社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気の迷い。
2008年10月31日 (金) | 編集 |
Skoop On SomebodyのNice'n Slow Jam Night Vol.2@大阪、無事当選しましたー。


まだ帰宅していなくて座席表を見てないんですが。。。

・・・こ、これってもしかしてすごく前のほうとか!?

でもかなり端のほうっぽいけど。orz



~帰宅後追記~

未だかつてないほどの超良席でした。
どないしよー至近距離で見つめられたらー!!(やめれ)


スポンサーサイト
迷いみち
2008年10月30日 (木) | 編集 |
珍しく自宅から近い仕事先に行くことになったので、家から自転車を転がして出勤。

だって。

・交通費:タダ
・運動量:大(=自転車漕ぎ30分間)
・通勤時間:電車+バスを使用する場合より-15分 ← 要は家から中途半端な場所

ですよ!?
一石三鳥以外の何物でもない!





・・・が。

・朝の冷え込みで耳が痛い。
・幹線道路の歩道は排気ガスだらけ。
・しかも埃・砂まみれ。



三石一鳥にもなりやしない。
ちょっとめげた・・・。orz



目の上のたんこぶ。
2008年10月29日 (水) | 編集 |
当選してしまった・・・。
『JAF presents KIDUNA ~Happy Drive~ FINISH2008』に。


応募者が少ないとか?
まさか、あんな大物ばっかりでさすがにそれはないですよね。
(↑プロジェクトリーダーが霞む・・・(こら))


いずれにしても、これでSkoop On Somebody関連の抽選イベントは3戦3勝。
ありがとー大阪のFM局!






・・・・・はっ!!Σ( ̄□ ̄;)


当日どうしても外せない仕事があるんやったー!
むー、、、夕方までには絶対終わらせるか日程をずらしてもらうか。
自分だけの都合だったらどうとでもなるんですけどね。^^;



積んでれぽ。
2008年10月29日 (水) | 編集 |
で、できた・・・・・。orz
これで後で調べるときすぐ見つけられるー!
(↑半分は自分のため)


昔に遡って改めて読んでみると、けっこう文章の書き方が変わってるなぁ・・・。(笑)
以前はテンションが高かったというか。
いや、けして今が低いというわけではないんですけどね。^^;




既にツアー等が終わっていて反転になっているものはぼちぼち解除します。
また、万一リンク間違い等あれば、お手数ですがご一報くださると大変助かります。



ライブレポ案内所
2008年10月28日 (火) | 編集 |
下記タイトルからそれぞれのレポにリンクします


  ゴスペラーズ


  Skoop On Somebody


  その他アーティスト


  その他イベント



その他イベントライブレポ
2008年10月28日 (火) | 編集 |
その他イベント


《SOUL POWER なにわ SUMMIT 2006 @大阪WTCオープンエアスタジアム,2006年7月16日》

  【No.1】             【No.2】
  【No.3】             【No.4】
  【No.5】             【No.6】
  【No.7】             【No.8】
  【No.9】             【No.10】
  【おまけ】



《SOUL POWER TOKYO SUMMIT 2007 @日本武道館,2007年7月31日(2日目)》

  【No.1】             【No.2】
  【No.3】             【No.4】
  【No.5】             【No.6】
  【No.7】             【No.8】
  【No.9】             【No.10】
  【総括】



《SOUL POWER なにわ SUMMIT 2007 @大阪万博記念公園,2007年8月11日》

  【No.1】             【No.2】
  【No.3】             【No.4】
  【No.5】             【No.6】
  【No.7】



《SOUL POWER なにわ SUMMIT 2008 @大阪城ホール,2008年9月6日》

  【No.0】(セットリスト)
  【No.1】             【No.2】
  【No.3】             【No.4】
  【No.5】             【No.6】



《SOUL POWER presents JAYE&SILKY with SOYSOUL @大阪心斎橋クラブクアトロ,2007年8月30日》

  【感想など】



《風に吹かれて 2007 @大阪万博記念公園,2007年10月13日》

  【No.0】           【No.1】
  【No.2】           【No.3】
  【No.4】



《京阪モールpresents FM802 White Acoustic Night @大阪松下IMPホール,2007年3月9日》

  【No.1】           【No.2】
  【No.3】           【No.4】



《FM802 SPECIAL LIVE 花キューピット presents "LIVE Gift -Anniversary-" @大阪なんばHatch,2007年11月21日》

  【No.1】           【No.2】
  【No.3】           【No.4】
  【No.5】



《中之島音楽特区 『SALTISH NIGHT in OSAKA』 @大阪フェスティバルホール,2008年6月28日》

  【No.0】(セットリスト)
  【No.1】           【No.2】
  【No.3】           【No.4】
  【No.5】           【No.6】



《JAF presents KIDUNA ~ Happy Drive ~ FINISH2008 @大阪なんばHatch,2008年11月17日》

  【No.0】(セットリスト)
  【No.1】           【No.2】
  【No.3】           【No.4】
  【No.5】           【No.6】



《佐藤竹善 Presents Cross your Fingers 13 @グランキューブ大阪,2009年5月4日》

  【No.0】(セットリスト)
  【No.1】           【No.2】
  【No.3】           【No.4】
  【No.5】           【No.6】
  【No.7】           【No.8】


Skoop On Somebodyライブレポ
2008年10月28日 (火) | 編集 |
Skoop On Somebody


《Live In Performance 2007 ~Best Hit S.O.S~ @Zepp Sendai,2007年6月14日》

  【セットリストなど】
  【No.1】          【No.2】
  【No.3】          【No.4】
  【No.5】          【No.6】
  【総括】
  【おまけ(写真)】



《Live In Performance 2007 ~Best Hit S.O.S~ @大阪フェスティバルホール,2007年6月30日》

  【No.1】          【No.2】
  【No.3】          【No.4】
  【No.5】          【No.6】
  【No.7】



《Nice'n Slow Jam Night @新宿コマ劇場,2007年10月27日(初日)》

  【No.0】(セットリスト)
  【No.1】          【No.2】
  【No.3】          【No.4】
  【No.5】          【No.6】
  【No.7】



《Live in Performance 2007 ~Christmas Edition~ @大阪フェスティバルホール,2007年12月16日》

  【No.0】(セットリスト)
  【No.1】          【No.2】
  【No.3】



《Skoop On Somebody 恩返しツアー ~SOUL宅配便~ @大阪なんばHatch,2008年10月16日》

  【No.0】(セットリスト)
  【No.1】          【No.2】
  【No.3】          【No.4】
  【No.5】



《Nice'n Slow Jam Night Vol.2 @大阪厚生年金会館,2008年12月22日》

  【No.0】(セットリスト)
  【No.1】          【No.2】
  【No.3】          【No.4】
  【No.5】          【No.6】
  【No.7】          【No.8】



