・」


ま、プチ打ち上げってことで。(笑)


TAKE:「実はHi-Fi CAMPさんがずっと俺らの曲を聴いてくれてたらしくて。『『潮騒』とか『Still』とか好きなんですー!』って言ってくれたんやけど、その後で『・・・でも凄く飲むんですよね?』とか言われて。一体どんなウワサが広がってんねん(笑)」


や、それって噂じゃなくて事実以外の何物でもないのでは・・・。orz



さて、軽くグッズの宣伝をした後。

TAKE:「Skoop On Somebodyでしたー!」


えぇぇぇー!!?

もっぺん出てきといてそれかいなー!

即座にブーイングの坩堝と化す会場。
そらそうですわな。アンコールで出てきて一気飲みしてはい終わりv などと言われた日にゃ文句の1つや2つや3つは言いたくもなるっちゅーもんです。


TAKE:「ち、ちょっと待って、俺らも昼からずっと我慢してたんやって」


な、何のこっちゃ。^^;


が、TAKEさんが舞台近くにいた人と何ごとかごにょごにょと話を始め。。。


TAKE:「みんなよく聞いて。音霊は20時以降は音出したらあかん決まりやねん」


えぇぇー、残念。。。


TAKE:「・・・やねんけど、さっきリーダーが一気飲みしてる間に解禁になったそうです!」


よっしゃー!!
しかも後1曲演ってくれるらしく。

何がいいか訊ねるTAKEさんに会場各地からいろんな曲名が。


TAKE:「え、何? 横浜、、、ブルース??」


そんな曲あるんかー!!

・・・と思ったらほんまにあった。(笑)



男性だったか、「線香花火ー!」と叫んでいる人がいまして。
おぉ、それええやんか! と心の中で大賛成していたところへ無情なる宣言が。

TAKE:「えー、キリがないんで『Everlasting Love』歌います」


そ、そんなご無体なー!
や、好きやけど。好きやけどさぁ、、、こう、たまにはちょっと珍しい曲とかもやってほしいんですが。^^;

・・・とかなんとか言いつつ、やっぱり『Everlasting Love』はえぇ歌やなぁと思ってしまうのでした。
普段歌詞よりどうしてもメロディーのほうが印象に残ってしまうんですが、この曲は歌詞がすっと心の中に入ってくるのですよ。

この曲でも、終わりのロングトーンは圧倒的な存在で迫ってくるものがあり、、、こうして毎度この手に乗せられてしまうのでした。(笑)




KO-HEYさんがいないこととか、2人体制でのライブのあり方とか、言いたいことはいろいろとあるのですが、とりあえずは。

『SOSのライブは楽しい!』

に尽きると思うのです。
もちろん当人たちもいろいろと考えるところはあるとは思うのですが、ぜひともこれからもライブで素敵な音楽を聴く人に贈り続けてもらいたいなと。

そんなことをしみじみと夜の海辺で考えたのでした。


おしまい。
(余力があれば他のアーティストさん分も書くかも・・・)



願いは星屑になり・・・(No.2)
2009年07月21日 (火) | 編集 |
音霊 -OTODAMA- 2009 「今年も逗子でSKOOP ON EVERYBODY!」 2009年7月18日、レポその2です。



-------------------------------------------------

TAKE:「いやぁ、、、めちゃめちゃ気持ちえぇわー」


うんうん、大変楽しそうに歌ってはりましたなぁ。


TAKE:「ライブ始まってからだいぶ長い時間が経って疲れたやろに、みんな最後まで残ってくれてありがとう」


いやはや、途中でどれだけ会場の外に出て涼もうかと思ったことか。^^;
割と舞台近くに陣取っていたので居場所を失うわけにもいかず、なんとか気合いで乗り切りましたが。。。

ちなみにこの日ほとんどのお客さんがSkoop On Somebody目当てだったようで、さすがに途中でいなくなる人はほとんどいませんでした。


TAKE:「もう1組のゲストに登場してもらいましょう!」


またかい!!Σ( ̄□ ̄;)


TAKE:「COMA-CHI!!」


・・・あら、今度は本物だったんですね。
これぞまさに3度目の正直。

TAKEさん曰く、最近歌の上手な歌手は増えているけれど、COMA-CHIさんのようにハートで歌うことのできる歌手はなかなかいないそうで、とても好きなアーティストさんなんだそうな。
そんなわけで、急遽セッションしようということに。

