社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UP & DOWN & UP(No.4)
2007年10月31日 (水) | 編集 |
Skoop On Somebody 『Nice'n Slow Jam Night』、2007年10月27日 新宿コマ公演初日レポその4です。



Club S.O.Sのステージが終わって。

TAKEさん:「次のゲストは、日本一、いや世界一、、、、、もっとでかいな。宇宙一すばらしい歌声の女性ボーカリストです。夏川りみ!!」


思わぬ大物の登場にお客さん拍手喝采!
りみちゃんはツアーの合間にかけつけてくれたそうです。
なんとまぁゴージャスなゲスト陣であることか。^^;


・・・・・。
そういえばこの3組のゲスト、全部この1年でSOSと共演してるのを見ましたわ。^^;
河口さんは3月の『White Acoustic Night』で。SAKURAさんは8月の『SOUL POWER なにわ』で。りみちゃんはつい先日の『風に吹かれて』で。
いろんな繋がりがあるもんですねー。



1曲目は、『風に吹かれて』と同じく坂本九さんの『見上げてごらん夜の星を』をデュエット。

・・・・・雨やけどね。^^;


りみちゃんの歌声は相変わらず凛と心に響いてきます。
対照的にTAKEさんのは柔らかく受け止める声で。
それが不思議と違和感なくマッチしてました。



曲が終わってからのMCにて。

TAKEさん:「りみちゃん今日の衣装いいねぇ。さっき衣装知らんと『宇宙一』って言ったけど、ほんまに宇宙やったとは。(苦笑)」


えっと、りみちゃんの衣装は白っぽい光沢のあるタイトなドレスでした。
ちょっと宇宙服っぽかった。^^;
敢えて言うならば昔大阪で開催された花博のパビリオンのコンパニオンのような。(こら)
ちょっと近未来っぽい衣装。


・・・ついでに他の人の衣装など。
TAKEさん:紫がかった濃いグレーのスーツに黒いシャツ
KO-HEYさん:黒シャツに色目の異なる黒いパンツに、いつもの黒いキャスケット
リーダー:薄いグレーのスーツに臙脂色のストライプのシャツ(シャツはもしかしたら『風に吹かれて』のときと同じ?)

河口恭吾さん:浅めVネックの黒っぽい長袖Tシャツに同じく黒っぽいパンツ(『White Acoustic Night』のときも同じような衣装だったような・・・)





TAKE:「こういうデュエットのときって、俺けっこう相手の目を見て歌うんやけど、、、りみちゃんはガン見やね」

りみ:「そう、私も目を見て歌うんですよー」

TAKE:「りみちゃんの目ぇって俺の3倍はあるから、見てたら吸い込まれそうになるねん(苦笑)」


・・・・・・。
確かにりみちゃんはぱっちりした目やけど、、、TAKEさんの3倍の大きさの目て言うたら西○き○し師匠ぐらいなのでは!?



りみ:「Skoop On Somebody10周年おめでとうございます。10年どうでした?」

TAKE:「あっという間やね。別に何にも思てへん」


それもちと淋しい。^^;



そうそう。
今年SOSもりみちゃんも、石垣島の星祭りに一緒に参加する予定だったのに、台風で中止になったという話で。

TAKE:「でも、SOSが最初に出演した年とか去年とかはすごく天気が良くて星が見えて。あのときりみちゃんはいなかったわけですよ。で、おととしはりみちゃんと一緒に参加したんやけど、そのとき台風で結局体育館かどっかでやったんよね? で、今年また台風来て中止になって、、、今日また台風が来たのはもう偶然じゃない!」

りみ:「私晴れ女なんですよー!」

TAKE:「いやいや、キャッチコピーを『嵐を呼ぶ女』とかにしたらどう?」


おいらはやくざなドラマーですか。



TAKE:「俺たちの先輩に、ものすごい雨男がいるんよ。楽屋に入った段階でもう曇ってくるという・・・」


なんか実名を伏せている意味がないような気もするんですが・・・。^^;
でも『情熱大陸』といい、『風に吹かれて』といい、最近威力落ちてるんでは?