《Live In Performance 2009 『ソウル・リヴァイヴァーの逆襲!』 @横浜BLITZ,2009年2月15日》

  【No.0】(セットリスト)
  【No.1】          【No.2】
  【No.3】          【No.4】
  【No.5】          【No.6】
  【No.7】          【No.8】



《Live In Performance 2009 『ソウル・リヴァイヴァーの逆襲!』 @大阪なんばHatch,2009年2月22日》

  【No.1】          【No.2】
  【No.3】          【No.4】
  【No.5】          【No.6】
  【No.7】          


ゴスペラーズライブレポ
2008年10月28日 (火) | 編集 |
ゴスペラーズ


《Gos Mobile's 3rd Aniversary at 渋谷AX @SHIBUYA-AX,2006年8月8日(第1部)》

  【No.1】          【No.2】
  【No.3】          【No.4】
  【No.5】



《ゴスマニアファンの集い 2006@Zepp Osaka,2006年9月22日》

  【プロローグ】
  【No.1】          【No.2】
  【No.3】          【No.4】
  【No.5】          【No.6】
  【エピローグ】



《ゴスペラーズ坂ツアー06~07 "セルゲイ" @京都会館第一ホール,2007年1月10日》

  【プロローグ】
  【No.1】          【No.2】
  【No.3】          【No.4】
  【No.5】          【No.6】
  【No.7】          【No.8】
  【No.9】          【No.10】
  【エピローグ】



《ゴスペラーズ坂ツアー06~07 "セルゲイ" @福島県郡山市民文化センター,2007年4月7日》

  【No.1】          【No.2】
  【No.3】          【No.4】
  【No.5】          【No.6】
  【No.7】          【No.8】



《ゴスペラーズ坂ツアー06~07 "セルゲイ" @大阪城ホール,2007年6月6日(初日)》

  【No.1】          【No.2】
  【No.3】          【No.4】
  【No.5】          【No.6】
  【No.7】          【No.8】
  【No.9】



《ゴスペラーズ坂ツアー06~07 "セルゲイ" @大阪城ホール,2007年6月7日(ツアー最終日)》

  【No.1】          【No.2】
  【No.3】          【No.4】
  【No.5】          【No.6】
  【No.7】
  【番外編】



《ゴスペラーズコンサート2008 in Naeba、2008年1月27日》

  【No.1】          【No.2】
  【No.3】          【No.4】
  【No.5】


眠れる仕事人。
2008年10月28日 (火) | 編集 |
眠いです。。。
日曜日なんてほぼ丸一日微睡み状態。とにかく惰眠を貪ってます。
何か起きていたくない理由でもあるんだろうか?(笑)

まぁ、少なくとももうちょっと規則正しい生活をしないとあかんのでしょうね。^^;

苦手だ。。。

儚き夢。
2008年10月27日 (月) | 編集 |
11月下旬に2泊3日で関東へ研修(←仕事のようなもの)に行くことになりました。



・・・・・・・・・・。


はっ!!Σ( ̄□ ̄;)



これは、"9回ウラ逆転満塁サヨナラホームラン"再びでは!?

と、とりあえずスケジュールを確認してみなければー!




・・・・・・・・・・・。(調べ中)





撃 沈 し た。




ゴスモバ5周年記念@アプルの二次受付を狙ってみたんですけどね。^^;
惜しく(?)も日程合わず・・・。



集いのほうは今回早々にエントリー完了。
エントリーする間際になって気付いたんですが、ファンクラブ会員限定なんですね。
一昨年もそうだったっけ・・・?
でもこれって『友達と一緒に入る』ことができないですよね。
こないだのSOSは会員同士なら一緒にエントリーできたのにー。



街角ライブ。
2008年10月25日 (土) | 編集 |
ふらっと仕事に行って、お昼にうどんでも食べようと近くのビルに入ったら、平日はおろか休日にしてもやたらと大勢の人が。

はて?

・・・と思ってじろじろと見て(こら)いたら、どうやら馬場俊英さんのフリーライブが行われる模様。
あんなところでまさかライブをやるとはねぇ。。。


という次第で、ライブが始まった頃にちょっくら覗きに。

んー、、、「最後のお願いに参りました!」と言ってました。(笑) 馬場さんの登場前に喋ってはった方が「これからも馬場俊英に温かいご支援をお願いいたします」とか何とか言っていたからでしょうか。^^;




そういえば今年は『風に吹かれて』、なかったなぁ・・・。



はれときどきライブ。
2008年10月24日 (金) | 編集 |
そういえば最近めっきりゴスペラーズネタを書いてないなぁ・・・。
すみません、髪の枝毛からネイルの剥がれかけた足の爪先まで、どこからどう切っても大阪人の自分にはー!(以下略)




・・・・・・・・さて。

冬の予定ですが、当選さえすれば集いは大阪に行くつもりです。
が、苗場は今回見送りになりました。
ちょっと最近諸々の出費が激しくてですね、ちょっと遠征は控えようかなと。
遠征の何が辛いって交通費がかかるのが・・・。(涙)
そう毎度毎度都合良く出張が重なるわけじゃないしね。


大阪に住んどいて何贅沢言うとんねん!と怒られそうですが。^^;



もう少しでわかりそうで・・・
2008年10月23日 (木) | 編集 |
わからない今日この頃。


Skoop On Somebodyの『Q』が。

・・・というより、『Q』の裏ジャケのその裏の図の意味が。


その図では、ベンチに人が座っている絵がピラミッド状に並んでまして、それぞれに上から順番に、

-------------------------------------------------------------------
1{ 100

2{ 11000   10100

5{ 1110000  1011000  1100100  1010100  1101000
-------------------------------------------------------------------


という数字の羅列が刻まれています。
システム屋の端くれの直感として、「これは2進数に違いない!」と勝手に予想してみたのですが、だからといって、この数字の中身が一体ナニなのかわからないことには始まらない。


・・・ってなわけで、とりあえずこの2進数表記(?)の数字を10進数に直してみることにしました。


2進数を10進数に直すには、その数字の1の位に2の0乗、10の位に2の1乗、100の位に2の2乗、・・・というように数字をかけて、それぞれの位で得られた結果を合計します。

すなわち。

2進数の100=1×2の2乗+0×2の1乗+0×2の0乗=4+0+0=10進数の4

となります。


この調子で全部の数字を10進数に直すと・・・。

-------------------------------------------------------------------
"1"の列・・・4

"2"の列・・・24 20

"5"の列・・・112 88 100 84 104
-------------------------------------------------------------------


となりました。



うーん、、、これだけじゃあさっぱりわからん。

というわけで、次に各列の数字を足してみた。


-------------------------------------------------------------------
"1"の列・・・4

"2"の列・・・44

"5"の列・・・488
-------------------------------------------------------------------



ん? やたらと4ばっかり出てるような。
"1"の列は4が1つ。
"2"の列は4が2つ。
"5"の列は、、、、488を分解したら444と44になって4が5つになる、とか?