で、舞台中央に譜面台が運ばれてきたわけですが、、、「譜面台がこっちにないと歌えない」と駄々をこねるTAKEさんによって、舞台右手に引きずられていく羽目に。(※TAKEさんは右手にいたので)

対するCOMA-CHIさんも歌うのはこれでまだ2回目だったそうなのですが、譜面がなくても全く問題なしだったようで、TAKEさんから「すごいな!」と尊敬の眼差しを受けてました。(笑)


曲はキーシャ・コールの『LOVE』。
まさにソウル!! メインはCOMA-CHIさんだったのですが、負けじとTAKEさんも熱唱し、、、さらに地味にコーラスしているリーダーも。(こら)



さて、"最後の曲"と言われて大ブーイングを巻き起こした『バラ色』。お約束のコール&レスポンスも長いのやらややこしいのやら、いろいろありました。(笑)

が。

TAKE:「最高です! 愛してます!!」


ま、また愛してるって言われちゃった。。。(やめれ)


最後、「バラ色」連呼(※武道館ライブの『Key of Love』の"You!"を想像していただけると良)の後に超絶ロングトーン。


・・・全くもってどんな喉してるんだか。
ひたすら溜息が出るばかりです。



残念ながらSOSステージはここまでして、、、惜しまれつつ退場するも、さも当然のように沸き起こるアンコール要求の手拍子。(笑)

しばらくして、さすがに観念したのかはたまた元より予定調和だったのか、缶ビールを持って2人が再登場。

コイツらまた舞台上で飲む気ぃかっ!(笑)


TAKE:「・・・まだ開けへんよ?」


・・・ん?

とか言ってる傍でリーダーがこっそり開けてるんですが。。。



TAKE:「2人でライブやるのは関東ではこれが初めてで。KO-HEYはおらへんけど、アイツの音は俺の心臓に響いてるし、きっとここに来てくれているみんなの心臓にも響いてると思う。・・・ま、アイツもそのうち帰ってくるでしょ」


そ、そんな軽いノリなんかー!?
まぁ"活動休止"であって"脱退"なわけではないから、いつかは戻ってきてくれると信じているんですが。

そういえば最初のMCで、TAKEさんが右横を指して「このへんに生霊が来てるかもしれんね。『音霊』だけに(笑)」とも言ってました。
生霊ネタは5月のCYFでも言っていたんですが、、、なかなかタイムリーですな。(笑)



No.3に続きます。。。



願いは星屑になり・・・(No.1)
2009年07月20日 (月) | 編集 |
音霊 -OTODAMA- 2009 「今年も逗子でSKOOP ON EVERYBODY!」 2009年7月18日、レポその1です。



--------------------------------------------------

19時15分からSOSステージ開始。


TAKE:「スペシャルゲスト!」


え、しょっぱなからゲストか!?


TAKE:「・・・波の音(笑)」


波かい!!


いや、でもですね。
すぐそばから聞こえてくる穏やかな波の音と、リーダーが奏でるメロディアスな音楽が相まってしっとりした雰囲気に。
昼間の喧騒と、今までの賑やかなライブの雰囲気が一転し、見事にSOS(と波の音)の作り出す世界に引き込まれました。


そのまま『バグダッド・カフェ』挿入歌になっている『Calling You』に。
静かに語り掛けるような歌声、ファルセットがとても美しい曲でした。
後で聞いた話によると、以前どこかのライブで披露して「評判が良かったらまたやります」と言っていて今回で3度めだったという。。。(笑)
ぜひ21日の和歌山でもやってもらいたい! そしたら音源に残せるから。



・・・と思ってたらほんまにやりよったー!!
しめしめ。
でも電波が若干良くなくて、リーダーのピアノの音がちょっと割れてしまったのが残念。




2曲めの『Actor』、さほど好きでもなかったんですが、、、ライブで聴いて印象の変わる曲というのもやはりあるものでして。
歌詞がかなり暗めなんですが、思わずそのストーリーに惹き込まれてしまいました。^^;
そして何と言っても間奏のリーダーピアノソロの壮大なこと。会場から湧き起こる大歓声!
リーダーやっぱりえぇ仕事するなぁ・・・。