TAKE:「そういえば前におじいちゃん(≠祖父)から聞いたんやけど、雨女って、巫女さんとかの血を継いでるんやって。だからりみちゃん、アフリカの水不足で困っている地域に俺たちの先輩と一緒に行って歌ったら、その途端に大雨が降ってくるんとちゃう?」

雨女はともかく、雨男は一体何の血を継いでるのか気になるんですが・・・。
それにしても勝手に『嵐を呼ぶ女』にされてしまったりみちゃん、かわいそうにー。^^;



でもこの段階では、まだこれから○善氏が出てくると信じてました。(笑)



No.5に続きます。。。



スポンサーサイト
UP & DOWN & UP(No.3)
2007年10月30日 (火) | 編集 |
Skoop On Somebody 『Nice'n Slow Jam Night』、2007年10月27日 新宿コマ公演初日レポその3です。




の前に。
2日目に参加した友人から聞いたんですが、2日目のゲストに竹善さんが出てきたらしいですね。
で、『amanogawa』と『sha la la』をデュエットしたらしいです。
竹善さんの『amanogawa』聴きたかった~!!

というか、、、絶対初日のあの大雨っぷりからして竹善さんが出てくるものと思ってたのに・・・。
見事に期待を裏切られました。^^;

おかしいな。
2日目はそれはもう見事な快晴っぷりで、早朝に羽田から飛行機で離陸した途端、富士山がくっきり見えたぐらい。
・・・えっと、よほど空気が澄んでないと東京から富士山は見えないんですよね?


2日目他のゲストは、初日と同じくSAKURAさんと、ASIA SunRiseの畑崎大樹さんだったそうです。
ASIA SunRiseは初耳のアーティストですが。^^;



---------------------------------------------------------------------

いつものClub S.O.Sにギター、パーカッションを加えての『碧い雨』、ちょっとボサノバっぽい気だるさが妙に心地良い曲でした。特筆すべきはリーダーの仰け反りながらのキーボード捌き!
Club S.O.Sになると音数が減るので各々の演奏が際立って好きです。

この曲実は知らなかったんですが、デビューシングルのカップリング曲だったんですね。^^;



曲が終わってバンド2人が退場し、ぱらぱらと座り始めるお客さん。

TAKEさん:「さすがですね、皆さん座るタイミングばっちりですね」


うぐ。
この後の展開(Club S.O.S)が見えているからか。^^;
皆さん慣れたものです。さすが。


TAKE:「今回ホスト的な役割をやってみてよく解かりました。今まで自分がどんなに悪いゲストだったか。(苦笑)  訊かれてることと全然ちゃうことを話し始めたり、勝手にライブを進めたり。恭吾を見て身を持って知りました。(苦笑)」


こらこら。
ま、変に大人しくて気ぃ遣ってばっかりのSOSもあんまり似合ってないような気がするので、「ほどほど」ぐらいが良いのではないでしょうか。^^;




そういえば今回何故新宿コマでライブをやるに至ったかについてのお話。

TAKE:「前々からお酒を飲みながらのライブをやりたいって思いはあって。でもジャズクラブとかだとお客さんの人数が、(キャパ的に)入らないじゃないですか」(←カミカミ)


TAKE:「・・・あー、もう!  敬語やから噛むんや!!  ・・・入らへんやんか? だからお酒が飲めてある程度人数が入るところというと新宿コマしか、、、なかったんですねー」(何故か語尾を伸ばしながら)


実は昔『We will rock you』か何かに、コマで出演したとかいう話になって。
話の流れを失念してしまったんですが(リーダーが何か言おうとして噛んだんですかね?)

リーダー:「僕のEnglishがいけてんとちゃうん?  Togetherしようぜ!」

一同:「・・・・・・・・・」

リーダー:「・・・こんなとこ(=コマ)でやりたいって言ってたのー!!」




TAKE:「言うてもいい? だから今日はめっちゃ嬉しいの!」


ほんまにこの日はメンバーが楽しそう、というより幸せそうでした。
客席から見ていてその幸せ気分が見て取れたというか。



楽しそうな客席前のほうに比べ、ちょっと後ろのほうの客席の元気がなかったのか、「後ろのほう楽しんでますかー!?」と問いかけるTAKEさん。

お客さん:「いえー!」(←さほど声は大きくない)

TAKE:「遠いやん。がっかりやー」

TAKE:「・・・じゃあもっぺん。後ろ楽しんでますかー!?」

お客さん:「いえぇーー!!」(←一部だけ異様に元気・・・?)