・・・・・。
イマイチ説得力に欠ける推測ですな。orz
"だから何?"と言われたらそれまでやし。



そもそも、これだけでも相当苦しいのにこのジャケットはわからないことだらけ。
例えば・・・。


・(上記の解析が正しいとしたら)なぜ"4"なのか?
・右上の絵に描かれている"INSPECTED BY 1"の意味は?
・それぞれのベンチに座っている人の数には意味があるのか?
・なぜ1・2・3じゃなくて1・2・5なのか?
・左上のスペードのエースのカードは何?


・・・・・・。

こんなもん解き明かせるかー!


何度でもチャレンジ、、、できなさそうです。orz
躓いてばっかし。(笑)








SOUL宅配便レポに沢山の方が検索で来てくださったようで、どうもありがとうございました。
まさか自分の独り相撲か!? と密かに思っていたのでちょっと安心です。^^;




永遠の暗号(No.5)
2008年10月22日 (水) | 編集 |
Skoop On Somebody 恩返しツアー ~SOUL宅配便~2008年10月16日@大阪なんばHatch レポその5です。


※CAUTION!
当記事はネタバレがダダ漏れしています。OKの方のみ以下反転にてご覧ください。
(くれぐれも自己責任でお願いします)
【※ツアー終了につき反転解除済※】



ここで、ファンクラブイベント先行で、できたばっかりのアルバムを、リーダー&KO-HEYさん作のダイジェスト版でみんなに聴いてもらおうという、"業界の常識ではありえない(by TAKEさん)"企画に。


ま、もう収録曲も公になったみたいなのでいいですかね?

全14曲、うち2曲がインタールードで、R&B,HIPHOP系のファンキーな曲や打ち込み曲がかなり多め。バラードもちらほらと。
だいたい1曲につき数十秒ぐらい流れてました。かなりのボリューム!

手持ち無沙汰なのか、曲に合わせて演奏の練習(?)に余念がないリーダーとKO-HEYさん。(笑)


TAKE:「改めて聴くとだいぶ濃いぃよね」


た、確かに濃かった・・・。
SKOOP時代の曲を彷彿とさせるような、それよりちょっと洗練されたような、そんな印象を受けました。
11月が楽しみです。


TAKE:「深読みする人は『SKOOP ON SOMEBODY』ってタイトルを聞いて『もしかして解散するの!?』と思ったりするかもしれんけど、、、しません!(笑)」


ば、ばれてるー!!
(※過去の記事参照)


『Skoop On Somebodyの終点とか着地点とかじゃなくて、出発点としてのアルバム』だそうな。
曲はほぼ3人だけで作ったらしいです。
最近シングル曲は特に外部に出すことが多かったし、そのほうがファンとしては嬉しいですが。。。


「せっかくやからアルバムから1曲」と、"最も歌詞がエロい"『Heaven's Door』を演ることに。^^;

この曲だったか、TAKEさんがエレキギターデビューしたそうです。(『happypeople』はアコギ)
・・・が、さすがに今回のイベントではその腕を披露することはなく、結局"文明の利器"(=トラック)を使っての演奏。

『俺たち男にとっての"Heaven's Door"とはどういうものか』(by TAKEさん)という意味深な問いかけもあったんですが、内容は曲を聴いてのお楽しみということで。^^;



本編最後、『Q』と『ETERNAL LANDSCAPE』の最新シングルを続けて。『ETERNAL LANDSCAPE』は既に何度かClub S.O.Sで聴いていたんですが、『Q』のほうは初めて。
ちょっと新鮮な感じでした。
『Q』、今までにない雰囲気でけっこう好きかも。

ここに来て"立っていいよー"と言われたこともあって、ようやくお客さん起立。それまで楽でしたけどね。^^;




一旦退場後にアンコールで再登場し、しばらくいろいろとメンバーが喋っていたんですが、、、


TAKE:「なぜか俺だけ立って喋ってるねんけど・・」

リーダー&KO-HEY:「いやいや、立つわ!」


と、凄い勢いでお二人が起立。


リーダー:(客席のほうを見て)「何で皆座ってんねん!」


すんませーん!(涙)

・・・とばかりにばたばた立ち上がるお客さん。


リーダー:「うそうそ(笑)」


嘘かい!!Σ( ̄□ ̄;)



そこでおもむろに始まったのがニューアルバムの1曲目、アカペラの『As we are』。音取りとかしてたような記憶ないんですが、、、そういえば去年のプロ野球開幕戦の国歌斉唱でもそんな感じでした。

そういえば、KO-HEYさんなんでそっぽ向いて歌ってるんかと思ったら、歌詞を見てたんですね。^^;
見すぎ!(笑)


TAKE:「凄いな! 今全然打ち合わせせんと始めてんけど二人とも普通に歌ってたなぁ」


いつも息がぴったりですよね。
お互いのことをよく見てるし。




もう1曲新曲をやるという話になって。


TAKE:「ある日ね、突然ジェームス・ブラウンが降りてきたんですよ」

リーダー:「本物の"JB"ね。(笑)」


あー、てつやのおとんじゃないほうね。(笑)


TAKE:「『お前ー!』って。『お前らもっとファンキーな曲が好きなんとちゃうんか!』ってJBに言われて」




・・・・・・・・・。


JBは大阪弁喋るんかい!Σ( ̄□ ̄;)




・・・とまぁ、ファンクの帝王JBの叱咤激励(?)を受けて作ったのが、本邦初公開となる『ソウル・リヴァイヴァー』。
カバーじゃないということでしたが、そこはかとなく『Sex Machine』みたいな。。。(笑)



ライブでの常連曲『バラ色』を経て、アンコール最後に、アンケートでどの地方も1位(※名古屋を除く)だったという『Key of Love』を。
前回のファンクラブイベントでも1位だったし、あー、やっぱり。という感じでした。
いや、好きなんですけどね。
次回はもっと考えて投票しよう・・・。

それにしても名古屋は何が1位だったんでしょうね?



『Key of Love』は最近滅多に歌わないということでしたが、、、去年の"White Acoustic Night"で聴いたような。。。(それでもだいぶ前ですが)


こんなに曲が皆に愛されて、「自分の娘がお嫁に行くような気持ち」になったそうですが、、、TAKEさん絶対"娘"の後に、"とか息子"って言った!!