最後の"in the Mirror"のTAKEさん絶唱っぷりには全身がぞくりとしました。
もはや言葉にできないです。



TAKE:「ただいま逗子ー!! ・・・早いなぁ1年経つの」

リーダー:「あっちゅー間ですよね」

TAKE:「・・・なんかそのまま返してきたなぁ。(笑)」


むむ。
ここはぜひリーダーに面白い返しをしてもらいたかった・・・。


TAKE:「COMA-CHIさんから元気良く始まって、だんだん音数減って最後俺たち2人になってしもて。(笑)」


・・・と、海岸で花火を打ち上げる音が。


TAKE:「もうひとりスペシャルゲストを用意しました。花火!」

リーダー:「花火!!」


・・・・・・・・・・。
さすがに2回目となるとネタの新鮮味が薄れてきてますな。(笑)



TAKE:「今日はめちゃめちゃメロウな曲を用意しました」

と、歌い出しで歓声が上がったのが『Amanogawa』。
いつもながらSOSのライブではイントロだけで曲の判断がつきにくいですね。^^;
間奏のリーダーソロ等、またバージョンが変わったような。。。


曲中再びひゅーっと花火が上がって会場に忍び笑いが。
いやぁ、一瞬曲が止まるんじゃないかと思ってひやっとしました。(こら)


メロウな曲2つめに『Nice'n Slow』。
いつもよりさらにテンポが遅くなっていてちょっとびっくり。2番(?)から元に戻ってましたが。

台詞部分が3割増しでエロくてどないしようかと思った。。。



こ、こっちを見るなぁー!!



No.2に続きます。。。
(漂流後回しで申し訳ないorz)



関連性。
2009年07月20日 (月) | 編集 |
20090720063004

羽田に近いとある下町に泊まっていたんですが、昨日ちょうど近くでお祭りがあったようで、朝から地元の人たちがお神輿を担いでいました。
下町ってえぇなぁ。。。なんかほっとする。


そんな最中、夜になって、私と入れ違いで東京から帰省していた兄からメールが。

・・・家族が乗っていた車が追突事故に遭ったとのこと。(被害者のほうね)


幸いにして怪我人もなく車もあまり損傷がなかったらしいんですが、、、2年前のヘリ事故といい、なんでうちがライブで関東に来てるときに限って事故が起こるんだろう。。。

ちょっと凹み。


では、ぼちぼち帰ります。
悪天候で着陸できなかったらさらに凹む。orz



都会のオアシス
2009年07月19日 (日) | 編集 |
ただいま新宿御苑。
木がたくさんあるからか、少し涼しく感じます。
セミの鳴き声もやかましくなく、ああ夏だなぁとしみじみ。

で、TAKEさんお薦めの野菜カレーを食べてご満悦。
野菜ジュースもかなり飲みやすくて美味でした♪


願いは星屑になり・・・(No.0)
2009年07月19日 (日) | 編集 |
OTODAMA(音霊) 2009 「今年も逗子でSkoop On Everybody!」のレポをお届け。
先にSOSステージのセットリストのみアップします。
続きは帰宅してから。。。


~セットリスト(SOS分)~

Calling You (Jevetta Steele)
Actor
Amanogawa
Nice'n Slow
LOVE (Keyshia Cole) with COMA-CHI
バラ色
Everlasting Love



ちなみにリハで聴こえてきたのは『Amanogawa』でした。
まさに今の時期にぴったりの選曲。


7月の夜空に
2009年07月18日 (土) | 編集 |
感動した! 笑った! 酔いしれた!!

やー、、、大変良かったです。
暑いのを我慢した甲斐がありました。^^;

セットリストはまた後ほど。。。


音色・色々。
2009年07月18日 (土) | 編集 |
うぐ、リハーサルが聞こえてしまった。(笑)

個人的に好きな曲なのでよっしゃー! というところです。
今日も絶好調。

張り込み。
2009年07月18日 (土) | 編集 |
会場の裏にある店で昼ご飯。
窓の外をぼんやり眺めていたら、会場の中からキャップを後ろ向きに被った男性が出てきておもむろに周りの写真を撮り始め。。。


まさかTAKEさんかー!?Σ( ̄□ ̄;)


ちょっと遠目だったので確信が持てず。


が。
近くにいた人が握手しに行っていたので、どうやら本当にTAKEさんだったらしい。。。
やたらとぺこぺこお辞儀してました。(笑)



音の波間に漂う
2009年07月18日 (土) | 編集 |
ただいま逗子海岸にやってきました。
こちらはもう梅雨明けしているからか、泳いだりマリンスポーツを楽しんでいる人々でいっぱいです。

夕方から『OTODAMA』に参加します!
海辺でのライブなんて初めてなものでちょっと緊張。。。(笑)