TAKE:「約1名だけですかね」


うーん、、、厳しい。^^;




今回のNice'n Slow Jam Nightでは構想4ヶ月に対してリハーサルわずか4日ということで。

TAKE:「KO-HEYなんか大変やったんちゃう?」

KO-HEY:「ある意味全部勝負曲じゃないですか。 誰かドラムやってみたらいいんですよ」

そ、それって職場放棄になるのでは・・・・・。
でもどの辺りが大変やったのか結局わからず。 皆平等に大変そうですけどね。^^;



TAKE:「コマの楽屋にはね、『五戒』が貼ってあって。 ほんまやなーほんまやなー言いながら見てました」

KO-HEY:「どんなん書いとったん?」

TAKE:「・・・忘れてもうたわ」


・・・・・・。
某ゲストさんのこと言われへんがなー!!


TAKE:「今日コマの神様に日本酒をお供えしたんですが、ここのエレベーター係のおっちゃんに、『神様お酒好きやから喜ぶよー』って言われて。『・・・絶対このおっちゃんそのお酒後で飲むわ』って思って。 で、『銘柄は?』って訊かれて『影虎です』って言ったら、『そうか、影虎かー・・・』」


そら絶対おっちゃん飲むな・・・。



TAKEさん:「というわけで、皆さん飲んでますかー!?」

お客さん:「(売り切れて)もうビール売ってないよー!!」

TAKE:「飲みすぎです!!」



さすがに喋りすぎなのに気付いたのか、

TAKE:「俺らのライブはいつもこう(喋ってばっかり)じゃないんですよ!」と弁解。

それを聞いてちょっとざわつく客席。


TAKE:「ざわざわしてても全然怖くなーい!」


などというトークをやっている間に、カホンに座ったままごそごそ何かをしているKO-HEYさん。(ボーカルの人の陰になっていて私の席からはよく見えず)

TAKE:「・・・KO-HEY何してんの?」

KO-HEY:「いや、靴紐結び直しててん」

TAKE:「リラックスしすぎや!!」


ま、緊張しすぎるよりかはいいかと。^^;
初日でしたがKO-HEYさんは大丈夫だったでしょうか。
あまり喋りませんでしたが。


Club S.O.Sでの曲は『if』と新曲の『アンセリウム』を演奏。
『if』のピアノのイントロがまた良くてねぇ・・・。
酔いしれました。(お酒が入ってたからかもしれんけど)

リーダーのピアノ、やっぱり好きですわ。
何かこう、情感が籠もってて。

あと、Club S.O.Sではアイコンタクトが多くて、特にKO-HEYさんはリーダーを凝と見てました。その割に視線を返してもらえてませんでしたが。^^;


そうそう!
『アンセリウム』の最後、「これでいいんだ・・・」のところでTAKEさんマイクオフ。
私の席からは、近いこともあって非常によく聴こえましたが、たぶん音響の良さからいくと、後ろの席でもしっかり聴こえたんじゃないかと思います。
いつ聴いても鳥肌もの。



No.4に続きます。。。



UP & DOWN & UP(No.2)
2007年10月29日 (月) | 編集 |
Skoop On Somebody 『Nice'n Slow Jam Night』、2007年10月27日 新宿コマ公演初日レポその2です。



SAKURAさんが退場した後、バンドが演奏を始めました。
が、何か聴き覚えのあるメロディー・・・。
もしやこれは。



TAKEさんソロアルバムの『桜』のイントロか!!



ということは・・・。

河口恭吾さんが出てきました!
おー、White Acoustic Night以来やね。
今日は緊張せんと喋れるかなぁとちょっと心配に。^^;



歌は前に生で聴いたときよりさらに良くなっていてびっくり。
もはや自分のモノにしたかのようなTAKEさんの堂々とした歌いっぷりにじーんとしました。
もちろん河口さんの語りかけるような歌い方も曲と合っていて好きですよ。
・・・とまぁ、お二人のそれぞれ異なる歌い方が楽しめる(?)『桜』でした。