いい話なのにちょっとズッコけました。(笑)



曲は武道館のときみたいな"You!"連発バージョンで。
が、残念ながら指はさされず。^^;



最後、メンバー一人ずつご挨拶していたんですが、内容はちょっと失念。(すみません)
その後に「みんな時間大丈夫ですか? 玄関で僕たちが一人ずつ見送りさせてもらいますのでそのまましばらく待っといてください」という話に。
客席後ろから順番に退場、客席の出口を出たところでお三方が待ち受けていらっしゃいました。
出口の先が死角になっていたので、出た途端にどきーん!と。(笑) 覚悟(?)できていなくて凄く心臓に悪かった・・・。

ちなみに待ち時間の間はニューアルバムが流れてました。が、比較的早く順番が来てしまい・・・。
もっと聴きたかったのにー。




・・・とまぁ、レポはこんなところで。
MCが多かった分いつもより長くなってしまったのですが、大阪人らしいトークが面白くて、いつもこれぐらい喋ってくれたらいいのにーと思ったり。
まぁライブのテンポ感も考えた上なんでしょうけどね。^^;


どのくらい需要があるのかわからないのですが、とりあえずファンクラブ会員オンリーで絶対数が少ないだろうということでじっとりと(笑)お届けさせていただきました。
楽しんでいただけましたら幸いです。


次回は『Nice'n Slow Jam Night Vol.2 大阪』でー。


おしまい



永遠の暗号(No.4)
2008年10月21日 (火) | 編集 |
Skoop On Somebody 恩返しツアー ~SOUL宅配便~2008年10月16日@大阪なんばHatch レポその4です。


※CAUTION!
当記事はネタバレがダダ漏れしています。OKの方のみ以下反転にてご覧ください。
(くれぐれも自己責任でお願いします)
【※ツアー終了につき反転解除済※】



再び正論君。
正論君:『お好み焼きに『マヨネーズかけていい?』と訊かずにいきなりマヨネーズをかける奴、こっち来い』やったかな。(聞き取り辛くて、"こっち来い"だったのかちょっと不明)


リーダー:「マヨネーズ込みじゃないお好み焼きって・・・何? ネギ焼きとか?」


えー、、、私もお好み焼きにはマヨネーズをかけるのが当たり前と長年思ってたんですが、もしかするとそうじゃないんですかね?
ちょっと調べてみたら、昔の関西風お好み焼きにはマヨネーズはかかってなかったらしいですし。(お好み焼きの老舗『ぼてぢゅう』が始めたとかなんとか・・・)


ま、『勝手にかけんなや!』 ちゅうハナシなんでしょうな。


TAKE:「唐揚げに添えられたレモンを真っ先にかける人みたいなね」


がーん・・・。
それってうちのことなんか?orz
すんません、これからはちゃんと事前に他の人に訊いてからかけるようにします。。。



そして、またまた正論君。
どうやら大阪に関する正論だったらしいです。
多分他の公演ではその地域に関するものなんじゃなかろうかと。


正論君:『東京人に言いたい。『アホ』という言葉は深いで?』


KO-HEY:「『アホ』って褒め言葉やんなぁ?」


ある意味そうですな。^^;
知らん人に言われたらびびるけど。



TAKE:「俺、『あんたアホちゃうん?』って言われたらきゅーんvってなるねん」


『きゅーんv』てー!Σ( ̄□ ̄;)
ちょっとかわいかった。



リーダー:「『アホ』は大好きですよ。俺もアホやし」


自ら『アホ』と言えるところが大阪人ですな。(たぶん)


・・・とまぁ、三者三様の『アホ』への思いが溢れる温かいコメントでした。(笑)



KO-HEY:「東京行ったら『バカ』って言うじゃないですか。あれ凄く傷付くんですよ。せやから、脳をハイブリッド的に切り替えて、名古屋を(東側へ)越えたら『バカ=アホ』やと思うようにしてます」


・・・ハイブリッドてまた、大層なもんが出てきましたねぇ。^^;
大層な割にその組み合わせが『バカ』と『アホ』。




『バカ』と『アホ』の境界と言えば『探偵!ナイトスクープ』から生まれた『全国アホ・バカ分布図』が有名ですね。
一娯楽番組からあれほど学術的に優れたものができるとは、バラエティ番組侮りがたし。。。


・・・とまぁ脱線してきたところで、最後の正論君。

正論君:『トラの柄のTシャツを着ているのは大阪のおばちゃんだけらしい』


メンバーによると「おるおる!」らしいですが、、、私はあんまり見たことないかも。もちろん豹柄はよくいますが。(笑)


そんな中、KO-HEYさんから見事なご意見が。

KO-HEY:「・・・俺思うねん。大阪のおばちゃんがそんなあり得んような柄の服着てたり、髪の毛紫色に染めたりするのね、周りの人から『それあかんやろ』とか言われたらやめると思うんですよ。でも他のおばちゃんに『いやぁ、奥さんよぅ似合(にお)てはるわー』とか『キレイに染めてもろてー』とか言われるから皆やるんやろね」


なるほどね。確かに煽てられてというのはあるのかも。
・・・というか。
あんたそれ普段から言うてんのとちゃうんかい! とツッコミたくなるようなおばちゃんの真似がなんとも秀逸でした。(笑)
どこからどう聞いても普通におばちゃん。(すいません)



TAKE:「大阪のおばちゃんは世界を救うよ!」

KO-HEY:「ポジティブシンキングなんやろな(笑)」


そ、そうかもね。^^;
私もいずれ世界を救えるように頑張ります。。。(え)





・・・あと、どういう話の繋がりだったのかわからない話が2つほど。


まずは、ライブの打ち上げを九条の大和屋さんでやっていて、その場にTAKEさんのお母さんが呼ばれたときの話。

TAKE:「家から店までめっちゃすぐやのに、おかん来るのになんでか1時間ぐらいかかっとんねん」


・・・どうやら身支度に時間をかけていらしたそうな。


TAKE:「・・・で、舞台監督の源ちゃんがうちのおかん見て、『お母さん、人でも食うてきたんですか!?』って言うぐらい真っ赤な口紅つけとって」


え、えらい言い様ですな。。。^^;
大阪のおばちゃんは派手とでも言いたかったんでしょうか。(汗)



もうひとつ。
以前に東京でイヤホンのコードを引き摺って歩いていた女性がいるのにTAKEさんが気付いて、「あ、引き摺ってるわ、誰も言わへんし注意したろ」と思って追いかけたら、その女性にものすごい勢いで逃げられたというエピソード。

こっちやったらおせっかいなぐらいみんな気にかけてくれる、とかいう話だったような・・・。(うろ覚え)


No.5に続きます。。。



永遠の暗号(No.3)
2008年10月20日 (月) | 編集 |
Skoop On Somebody 恩返しツアー ~SOUL宅配便~2008年10月16日@大阪なんばHatch レポその3です。


※CAUTION!
当記事はネタバレがダダ漏れしています。OKの方のみ以下反転にてご覧ください。
(くれぐれも自己責任でお願いします)
【※ツアー終了につき反転解除済※】



続いて『Sing a Song』。
これはライブで初めて聴いたんですが、、、ノリがすごくいいというわけでも、「めっちゃカッコいい!」というわけでもないけどなんだか嬉しくなる曲。多分にPVの影響があるんでしょうけど。(笑)
リーダー&KO-HEYさんのリード部分もちゃんと歌ってはって(もちろん演奏しながら)、おぉーと思っていたら・・・。


TAKE:「・・・スゲーなぁ」


・・・・・は?