さて、開場までぽけっとしますかね。

交通整理。
2009年07月17日 (金) | 編集 |
記事の投稿順が日付順になってませんで申し訳ないー。
ようやっと穴が埋まりました。(笑)


そしてようやっと『ソウル・リヴァイヴァーの逆襲!』のDVDも届きました。
ネット注文だったのでそれなりに覚悟はしていたんですが、予想外の遅さでびっくり。
それでも価格の安さには代えられなかったので我慢我慢。^^;


盛りだくさんすぎてまだ全部見切れていないんですが、、、とにかく『We are S.O.S』と『Everlasting Love』はすごい!
前者はリーダーの男前なプレイが秀逸!
後者は心をぎゅっと掴まれるほどのソウルっぷり。

これだけでもけっこうお腹いっぱいです。(笑)



さてと。
この連休は東へ旅立ちます。
そしてまたさらにレポが溜まる・・・。orz



それにしても武哲なんで東京平日やねん!
ケンカ売っとんのかー!(号泣)



夢はエンディングを越えて(No.3)
2009年07月16日 (木) | 編集 |
ゴスペラーズ坂ツアー 2009 「15周年漂流記 春夏」ファイナル@大阪厚生年金会館大ホール,2009年7月11日 レポその3です。


-------------------------------------------------

MCにて北さんに物申すヤス氏。


安:「ファイナルは何出してもいいのか!」


いやいやいや。(笑)
心臓に悪いです。。。orz


でも北さんは「・・・出してもいいんだぜ」とか何とか低音で反論していたような。
(3階席は音があちこちに反響してMCがあまり聞き取れず。。。)


そして何故かズボンの裾をぴこぴこ上げ下げするリーダー。
スネ毛出す気ぃかっ!!(しかもチラリズム)

ツボにはまったのかリーダーは『逃飛行』のイントロに入ってまでも裾をぴこぴこしてまして、曲のシリアスさがすっかり吹っ飛びましたわ。(笑)


オケピ出張中の黒ぽん独擅場ソロは血ぃ吐きそうなくらいの迫力!
リーダーとの熱い掛け合いがまたねちっこくて良いです。



さて。
突如紐のついた黄色い傘を持ち出すヤス氏。
「女の子みたいな傘じゃない?」とか「杖代わりにしたりウイスキーを混ぜたりできるんだ」と一人語り。
終いには「この傘で一曲君のために歌ってあげる」。


やりすぎやりすぎー!(笑)


えー、、、つまりは『傘をあげる』 with エアギターってところですかね。
"LOVE"のコーラス部分で、スクリーンに映っている傘マークがハートになるのがちょっと可愛かった。

間奏の酒井さん口笛、全日程でやってたんだろうか、、、地味に凄い。


曲の終わりに、今度は本物のギターに持ち替え。
「どうもありがとうっ!」って、、、弾いてないからー!(笑)

てっきり弾いてた感を出すための所業かと思っていたら(こら)、次の曲への布石だったとは。


『Blue Planet』、"同じ未来へ"で、さりげなくヤス氏の肩をぽんと抱く北さん。
年少組、微笑ましかったなぁ。。。

最後はアコギ一本で安岡氏の一人舞台。
この間に他の4名は退場して衣装チェンジしていた模様。


転換後の『永遠に』はキーボードとアコギのみの伴奏で、アコースティック色が強くて個人的に好きなバージョンでした。

それにしてもいつもながら大サビの黒ぽんのハイトーンは凄まじい迫力ですな。
毎度毎度鳥肌が立ちます。


続く『青い鳥』も同じくアコースティック風。
ドラムの杉野さんはカホンを、その他タンバリンやクラベス等いろいろなパーカッションを駆使して、でもこじんまりとやっているのが好き。



No.4に続きます。。。



夢はエンディングを越えて(No.2)
2009年07月15日 (水) | 編集 |
ゴスペラーズ坂ツアー 2009 「15周年漂流記 春夏」ファイナル@大阪厚生年金会館大ホール,2009年7月11日 レポその2です。


-------------------------------------------------

『Love Vertigo』、酒井さんよう声出てた!
いつ聴いてもあんまりムラのない歌声というか、聴いていて安心。
昔より断然歌い方に幅ができて良くなってるなぁと。

この曲だったか怪しいんですが、どこかのフリで、右の肘から下部分を横にくるっと90度回す(分かりにくくて申し訳ない)ところがあったんですが、黒ぽんだったかヤス氏だったかが、どこからどう見てもリーダーにツッコミを入れているようにしか見えなかった。。。(笑)


なんでやねんー!( ̄□ ̄メ)



・・・さて、大問題話題騒然の『I'll Make Love To You』。
いつものように突如シャツのボタンを外し始めた某K山氏、それだけで勘弁してくれるのかと思ったら。

おもむろにジャケットを脱ぎ始め。。。



・・・・・・っ!!