で、その後のトークで、何故か河口さんに対してやたらTAKEさんが低姿勢。

河口さん:「・・・TAKEさんなんでそんなに気ぃ遣ってるんですか! いつもは『おい恭吾!』とかなのに」

TAKEさん:「いや、前会ってから3ヶ月空くとねぇ・・・」

河:「最初からやり直しなんですか!?」

TAKE:「・・・って、ちゃうねん! 今日は俺らはそういう立場なの!!」

SOSはホスト的な立場なので、ゲストに対して気を遣わないといけないという気分だったらしく・・・。
すっかりそのネタで盛り上がる2人と、それを聞いて爆笑する客席。

河:「TAKEさんが(ライブのMCで)こんなに喋るのは珍しいですよ。僕はそんなのを聞いたことがないのでなんだか嬉しいです。皆も嬉しいよね?」

た、確かにライブではそんなに喋らないかもねぇ。
ラジオとかテレビでは3人でよく喋ってるのにねぇ・・・。



で、TAKEさんから「恭吾最近何してるん?」と訊かれて答えたのが、「カヴァーアルバム(90年代のJ-POP)を出します」。

TAKE:「え、それってどんな曲が入ってるのか今言っても大丈夫?」

河:「えーっと、言えるんですけど、全部ド忘れしました!」


えー!∑( ̄□ ̄;)

自分のアルバムやろに、そんなんでええんか!?


河:「いや、今井美樹さんとか、小泉今日子さんの『優しい雨』とか・・・」(何故か女性ボーカル曲ばかり)

TAKE:「恭吾・・・。先輩として言うけど、それ忘れちゃダメ」


いや、先輩の立場でなくても普通そう思うからー!!



TAKE:「じゃあ恭吾のカバーアルバムの中で1曲選んで歌ってよ。オレはお客さんになって聴いてるから」

そうのたもうて舞台袖へ消えてゆくTAKEさん。
ぽつねんと舞台上に残される河口さん。(もちろんバンドはいましたが)


河:「・・・・・。そして一人になってしまいました」(←やや途方に暮れた感じで)


が、突然「あ」とバンドのほうを振り返り。

河:「10周年おめでとうございます」(※「ゲストに呼んでくださってありがとうございました」だったかも)

KO-ICHIROさん:「そんなん楽屋でやろうやー。(苦笑)」


さすがリーダー、現実的です。
・・・が、あんまり後輩をいじめたらんといてあげてくださいな。^^;



で、歌ったのがドリカムの名曲、『LOVE LOVE LOVE』。

・・・声高い!∑( ̄□ ̄;)
女性ボーカル曲いろいろカバーしてるもんね。
いろんな曲が歌えるってえぇなぁ・・・。



No.3に続きます。。。



UP & DOWN & UP(No.1)
2007年10月28日 (日) | 編集 |
Skoop On Somebody 『Nice'n Slow Jam Night』、2007年10月27日 新宿コマ公演初日レポその1です。




半円形の舞台に降りていた赤い緞帳が上がり、、、Nice'n Slow Jam Nightがスタート!

オープニングの2曲はカバーの曲で、アレンジがどちらもジャズ風でした。2曲目はよりスウィングを効かせたアップテンポな曲。
いきなりカバーで幕開けとはニクい演出です。
Nice'n Slow Jam Nightというだけある、、、かも? でもカバーばっかりだと辛いかも。。。と思いつつ聴いておりました。
TAKEさんジャズも歌えるんやーと感心しきり。
(でもソウルとジャズは親戚みたいなもんやもんね)


2曲終わってからのMC。

TAKEさん:「皆さん、本日は足元がめちゃめちゃ悪いところを来てくれてありがとう。台風が来てるから電車が遅れるんちゃうかとかめっちゃ心配してました」

TAKE:「でも俺たち3人晴れ男が台風をこう、さ、さ、遮ってたんで(片手で台風を遮るフリ)、大丈夫と思います。それにここ新宿コマの神様にワイロ、、、ちゃうわ、お供え物をね、奮発して日本酒を買ってきたんでー」


何故か「遮って」で異常に噛みまくるTAKEさん。
それって神様じゃなくて噛み・・・。(笑)

本当に遮ってくれていたのか否かについては、ずぶ濡れになった上にetcetc...だった私にとっては甚だ怪しく感じるのですが。^^;
なんか今年になってから、私が参加したskoopの単独ライブは雨ばっかりですよ。
誰かと一緒のときは晴れか曇りで収まるのに。。。しかもあの○善氏と一緒のときでさえ!


あと、「ワイロ」で会場大爆笑でした。
だって素で間違えかけてるんやもん!