TAKE:「いやいやいや、すごいなぁと思って。リーダーがさぁ」

TAKE:「左手でベース部分弾いて」

KO-HEY:「無理」

TAKE:「右手でキーボードのメロディーを弾いて」

KO-HEY:「無理!」

TAKE:「しかもその状態でコーラスもやってるし」

KO-HEY:「無理!!」


『無理』を連発するKO-HEYさんが妙にか○いかったです。


TAKE:「・・・でもな、KO-HEYやってすごいと思うで? 右手と左手で違う動きして足はペダル踏んでるし、コーラスもやってるやんか」

KO-HEY:「あれね、もう考えたらアカンねん。考えたらでけへんようになるから。無理です!」


そういえばそんなことを武道館DVDのセルフライナーノーツの部分で言ってましたね。^^;


TAKE:(おもむろに)「・・・っていうか、今日は若干シャツかぶってんなぁ」

KO-HEY:「ゴメン」


なぜそこで謝る。(笑)
ちなみにお二人とも黒いシャツ(無地だったと思う)でした。そしてリーダーは目が痛くなりそうなピンク・水色・黄色等々の入り乱れたマーブル模様の柄シャツ。



収拾がつかなくなりそうだったのか、このあたりで切り上げて、『SOUL CRUISIN'』でお馴染みの『正論君』の話に。


TAKE:「KO-HEY、説明して?」(←ちょっと偉そう)

KO-HEY:「『正論君』とは、"正論しか喋らないスーパーコンピュータ"です」


どうやら東京と中継で繋がってるそうで(←ほんまかいな)、皆でせーので呼んでみようということに。

で、『せいろんくーん』と呼ぶと。

正論君(?):「正論です。『東京からみて、関西弁を喋る女の子って、、なんかセクシーやん?』」




ほ ん ま か い な。




東京に出張に行ってもそんなことを言われたためしがない。
ましてや大阪におって、東京から来た人にそんなことを言われたためしもない。

でも、似たようなことを最近東京から来た人に聞きました。
関西弁を喋る"女性"じゃなくて"男性"が人気やっちゅー話やったんですけどね。orz


TAKEさんが「関西弁喋ってて得した人っておる?」と会場のお客さんに質問するも、どうもいなかった様子。

そんなもんです。(涙)


KO-HEYさん曰く、『(東京の人は)関西弁で怒られたいらしい』とのこと。
・・・ヘタしたらそれ怖いから!!
「おんどらナメとんのかワレェ!」とか、そんな修羅場をたまに街で見かけるけど、見ているだけでも本気で怖いです。
「そんなんしたらあかんでぇv」なんて比較的可愛らしい怒り方だけじゃないんですからー!


KO-HEY:「俺、一番怖いフレーズが『アンタ何考えてんの!!』やねん」


さ、さいでっか。(汗)
確かに言われて嬉しい言葉じゃないけど。



ところで、TAKEさんによると最近のKO-HEYさんは酔っ払うと語尾が『じゃん』になるらしい。


TAKE:「どう思う?」


・・・。

・・・・・・・・・・。

あかんやろ!( ̄□ ̄メ)



そこからしばらく大阪弁の話に。(詳細すっ飛んでます^^;)


リーダー:「昨日大阪帰ってきてエレベーターに乗ってたら、周りの人めっちゃみんな大阪弁やったなぁ」


そらそうでしょうな。^^;
大阪なんやから。


TAKE:「地下鉄とか乗ってたら、『俺のこと全力で笑かしにかかってる! なんかあるに違いない!』とか思ってまうぐらい周りの人の話面白いやんね」


うーん、、、そこまで気にしたことないけど。
まぁ、笑かしてなんぼ、みたいなところもあるしねぇ。


・・・という次第で、随分大阪弁話に花が咲き、、、時間がとんとんと過ぎ行くのでした。
オフィの裏日記でやたらとメンバーが大阪弁を強調してるのはそのせいなんですかね?


No.4に続きます。。。



永遠の暗号(No.2)
2008年10月19日 (日) | 編集 |
Skoop On Somebody 恩返しツアー ~SOUL宅配便~2008年10月16日@大阪なんばHatch レポその2です。


※CAUTION!
当記事はネタバレがダダ漏れしています。OKの方のみ以下反転にてご覧ください。
(くれぐれも自己責任でお願いします)
【※ツアー終了につき反転解除済※】



『NANA』後のMCにて。


TAKE:「(KO-HEYさんの方を見て)この曲演るのいつぶりやろ?」

KO-HEY:「うーん・・・」

TAKE:「訊く相手間違えたわ(笑)」

KO-HEY:「・・・2001年以降ぐらい?」(←ぼそっと)


それを無視してリーダーに振るTAKEさん。


TAKE:「リーダー、いつぶりやったっけ?」

リーダー:「・・・どれぐらいぶりやったっけー?(笑)」


・・・・・・。
どっちもどっちやがな!!Σ( ̄□ ̄;)



さらに曲を作った当時の話に。


TAKE:「この曲作ってる頃にちょうど大阪帰っとって。締め切り間近やのに歌詞を1行も書いてへんかったんですよ。で、東京戻るのに最終の新幹線に乗り遅れてもうて、しゃあないから夜行バスに乗って。『ドリーム号』って、今から考えたら全然有名でもなんでもなかったんやけどね(笑)」

KO-HEY:「あー、ドリーム号ね(笑)」


・・・初めて知ったんですが、今はJR(旧国鉄)が運営している長距離高速バスなんですね。
Wikipediaでも普通に載ってるぐらいやから、そこそこ有名なんでは?


TAKE:「・・・で、めっちゃ「今しがたまで飲んでました」みたいな酒臭いおっちゃんが隣に座ってて」


その状態で歌詞を書いてたとかやったんかな・・・。
(うろ覚えですみません)


KO-HEY:「じゃあクサ男さんの横やったんやね。へー、そうですか・・・10年もやってて初めてそんな話聞いたわ。ありがとう」

TAKE:「・・・ナニ、この距離感?」


いやー、この会話のテンポ感が凄く良かったです。
『クサ男さん』は実にKO-HEYさんこの日の名言その1でした。(笑)




『NANA』についてはそれぐらいにして、次なる曲は大阪オンリーだそうで。


TAKE:「なんでこの曲大阪でこんな人気なんやろなと思ったら、近鉄のCMに使われとったんよね?」


会場から「あー」という声。
そら分かりますわな。^^;

SOSを知らなかった頃でも、この曲はCMで聴いてて妙に耳に残ってまして。
おぼろげな記憶によると、曲が微妙なところで切れていたような気がするんですが、、、今となっては不明・・・。

それにしても、なんでこんなに負の歌詞なのに旅行のCMに使われてたんでしょうね? 不思議。(笑)


で、この曲も長いこと演ってないなぁという話に。


TAKE:「・・・なんでやろか?」(KO-HEYさんのほうを見て)

KO-HEY:「・・・・・」

TAKE:「今完全に油断してたやろ!」


このあたりトークがグタグタになって記憶が不鮮明なんですが、「(誰かが)九条の立ち飲み屋のオッサンみたいや」とTAKEさんが言いだしまして。

そこで、ウィンドチャイムを片手で押し広げて、立ち飲み屋に入るマネをするKO-HEYさん。


リーダー:「・・・・・そのネタあっためてたやろ」

KO-HEY:「いやいやいや。(笑) 地元がそうさせるんかなぁ・・・いらっしゃーい!!