ちょ、脱ぎ捨てよったでこの人ー!!


無情にもオケピに放り投げられるジャケット。
当然曲中に回収されることもなく、やたらと存在感を誇示したまま。
おかげで、なかなか良かったぽんソロ部分を聴いていてもどこか気が漫ろに。(笑)


しかも。
次の『ミモザ』でもジャケットは依然として放置プレイをくらっており、、、(さすがに北Y氏は曲間にボタンだけは留めてましたが) あのジャケットは一体いつまで放置されるんだろうかと本気で悩んでおりました。


・・・曲が終わって、はたとジャケットを拾ったのは黒ぽん。
よ、ようやくこれで北ジャケットの呪縛から逃れられるー!!




ちらほらと話があった後で、CMになっている『ウイスキーがお好きでしょ』を。

この曲、前の女性バージョンの艶っぽい歌声がすごく好きでして。CMの画面下に表示されている「SAYURI」って一体誰やねんー! と調べてみて驚愕した矢先にゴス版に切り替わって、実はちょっと残念に思った経緯が。(こら)

や、アカペラの温かい感じも黒ぽんのハイトーンも好きなんですけどね。


曲後に、氷がグラスにぶつかる効果音が入ってさらに良い雰囲気に。



村:「このCMの新しいバージョンがオンエアされたのが今日からだったんですが、、、俺たちは出てません」

安:「あー、出てないバージョンね(笑)」

村:「いつオンエアされるんだろうねぇ・・・」 (←遠い目で)

結局皆の心の中で北さんがちょっと脱いでるバージョンがオンエアされているだろうということで決着。

話は元に戻り・・・。


村:「さっきは俺見事に北山に歌潰されたね」

北:「いや、、、千秋楽だから何やってもいいかなと思って」


いやいやいや。(笑)


黒:「ずっと俺の目の前にあのジャケットがあったんだけど、これ俺が拾ったほうがいいのかなぁと思ってたのよ。『ミモザ』で"わふー"とか言いながら視界の端に入ってすごく気になってた(笑)」


やっぱあの放置ジャケット、気になるやんねぇ。拾うタイミングがなかったんだろうか。。。


村:「毎年年末になったら、なし崩し的に『来年の豊富について』を宣言するんですけど、北山のね、今年の豊富は『来年の夏は、、、脱ぎます』(←低音) だったんだよね?」


うーん、、、そういえばそんなことを言ってたような言ってなかったような。。。


とかく、『そうは言いつつちょっと出し惜しみ気味だった』の意見にはどうやら深く同意が得られていたようです。(笑)


黒:「衣装脱ぎやすいほうがいいのかなぁ・・・」

酒:「後ろからばーっと引っ張られたら一気に脱げるのとかね」 (←実演付きで)

北:「・・・脱ぐのはいいんですけど着る時間をください(笑)」


えー、、、脱ぐなら法に触れない程度でお願いします。。。(え)
本気で目の遣り場に困るのでー。^^;



No.3に続きます。。。



寝る子は育つ。
2009年07月14日 (火) | 編集 |
CIMG111720090714.jpg


12歳になったプッチ。
トシの所為か、最近寝ているところに近づいていっても全く気付かないことが多く、、おかげで存分に寝顔を堪能しております。

しかし一方でなぜか仰向けで寝ることがなくなってしまい、、、(※最近常に腹這いで熟睡)
あの首を90度傾けた変なカッコが見られないのが淋しい限り。



どうか、これからもずっと元気でいてね。



夢はエンディングを越えて(No.1)
2009年07月13日 (月) | 編集 |
ゴスペラーズ坂ツアー 2009 「15周年漂流記 春夏」ファイナル@大阪厚生年金会館大ホール,2009年7月11日 レポその1です。


-------------------------------------------------

『終わらない世界2009』イントロにて。


黒:「何か求めて~ 走り去るぅ~♪」

薫子:「てっちゃん・・・」

テツ:「俺は歌う。ただひたすら歌い続けるから・・・!」

薫子:「てっちゃんっ!!」

テツ:「ブルーグレイのぉ~♪」



でたー!Σ( ̄□ ̄;)