TAKE:「今日はNice'n Slow Jam Nightということで、過激な演出は一切ありません! コマですけど、舞台は回りません!!」

さては回りたいんやろー! とお隣の方と苦笑してました。
イメージとしては『sha la la』のPVみたいな感じでー。
(あれはカメラが回ってましたが)


3曲目が『Soul'n'Roll』。そのタイトルと人気ぶりは知っていたんですが、肝腎の曲を知らず。^^;
(フォローありがとうございました!)
ライブで盛り上がりそうな、アップテンポのノリのいい曲でした。
カップリング曲も聴かんと・・・。




で。
ここで本日1人目のゲスト登場。

TAKE:「俺たちのシスター、SAKURA!!」


SAKURAさん登場!
今年のSOUL POWER なにわ以来ですね。
あのときけっこう気に入っていたので再度お目にかかれて嬉しかったです。
そのときの衣装は白いドレスでしたが、今回は、緑色の葉っぱの柄モノのゆったりとしたドレスに、カサブランカの髪飾りに裸足(!)というナチュラルさを感じさせる出で立ちでの登場でした。なんとなくハワイっぽかったです。^^;


曲がSAKURAさんの『LOVE 4 REAL』。

こ、これは、かのFM802のOSAKAN HOT 100で栄えある1位に輝いたことのある曲ではないですかっ!?
何がすごいって、全編関西弁。
「やっぱあんたしかおれへん」とかさらっと言ってみたい。
「もうやめときぃー」とか女友達に言われてみたい。


それにしても大阪っぽい曲はなぜほぼ例外なくOSAKAN HOT 100で上位にのし上がるんでしょうねー。^^;


曲中、『もうやめときぃー』で何故かじぃっとTAKEさんを見るSAKURAさん。
困ったような顔でリーダーを「あいつ、あいつ!!」と指差すTAKEさん。

この人たち擦り合ってるー!∑( ̄□ ̄;)




曲が終わってSAKURAさん。
SAKURAさん:「このホール客席がよく見えるねー、みんなTAKEのこともよく見えていいよね」

TAKE:「・・・僕は見るモンじゃないんでー」


よう言うわこのヒト。┐( ̄ー ̄)┌



TAKE:「今日は大阪から台風と一緒に来てくれたんよね? 今回このNice'n Slow Jam Nightをやるにあたって、どうしてもさくちゃんには出て欲しいと思ってて。でね、電話で直接話したりしてたんやけど、、、さくちゃんは直前までずっと梅田コマと思ってました!」

SAKURA:「そう! マネージャーに教えてもらえへんかったら絶対梅田行っとったと思う。・・・でも梅田ってTAKEが言っとった!!」

TAKE:「・・・だから僕はモテないんですよね」


いや、何も自分で言わなくても。(汗)



・・・・・・。
梅田コマだったらどれほど良かったか。
道はわかるし、ストラップが千切れることも大雨に打たれることも、コケてでっかい青たん作ることもなかったやろに・・・。

※ちなみに現在梅田コマは「梅田芸術劇場」に名称が変わっております。




TAKE:「こんなこと言ったら怒られるかもしれへんけど、もし僕が女やったら、こんな力強い友達欲しいわ」

SAKURA:「え、そんなん言われたことないでー」

TAKE:「え、なんで? お説教とかして鬱陶しがられるん?」

SAKURA:「ううん、逆。お説教されるねん」


説教される側かい!!∑( ̄□ ̄;)


「背中で泣きながらごはん作ってるときに書いた」という若干怪しげなのが次の曲。
SAKURAさん単独で「だいじょうぶ」。

TAKE:「みんなで元気になろうなー」(←しんみりと)

TAKE:「・・・て、どんなに元気ないバンドやねん!」


『だいじょうぶ』、えぇ曲でした。
押し付けがましくなくしみじみと「うん、なんとかがんばるわー」という気分になれる曲。
これは本格的に聴いてみんとー。



「皆さんの幸せを祈っています!」と最後に言い残してSAKURAさん退場。
本人もチャーミングな方で、SOSとの縁が深いこともあって、お客さんも大喜びでした。
TAKEさんとのトークの息がぴったりなのもすごく良かった!(言葉が近いからかも)



No.2に続きます。。。



快晴!
2007年10月28日 (日) | 編集 |
20071028064907
昨日の嵐が嘘のように晴れ上がってます。
今日のライブはゲストが違うんかもねー。^^;
UP & DOWN & UP(No.0)
2007年10月27日 (土) | 編集 |
Skoop On Somebody『Nice'n Slow Jam Night』新宿コマ公演初日、終わりましたっ!!
オトナのムードたっぷりまさしく"Nice'n Slow"なライブでした。
ライブ自体の楽しさはもちろん、超豪華ゲスト3組の登場でさらにテンションアップ!
大変な思いをして(涙)大阪から行った甲斐がありましたわー。




で、カバー曲の曲名がわからないのですが、セットリストもどきなど。
ゲスト名を書いてますので明日初参加の方はネタバレにご注意くださいませー。









*セットリスト(もどき)*

『(カバー曲)』
『Can't Buy Me Love』 (The Beatles)  ※ご協力ありがとうございました!
『Soul'n'Roll』  ※ご協力ありがとうございました!