・・・と、再び暖簾を両手で押し広げるようなマネをするKO-HEYさん。


なに、このノリはー!?(笑)
普段からこれぐらい喋ってくれたらいいのにねぇ。^^;
せっかく喋りおもろいんやから。


TAKE:「昨日インデアンカレー入るとき(ネタ)考えてたやろ?」

KO-HEY:「・・・・・(もう曲)やろ?」



あ、強制終了された。(笑)

・・・という長い長い前置きでようやく始まったのが大阪限定の『明日は明日』。
このときKO-HEYさんはドラムじゃなくてカホン。
Club S.O.S版はアレンジが秀逸で、深まりゆく秋にぴったりな温かさがある曲に仕上がってました。
・・・ライトが茶色っぽかったからかもしれんけど。(笑)




ライブとは全然関係ないんですが、『インデアンカレー』(リンクあり)は大阪近辺で展開しているカレー屋さんでして、前日のFM OSAKA出演のときにどこかの店に行ってはったんでしょうね。
以前一度仕事に行く途中に同僚に誘われて、ある店舗でカレーを食べたことがあったんですが、、、真冬だったにも関わらず大汗をかき、、、あまりの辛さに泣きながら長時間かけて漸く完食しました。
辛いものが苦手なのは分かり切っとったのになんで食べに行ったんやろ。。。(鬱)


No.3に続きます。。。



永遠の暗号(No.1)
2008年10月17日 (金) | 編集 |
Skoop On Somebody 恩返しツアー ~SOUL宅配便~2008年10月16日@大阪なんばHatch レポその1です。


※CAUTION!
当記事はネタバレがダダ漏れしています。OKの方のみ以下反転にてご覧ください。
(くれぐれも自己責任でお願いします)
【※ツアー終了につき反転解除済※】



セットリストには書いてなかったんですが、Introducitionみたいな導入部分がありました。キーボードのメロウなメロディで、ライブでよく耳にするような感じ。
そこはかとなくこれが好きなんですが、さすがに長く続けるものでないのでちょっとだけで終わり。

・・・で、そこから突然切り替わって『Soul'n'Roll』。
ノリの良い曲なので皆立つかな? と思いきや皆さん着席のままでした。
うーん、見極めが難しい。^^;

続けて1stアルバムから『Call Me』。
3人だけの演奏ということもあって、アレンジがかなり変わっててなかなか気付きませんでした。(汗)
けっこう好きなのに・・・。



2曲終わってからのMC。

TAKE:「やっとアルバムができました」

リーダー:「しかも3日前ですよ」

TAKE:「ほんまは6月にできるはずやってんけどね。前の『STAY or SHINE』ができた直後に『今やったら俺らの思うような曲が作れそう』って、ツアーもせんとファンの皆には申し訳なかったんやけど、無理言って製作に入って。もうね、武田と哲也の打ち上げの翌日に歌入れとかえげつないスケジュールで、できたときにばたっと2日間倒れてました。(笑)」


"半年間の俺らの怨念が篭もったアルバム"だそうです。^^;



そんな話から今回のファンクラブイベントの話になりまして。

TAKE:「ファンクラブイベントでは事前に聴きたい曲アンケートを取ってたんですけど、さっきの『Call Me』なんかは全国でなんと!」


・・・ごくり。


TAKE:「1票でした」



なんじゃそらー!(笑)
いや、でもたった1票でも選曲に入ったわけですよ。
1票を投じた人が羨ましいです・・・。
だって極端に言えばその人たった一人のために演奏するわけで。(ちょっと違うか^^;)
元より投票した曲が選曲からすぱっと漏れた私からすれば羨望の的ですわー。


ちなみにアンケートの結果、だいたいどこも1,2位の曲は同じだったらしいんですが、それでもイベントが開催される地域(全5ヶ所)によって多少ばらつきがあるそうで、ここ大阪だったら『大阪らしい曲』に人気があったりしたそうな。



1stアルバムに入っている曲の話の流れから、デビューしたときの話になり、、、お馴染み、『デビューしてすぐ人気が出ると思ってた』という話に。



TAKE:「リーダー次の日新聞見たんでしょ?」

リーダー:「絶対オリコントップ10とかにランクインしてるわと思って、一所懸命探したんやけど載ってへんかった(笑)」

TAKE:「KO-HEYは?」

KO-HEY:「いや、俺もね、新聞とか雑誌とか、いろいろ買うたんやけど、やっぱり何も載ってなかった。」

TAKE:「俺はね、『とりあえずアメ車や!』と思って車見に行って。で、そこのディーラーで支払いの話になったときに『来月ぐらいに一括でできますか?』って無謀なこと言ったりしとったわ」


う、売れたらね。。。



ま、そんなこんなで同じく1stアルバムから今度は『NANA』を。

青と水色のライトが綺麗で、まるで澄んだ水底にいるような気分になったんですが、どっちかいうと同じ水でもきっと"雨"のイメージなんですよね?

男性視点のはずなのに、なぜか共感が湧く曲です。。。


No.2に続きます。。。



永遠の暗号(No.0)
2008年10月16日 (木) | 編集 |
Skoop On Somebody 恩返しツアー ~SOUL宅配便~ 2008年10月16日@大阪なんばHatch へ行ってまいりました。
初めてSOSのファンクラブツアーというものに参加したんですが、初心者なりにがんばってレポをさせていただきますので、よろしければお付き合いくださいませ。

今回の記事にはセットリスト、ライブ前後(ネタバレあり/なし)を載せています。タイトルだけ見えるようにしていますので、必要な部分だけを反転してお読みください。
大阪が初日ということもあり、特に別日程参加予定の方は、ネタバレありの部分を読む際はくれぐれも自己責任にてお願いいたします。
【※ツアー終了につき反転解除済※】




*セットリスト*

『Soul'n'Roll』
『Call Me』
『NANA』
『明日は明日』  ※大阪のみ
『Sing a Song』
『Heaven's Door』 (新曲)
『Q』
『ETERNAL LANDSCAPE』
『As we are』 (新曲)
『ソウル・リヴァイヴァー』 (新曲)
『バラ色』
『Key of Love』


さすがファンクラブのライブ、なかなか濃いぃ選曲ですな。
新曲は置いとくとして、そのほとんどはライブで聴いたことがないです。
個人的には『明日は明日』が聴けて嬉しかったなー。
これは大阪限定らしいので、他会場ではそれぞれまた別の曲をやってくれるんでしょうね。
それも激しく気になります。