なんか久しぶりにこの遣り取り聞いたような気がする。
SCのかの名生歌『新大阪』(with TAKE)を彷彿とさせるものがあったなぁ・・・。(笑)
小劇場の後にちゃんと歌が続くのかドキドキしました。(こら)

ちなみに遠目からは薫子の台詞なのか哲子の台詞なのかがわかりませんで。
配役が間違ってたらすみませんー。^^;



『ローレライ』、イントロ・間奏のぴょこぴょこで、密かにバリさんと真里さんも一緒にぴょこぴょこしてるのが大変めんこい!
これ以外にも『終わらない世界』でぶんぶん手を振ってたり須藤さんがメンバーと一緒に踊って(?)たり。

ノリの良さもいつも通りで安心感のあるバンドです。


余談なのですが、この曲のとき、手前でリードを歌うリーダーの影が下手の壁に大写しになっていてちょっとツボりました。
今まで壁なんて見ていなかったのですが、3階席効果か、舞台全体が良く見えたライブでした。



『Full of Love』。
曲が非常に好きなのでよっしゃー!と。

福原さんのギターソロ、大サビの黒ぽんの「気付くだろぉ~♪」のロングトーンが大変良かったです。思わず拍手!



MCにて自己紹介。


安:「昨日の夜は焼肉を食べました。いろんな意味で元気満タンです!」

酒:「そういえばDQ7も大阪で買いました。(笑) 皆さんも楽しんでスタートボタンを押してください」

北:「今日はツアー中で一番元気な日です」

黒:「今日はね、久々に薫子が出てきました。(笑)」(←かなりうろ覚え)

村:「久しぶりに哲子も出ました。(笑)」


なぜかここで「テツコォー!!」と野太い歓声が。


・・・・・・・・。

誰ー!?Σ( ̄□ ̄;)


男性も虜にするとは、、、恐るべし哲子。。。



村:「なぜかツアーファイナルが多い大阪ですが・・・」

セルゲイといい去年の集いといい、やたらと最近多いですような。
まぁ地元民としてはありがたい話ですが。
(でも倍率が高くなるのはありがたくない・・・)


北:「・・・まさかゴスペラーズが7人になって登場するとはねぇ」

酒:「あらあら」

安:「大丈夫、もう帰ってもらいましたから」

酒:「いっそ両側で踊ってもらったら良かったね」



そ、それはイマイチ賛同できない・・・。
絶対笑うからー!(こら)



No.2に続きます。。。



夢はエンディングを越えて(No.0)
2009年07月12日 (日) | 編集 |
ゴスペラーズ坂ツアー 2009 「15周年漂流記 春夏」ファイナル@大阪厚生年金会館大ホール,2009年7月11日 レポその0(セットリスト)です。



~セットリスト~

1, 2, 3 for 5
終わらない世界 2009
ローレライ
Full of Love
Love Vertigo
I'll Make Love To You
ミモザ
ウィスキーがお好きでしょ
逃飛行
傘をあげる
Blue Planet
永遠に
青い鳥
【合奏タイム】
 侍ゴスペラーズ~真夜中のコーラス
 シマダチ
Armonia
The Longest Time (なりきり)
沈まぬ太陽
Sky High
セプテノーヴァ
FRENZY
狂詩曲
愛は探し出すのさ
My Gift To You

Enc.
宇宙へ ~Reach for the sky~
MO' BEAT
Promise
ひとり



終演後ロビーに出てみたら、セットリストを書いたボードが。こらまた珍しい。
・・・ってか、せっかく全部メモったのにー!!(ノ`□´)ノ⌒┻━┻



えー、、、一応比較のために山口のセットリストも載っけてみます。
(気持ちに余裕があったらそのうちレポもやるかも、、、やらんかも)



~セットリスト@山口県周南市文化会館,2009年5月18日~

1, 2, 3 for 5
終わらない世界 2009
ローレライ
Full of Love
Love Vertigo
I'll Make Love To You
ミモザ
ウィスキーがお好きでしょ
逃飛行
傘をあげる
Blue Planet
永遠に
青い鳥
【合奏タイム】
 侍ゴスペラーズ~真夜中のコーラス
 シマダチ
Armonia
The Longest Time (なりきり)
沈まぬ太陽
Sky High
セプテノーヴァ
FRENZY
狂詩曲
愛は探し出すのさ
My Gift To You

Enc.
言葉にすれば
in the Soup

ひとり

※赤字がファイナルと違うところ


他の日程のセットリストをまるで知らないのでなんとも言えないのですが、アンコールだけ変えているんですかね?
しかもファイナルは1曲多かったー! ビバ 『Promise』!