~with SAKURA~
『LOVE 4 REAL』
『だいじょうぶ』  ※SAKURAのみ


~with 河口恭吾~
『桜』
『LOVE LOVE LOVE』 (DREAMS COME TRUE)  ※河口恭吾のみ


『碧い雨』 [Club S.O.S + Guitar, Percussion] ※ご協力ありがとうございました!
『if』 [Club S.O.S]
『アンセリウム』 [Club S.O.S]


~with 夏川りみ~
『見上げてごらん夜の星を』 (坂本九)
『涙そうそう』  ※夏川りみのみ
『's Wonderful』


『(カバー曲)』
『ama-oto』
『君なき日々』

~encore~
『Nice'n Slow』
『sha la la』


内容間違えてたらごめんなさい。^^;


いやはや、ゲストが多いのなんの。
逆にオリジナル曲が少なくて、前の"Best Hit S.O.S"とはまた一風変わったセットリストですね。
しかも比較的マイナーな曲が選ばれてたりして。
『sha la la』についてはもはやノーコメントで。(笑)
今年一体何回目やろう・・・。


今回ホーンセクションが入ってまして、その殆どのアレンジを佐藤五魚さん(キーボードで参加)がやっていらっしゃったそうです。
ジャズテイストがぷんぷん香る、見事にツボヒットなアレンジでした。



明日初めて参加される方は、ぜひお酒を楽しみながらどうぞー。
でも今日はビールが売り切れたみたいなのでお早めに。^^;






そうそう、出口でおみやげをもらいました。

200710272237000.jpg


なんと、メンバー3人のメッセージ付きカード!
なかなか粋な計らいで嬉しいです♪
(ちなみに裏には何も書いておりません。(笑))



笑うしかない。
2007年10月27日 (土) | 編集 |
さっきの記事の後、階段で盛大にコケまして。左膝にでっかいたんこぶができてしまいました。(笑)
歩くのが辛いです。。。


いやぁ、、、こんな凄まじい厄日も珍しい。
おとなしく大阪におったほうが良かったかなぁとちょっと後悔しております。


が、白ワインを買ってきてテンションUP! 飲むでぇ~!!


ショックなこと。
2007年10月27日 (土) | 編集 |
ヘリが墜ちました。。。

テレビの速報を見て心配した課長が送ってきたメールを見たとき、冗談でなく口から心臓が飛び出すかと思いました。
私が大阪を空けているうちにそんなことになっていたとは・・・。




いや、それはさておき、ただいま最悪の気分です。
大雨と大風で、まるで服を着たまま洗濯機の中に飛び込んだみたいな格好。
しかもわたわたしているうちに携帯電話のストラップを何かにひっかけてしまい、遂に千切れてしまいました。(涙)


とりあえずコマが開くまで近くのお店で服を乾かしときます。。。

東京は雨。
2007年10月27日 (土) | 編集 |
これから東京へ行ってまいります。
なんとか飛行機は飛んでいるみたいですが、現地はやっぱり天気が悪いらしく。無事今日が終わりますようにー。^^;




SOSオフィの日記でおとついTAKEさんが書いてた花。
20071027112704

“ランタナ”です。和名は“七変化”。
その名の通り、一つのぽんぽんの固まりの中にそれぞれ色の違う小さい花が咲く不思議な花。

でもこないだ全部小花が真っ白のランタナを見かけました。
白いランタナもなかなか綺麗です。

葉っぱの鮮やかな緑もお気に入り。


ではひとっ飛びしてきます。

傘を捨てて
2007年10月26日 (金) | 編集 |
明日Skoop On Somebodyの『Nice'n Slow Jam Night』へ行ってまいります。


が。



台風てなんやねんー!!∑( ̄□ ̄;)



ついに晴れ男集団の名を返上して台風男集団となるのか!?