*ライブ前後(ネタバレなし)*

諸々のチェックが厳しかったためか、入場はかなりスローペースで、30分以上ぽけーっと待ってました。^^;
整理番号の後ろさ加減に自信のある人は多少ゆっくり行っても良いかもしれません。

入場に必要なアイテムは以下の通り。
・ファンクラブから送られてきた、整理番号が記載されたハガキ(←当然)
・チケ代を入金したときの控えもしくは利用明細(←ハガキにホチキス留め)
・State of Soul会員証

大阪では会員証チェックがありましたので、これは持って行くべきと思います。
ただし、万一会員証を忘れても、名前が分かるような身分証明書があれば大丈夫のようでした。


会場は全て椅子あり。
前後もゆったりめだったのですごく楽でした。
(先週の同じHatchライブはスタンディングの上に詰め詰めで息苦しかったので^^;)



*ライブ前後(ネタバレあり)*

ライブ自体が1時間40分ほど終わり、メンバーによるお客さん一人ずつのお見送りがありました。
(順番はリーダー→TAKEさん→KO-HEYさん)

過去のライブレポを読んだことがあるので覚悟はしてましたが、、、めっちゃ緊張しました。(笑)
大きくてあったかい手でぎゅっと握手してくれるんですが、3人とも身長が高いので目線が全然追いつかなくて。
まぁ、お客さんは何百人もいるし、ほんまに一瞬だけなんですけどね。^^;


で。
非常に私的なことなんですが、それぞれにほんの一言だけお伝えさせていただきました。
(迷惑やったかな・・・。^^;)

リーダーとTAKEさんはそれに対してにこっと笑って「ありがとう」と言ってくださったんですが・・・。
問題はKO-HEYさん。

ライブ中のMCを聞いて思うことがあって、KO-HEYさんに対してだけは「もっと大阪弁で喋ってください」と"お願い"しまして。

KO-HEYさんはちょっと考えたあと、こう答えてくださいました。


KO-HEYさん:「・・・へぇ! そないしま」



      説明しよう!!

       「そないしま」(大阪弁)
         ||
       「そのようにいたします」(標準語)








・・・ほんまね。
KO-HEYさんの喋る大阪弁が好きなんですよ。
ひょっとするとご本人そのものより好きかも。(こら)

ネイティブである自分も大阪弁の濃さにはかなり自信があるつもりなんですが、あの喋りには負けますわ。
そもそも大阪出身であのぐらいの年齢の人はぎょうさん見てきましたが、あれほど濃いぃ大阪弁を操る人はいないです。
お祖父さんお祖母さんと同居していたという家庭環境の影響もあるんでしょうねぇ。
(ご年配の方はやはりコテコテの大阪弁を喋ることが多いので)




とにかく。

この一言に惚れた!





・・・とまぁ、その話はさておき。
お三方とも笑顔で見送ってくださったので舞い上がるような気持ちで帰途に就きました。^^;

人数が少ないということもあるからでしょうが、なんとも粋な計らいです。
アーティストとファンの距離(物理的だけでなく心理的にも)が近いと言うか。
この距離感はぜひともこのまま保っていただきたいものです。



ちなみに、お見送りは後方の席から順番でした。
他の会場ではどうなるかわかりませんが、時間がない等の理由で早く帰りたい場合は、後ろの席のほうが良いかもしれませんね。
(元より会場が小さいので、後ろのほうでもさほど遠い感じがしなかったです)

とか書いといて、前から順だったらごめんなさい。^^;
"出入り口に近いところ"からだったのかも。


No.1に続きます。。。



解き明かせない・・・。
2008年10月16日 (木) | 編集 |
終わりましたー。
こんなに緊張したライブは初めてです。(笑)
とりあえず私の中でKO-HEYさんの株が鯉の滝昇りのごとく急上昇した日でした。


ま、詳細は帰宅後にでも。。。
(※ネタバレ注意報発令予告)


港町にて。
2008年10月16日 (木) | 編集 |
今日はだいたい500人強ぐらいみたいです。Hatchでもかなりゆとりがあるでしょうね。
でもめっちゃ整理番号後ろやった。。。orz

敗因はエントリーが遅かったからか?


やさしい午後
2008年10月16日 (木) | 編集 |
20081016124110.jpg


えぇ天気ですわー。雲一つない状態。

このまま川辺でうとうとしたい。。。(川はどきちゃないけど^^;)

実況中継。
2008年10月16日 (木) | 編集 |
今朝の大阪、気持ちの良い晴天が広がっています。
仕事に行くのが勿体ないくらい。(こら)

願わくはこのまま夜までこの天気が続きますようにー。



気合いで復帰しました。
動悸がするのは、忘れ物を探すのに時間をロスして倍速でチャリンコ漕いできたせいとしておこう。(え)


人生の暗号。
2008年10月15日 (水) | 編集 |
えー。
伏せっております。

おかげでCDも入手できておりませぬ・・・。orz
そんなわけで臍を噛みながらFM OSAKAを聴いてました。。。


まず夕方の『MUSIC COASTER』。 ※番組ブログ
マルビルB1のタワレコ内から生放送。
元気なら行くんだが・・・。(仕事しろ)

てか、TAKEおかんマルビルに来とったんかい!(笑)
やっぱり明日も来はるんやろか。


CDを買ってないので、『so Angelic』が先に聴けて良かったー。
えぇじゃないですか。Nice'n Slowなナンバーで。
秋の夜長に聴きたくなる曲。




さて。

ラジオ出演の合間にTAKEさんが仕事している間それぞれ遊びに行ったというお二方。


そのひとつ、淀屋橋・・・は概ねオフィス街。
リーダーはそんなところに一体何しに行っとったんかすごく気になる・・・。
小洒落たカフェとかあるんやったっけ?
でも中之島の遊歩道(図書館のあたり)はえぇ雰囲気ですな。リーダーはこういうの好きそう。


そしてもうお一人。
某大型電器店てー! バレバレですから。
淀屋橋よりかはこっちのほうが誰かに見つかりそうやけど、まぁ平日のあの店はほっとんど男性客やしねぇ。^^;

寧ろその店に辿り着くまでに何かありそうな気ぃする。。。


で、アルバム情報が。
来月出るアルバム名が『SKOOP ON SOMEBODY』ですってぇ!?
それも半年押しだとぅ!!?
どんなけ短期間で2枚出す心算やったんや・・・。
ツアーもせんと!(怒)



・・・・・・・・・。
ふと今思ったんですが、タイトルが1枚目と同じ系統ですよね。
まさかグループ名に始まってグループ名に終わるとか、そんなオソロシイ落ちはなかろうな・・・。




『LOVE FLAP』のほうは、、、昼下がりにそんな話してええんかー!? と突っ込みたくなる内容でした。(苦笑)
↑むしろ昼下がりだから、、、とも言える

あまりに恥ずかしいので(←ヘタレ)、内容記述はなしで。


前出演してたときも思ったけど、DJ RIOさんとの会話ってエンリョがないというかなんというか。
コッテコテで大好きです。(笑)