まぁ今更なのですが(汗)、選曲は最新のアルバムを中心に懐かしい曲もちらほらと。
『MO' BEAT』とか『in the Soup』とかー!!
そして返す返すBOOが聴きたかった・・・。(それは苗場)


No.1に続きます。。。



辛くて辛い。
2009年07月11日 (土) | 編集 |
漂流ファイナル(中休みの宴)でご一緒してくださった皆様、どうもありがとうございましたv
ファイナルに相応しい楽しいひとときを過ごせました。
今回は既知の方ばかりでしたが、こうしてどんどんファンの輪が広がっていくのは嬉しいもので、ブログをやっていて良かったなぁとつくづく感じたり。


そして漂流ミッドナイトには辛いものが苦手なくせにギロチンチャーハンの旅へ同行・・・。
とは言うものの、ヘタレの称号だけはどうしても己のプライドが赦さなかったので一人"並"で。(笑)
(辛うじて完食できましたが^^;)


が、ツワモノの御三方はだいぶランクの高いものを注文していらっしゃってまして。
ひと口もらって口に入れてみたものの、あまりの辛さ(というか痛さ)に外に飛び出して走りまくる羽目に。orz
あれ食べると10分間は悶え苦しまなあきまへんな・・・。


それにしても高ランクのギロチンチャーハンを作るのに、本当に店内に犠牲者(※主に店舗の奥にいる人々)が出るとは。。。あらゆる意味で衝撃的な一夜でした。(笑)



貴方に逢えるまで・・・
2009年07月09日 (木) | 編集 |
京急某駅の電車の接近音が『夢で逢えたら』やったー!!

東京の駅で流れる音楽って面白いですね。駅毎に違ってたりするし。
何よりJR蒲田の発車メロディーが『蒲田行進曲』(古っ!)だったのには非常にウケました。
これは数年前の話なので、今でもそうなのか不明ですが。。。


関西は同じ路線ならたいていどの駅でも同じオリジナル曲(阪急はいくつかあったりするけど)なもので、ちょっと新鮮でした。



で。

今回飛行機で東京へ行ったわけですが。

行きの便で、空席を挟んで隣に座っていた壮年の男性からえらく親しげに話しかけられまして。
何故だか、やれどこの出身だとかどこの会社でどこの大学だったのかとか個人情報をいろいろ訊かれ、、、でもあまりそういう情報を初対面の人に話すのが好きでないもので、"そのへんの○立大学です"とかなんとか適当に答えていたら、余計気になったらしく、あれやこれやと詮索されてしまい。。。

というのもその方は大学の教授だそうで。
うちの大学の総長は(総長にしては)珍しい○○専門で・・・などと、こちらが訊いてもいないことを話し始めたんですが。


・・・すまん。
その総長の授業、ワタシ受けてたんですが。



ということは。
このオッサン(失礼)はうちの大学の教授かー!!Σ( ̄□ ̄;)


・・・ここに到って、さすがに言わざるを得んなぁと思ってこちらの情報も明かしたわけなのですが(さすがに学部は違った)、私が通っていた当時の総長も未だご健勝でいるらしく、なかなか面白い話が聞けました。
ひょっとすると、詳しく話してみれば共通の知り合いの1人や2人はおったかもしれん。(笑)


いやはや、世間は狭いもんですな。^^;



行っちっち。
2009年07月08日 (水) | 編集 |
ふ、ふたたび生きてます。
ここ最近の湿度と温度のインフレ状態でですっかりやる気が落ち、、、仕事が少々忙しい状態です。
まぁ一番忙しいのは今年末から今年度末の間ですが。
ひょっとすると過労で死ぬかもしれん。。。(笑)



・・・・・・。

なんでわざわざ年始のめでたい時季を選んでシステム稼働なんかするんだー!( ̄□ ̄メ)
会社に入ってから今まで、だいたいは平和に正月気分を味わえてたのにっ!


今からユウウツですわ。。。orz



でもって、明日東京に行ってきます。
遊びじゃなくて仕事。
現地滞在時間わずか3時間半。
いくら親会社とはいえ、たった2時間の、実のあるかどうかすら怪しい会議のためだけに問答無用ではるばる大阪から何人も呼び付けて1日の予定をまるまる潰すとはけしからんー!



・・・とか何とかイチャモンつけて、結局は行くのが面倒だという話。



近くて遠い場所。
2009年07月06日 (月) | 編集 |
『ソウル・リヴァイヴァーの逆襲!』DVDが近日発売なのをすっかり失念していて(というか、最近何事にも注意散漫気味・・・)、慌ててネットで予約しました。

だって安いんだもん。(え)


情報は先に入っていたんですが、和歌山でおこなわれるFM802の公開生放送にSOSが出演するそうで。

確かに比較的近いのは近いんだけど、、、さすがにマリーナシティまでは行ってられんなぁ。。。orz
次の日仕事だし。

というわけで、自宅でおとなしくラジオを聴く予定。
次は大阪でお願いしたいー!



海と今昔。
2009年07月04日 (土) | 編集 |
大阪は貝塚市にある二色の浜公園海浜緑地へ行ってきました。会社の部員&その家族の総勢70名ほどでバーベキュー!
毎年やっている恒例行事なんですが、今回初参加。

天気にも恵まれ、青空の下で食べる肉(とその他)の美味いこと! すっかり食べ過ぎました。^^;


ちなみに先日プッチが水浴びしていたプールは飲み物を冷やす用に使用。
(ちゃんと洗っているんで大丈夫のはず)
・・・が、結局子供たちの水浴び場と化すことに。
(ちゃんと洗って~(以下略))

や、楽しそうで良かったです。
ってか、自分もプールに入りたい。。。(やめれ)



CIMG111920090704.jpg


すぐ近くに関空の連絡橋が見えたり。
でも空が霞んでまるで蜃気楼のような。。。





・・・昔、ほんの小さい頃、この浜に潮干狩りにときどき来ていたのをふと思い出しました。
昔は砂利浜やったっけ? と思って少し切なさがこみ上げる今日この頃。



大阪のおばちゃん予備軍。
2009年07月02日 (木) | 編集 |
久しぶりに会社に行ったら、見知らぬ人たちがゾロゾロと。

あぁ、もう新入社員の配属時期なのねぇ。。。


ここ数年うちの部署は新人を大量採用していて、かつこの業界にしては珍しいことに離職者が滅多にいないこともあって人口飽和状態。
(※うちの会社は固定の席がなくて全部フリースペース)が足りなくて、会議スペースまで人間に侵食されとるがなー!

・・・まぁ事務所に部員が全員揃うことなんてないから席が足りんのもしゃあないけどさ。




そんな矢先、客先に行って言われたこと。


お客:「・・・ことさんの会社さぁ、最近変な人おれへん?」



・・・・・・・・・・。


へ?



や、新人ならいますが。




どうやら電話の受け答えがおかしかったらしい。(笑)

まぁ社内の人間のことをうっかり"さん"づけしてしまうのは致し方ないとして、いちいち相手の言うことを復唱したりね。
まぁ新人教育の内容からするとこれで正解なんでしょうけど、正直電話した側としては大変欝陶しかったりする。(いらちやから)


さっさと用件を喋らせろー!!( ̄□ ̄メ)




・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


人はこうしてお局になってゆくのだなぁ・・・。




雨の川。
2009年07月01日 (水) | 編集 |
山の手に仕事へ行った帰り、ちょうどタイミング悪く建物を出る直前にバケツをひっくり返したかのようなどしゃ降りに。
「もうちょっと雨弱くなるまで待ったほうがえぇでー」と守衛のおじさんから忠告を受けたものの、バスの来る時間までわずかだったので、そのまま折りたたみ傘を差して、50メートル先にあるバス停まで歩くことに。


・・・・・。

・・・・・・・・・・・。


傘差しとる意味ないがなー!!Σ( ̄□ ̄;)


低気圧が通過している最中なのか、突風に煽られた横殴りの雨が、バーゲンで購入したばかりの新品のスカートを容赦なく濡らし、、、下り坂を歩いているために雨水の川ができて靴は水浸し。

たった50メートル、1分足らずでこの体たらくか。。。orz



しかも。

待てど暮らせどバスが来ない。

こんな雨じゃあ多少は遅れるだろうなとは予想しつつ、結局10分近くバス停で足止めされ、、、またその間にじわじわとみずみずしくなりゆく自分。(笑)

ちなみにそのバス停には"屋根"があったわけですが、、、さらに傘を差してこの状態。
これほど屋根が役に立たないと思ったことはない。。。





そしてようやく乗れたバスが目的地に到着した頃にはすっかり小降りになっていたという。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。