明日は気合で復活して、Hatchに行ってきます。
先週のときはかなり早いペースで入場してたから、やや早めに会場入りしたほうが良いかも。

椅子入れるんかなー。



2度あることは3度ある?
2008年10月12日 (日) | 編集 |
本日、『JAF presents KIDUNA 〜Happy Drive〜 START2008』 オンエア日。

1時間と短かったけど、TAKEさんが言った"オトコ祭り"の通り、なんとも濃ゆかった・・・。(笑)



それにしても、なんでFM OSAKAが中心じゃないんでしょ?
全国キャラバンに大阪がないのが悲しい・・・。
ま、11月17日にHatchで全員集合イベントがあるからでしょうけど。
一応エントリーしてみたけど、、、裏番長の摩季姉とか、プロジェクトリーダーよりはるかに大物な面子が揃ってるとさすがに当選は厳しいでしょうねぇ。^^;
でも3連続Hatchライブになりますようにー。


番組最後、出演者全員20秒好きなことを喋れって、、、誰が何を言ってるのかさっぱりわかりません。。。orz
誰か解析してください。(笑)



FM沖縄からのりみちゃん:「(全員集合イベントで)Skoop On Somebodyとのコラボがあったりなかったりすると嬉しいです」


・・・・・・・。

なくても嬉しいんかい!(笑)
仲良しなのに・・・。



SOS、本気で来月あたりにアルバム出してくるんですかね。最近ばたばたとレコーディングしているのはオフィで見てたけど。。。自分ら3月に出したばっかりやん!!
さすがに1年に2枚も出すとちょっとびっくりですわ。

最近PVもろくに作らんようになって、曲やライブのほうに注力しているのは全然かまわんのやけど・・・。
大阪でももっとライブをやってほしい。東京ばっかりじゃなくて。
(それでも他地域よりかは恵まれてるやろうけどね・・)



ドサクサ酒。
2008年10月11日 (土) | 編集 |
・・・ふと思うトコロがあって、『減酒』を決意いたしました。


『禁酒』はどうせムリやろうし。(え)



てなわけで、今週から『1週間のうち飲まない日を3日以上とする』を始めたのですが・・・。
そのうちすでに3日間は『おつきあい』で元々飲酒が決定しており、、、1日はあっさり飲んでしまい、、、もう後がない状態。orz


し、しかし人間フォアグラを免れるためにはこれしか・・・!!



LIFE IS THE MUSIC!
2008年10月09日 (木) | 編集 |
THE TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE ASIA 2008年10月8日@大阪なんばHatchへ行ってきました。
同行者は毎度の如く会社の上司。

ファンクラブイベントということもあって、ものすごく盛り上がりました。
2年近く前初めて行ったファンクラブイベントってこんな熱狂的やったかなぁ・・・。^^;
とにかくお客さんのノリがすごい。「おとこまえ~!!」とか「かわいい~!」とか、もう多種多様な言葉が飛び交ってましたよ。(笑)
MISIAも本当に楽しそうでした。



以下、若干ネタバレ注意。




7曲のMISIAの曲のタイトルを中に書いた大きな紙飛行機を客席に向けて飛ばし、それを取った人がその7曲のうちから1曲選んでMISIAに歌ってもらうという粋なはからい(ライブではよくあるらしいですが私は初めて)を今回やっていました。

同行者曰く「飛ばすのヘタやねん」らしく(←愛のある表現)、ほとんど飛ばず、、、前のほうの男性が取ったものの、周りのお客さんから多大なるプレッシャーが。(笑)


結局大阪で歌うのは7年ぶりとなる『恋する季節』でしたが、、、ここでMISIA痛恨の歌詞すっ飛ばし。(笑)
しばらくは「ふふ~ん♪」という感じで誤魔化し(?)てましたが、ついに如何ともし難くなったのか、「ごめん! やっぱり最初からー!」とやり直し。
袖から出てきたスタッフさんに歌詞を見せてもらった後の2回目は素晴らしい歌声でした。
特に最後の長い長いロングトーンが! あれだけで歌詞すっ飛ばしが帳消しになるくらいにぞくぞくする声。

あんなに小柄なのに。あんなに細っこい身体からあれほど力強く美しく響く歌声が出るものかと改めて感動した曲でした。


ちなみにそ紙飛行機には『Everything』とか『Song For You』とかキーボード1本で歌えるバラードが書かれていたみたいです。
個人的には『Song For You』が聴きたかった・・・。



それにしてもMISIAは可愛いなぁ・・・。
あんなにソウルフルな歌声やのに、性格がすごく可愛らしいんですよ。
アンコールの『Luv Parade』だったか、一瞬曲がストップするところで舞台でつまづいたのか「あいてっ」と言ったときには思わずよしよししたくなったぐらい。(笑)

私もあれぐらい可愛らしいサーティーになりたい・・・。(←絶対ムリ)


ゆっくりと時間をかけて
2008年10月06日 (月) | 編集 |
祝 Skoop On Somebody 『Nice'n Slow Jam Night Vol.2』!!



ようやっと大阪でやってくれるのねー!(号泣)
もちろん謹んで応募させていただきますわ。
お酒はアリですか? アリですか??
(さすがにそれはムリですかね・・・)
何より道に迷わなくて済むというのが素晴らしいー!(え)



でも。
フェスじゃなくて厚生年金なのが、ねぇ。
12/22やったらまだフェスは開いてるのにー!

そもそも厚生年金ってまだ閉館せぇへんのやね。
一時期あんだけ話題になっとったのに。。。





そういえばふと思ったんですが、今年は『Live in Performance Christmas Edition』がないんですね・・・。
ひょっとしたらフェスでの最後になるかも、、、? という淡い期待があっただけに残念。



Play for You
2008年10月04日 (土) | 編集 |
Myデジカメを購入しました。

いやね、親にいちいち借りるのも面倒だし、持ってたらなんとなく便利かなぁと思って。

あと。

宅のプッチがもういい齢(11歳)なので、元気なうちにめいっぱい写真を撮っておこうかなぁと思い立ちまして。
まぁ本人(犬)は相変わらずボールを追いかけたり来客に吠えまくったり、顎を撫でられてうっとりしたりして、元気すぎるほど元気なんですけどね。

少なくとも2週に1度くらいはアップしたいなぁと。
本日はその第1弾。


20080923CIMG0034.jpg


大きなボールとプッチ。
ボールは多分近所の子供が道路で遊んでいてうちの庭に放り込んだものだと思うんですが、、、今やすっかりプッチのおもちゃに。(笑)

犬らしくボール遊びが大好きなプッチですが、この大きなボールだけはなぜか唸りながら追いかけていきます。

怒ってるわけじゃないんでしょうけどね。^^;
オッサンのくせに大人気ない・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。