冗談はさておいて、ライブはちゃんと開催されるんでしょうか。^^;
ちょうど台風が東京に再接近する時間帯がライブ中ぐらいなんですけどっ!

・・・というか、それ以前に東京に無事辿り着けるんだろうか。
(飛行機なのでー)




本当なら東京でゆっくりしたいところなのですが、、、実は翌朝一番の便で大阪に帰ってきて午後から別のコンサートへ行ってきます。(笑)
こちらはクラシックなんですけどね。
本当はこっちのほうが先に決まっていたんですが、すっかり失念したまま東京行きを決めてしまい、後で気付いてさすがに顔色を無くしておりました。(汗)



・・・ま、それもこれも台風を無事遣り過ごせない限りは水の泡なわけですが。^^;



台風さん、できる限り陸地には近づかないでー!(懇願)



冬の名物。
2007年10月25日 (木) | 編集 |
さっき見ていたテレビで。

「大阪では何でもかんでもポン酢をかけまくる」というネタがありました。
お寿司とか揚げ物、ひいてはたこ焼きまで。


うーん・・・・・・。

大阪で生まれ育ってこのかた、そんなものにポン酢をかける人を見たことがありません。
そしてお寿司屋さんでポン酢を置いてあるのも滅多に見かけません。

そんなにいろいろかけてますかねぇ?
確かに大阪はポン酢の使用量が多いらしいですが。

我こそはコテコテの大阪人や!という方、フォローをお願いいたしますー。(泣)



我が家でのポン酢の使い道といえば、鍋料理やその後に作る雑炊はもちろんのこと、焼き魚やホイル焼のような魚料理に、冷奴とか焼き椎茸とか、、、あ、今日食べたイカ焼売もポン酢で食べました。^^;
基本的に醤油の代用として、ちょっとさっぱり食べたいときに使うことが多いような気がします。

あと、揚げ物だったら豚カツをおろしポン酢で、というのも好き。
油っぽさがぬけてさっぱり食べられます。


余談ですが、温めたたっぷりの豆乳にごはんを入れて炊いたもの(雑炊?)にポン酢をさっと入れると美味しいですよ。
(謎の化学反応を起こしてちょっと固まりますが。(笑))





ぼちぼち鍋もんが美味しい季節ですなぁ。
てっちり食べたい。。。



お仕事するひとびと。
2007年10月24日 (水) | 編集 |
今日モバで公開されていた『The Gospellers Works』のジャケット、、、もんのすごいツボにクリーンヒットしたんですけどっ!!
これは、、、5人でお仕事してるんですよね? 小さすぎてよく見えん。orz
右端の人は「やってられるか!」と大量の書類を投げ飛ばしてるんですかね。(こら) 
そして左の2名がゴスペラーズじゃない人に見えます。。。


カッコ良く(?)澄ました写真が多い中で、相当お茶目なジャケットですね。
これは、、、いっそジャケ買いか!?
よくよく見れば聴いたことない曲も多いし。

なぁんてすっかり掌を返してしまいましたが。^^;



・・・でもやっぱりオリジナルのアルバムも出して欲しいわけで、ちょっと微妙な心境です。




嗚呼スーツフェチ・・・。
(ネクタイ必須)




闇の物語。
2007年10月23日 (火) | 編集 |
昨晩のこと。


なぜか隣で母が寝ていて、具合の悪い私をなだめるかのように優しく肩をとんとん叩いてくれていたんですが、その手が次第に私の首に伸び、、、ぐっと絞めつけ始めました。
無機質にぎゅうぎゅうと締め付けられる私。



何すんの!?



と叫ぶ力もなく意識が遠のいていき・・・・・。







はっとして目が覚めました。





・・・夢?


そばに置いてある時計を見ると、寝てから30分も経っておらず。
ということは、、、金縛り?






・・・大学受験生だったころ、実は時折金縛りに遭ってました。
最初のときは、それはもう怖かったですよ。
自分の部屋のドアが音もなく開き、誰かがベッドで寝ている私のそばにやってきて、布団の上からぎゅうぎゅうと私を押さえ付けるという内容でした。
それも実際に見えているわけじゃなくて、「誰かに押さえつけられている」という「感覚」があるだけ。
いくら一所懸命全身をばたつかせたり、指先を動かしたり、声を出そうとしても身体が全く言うことをきかなくてねぇ・・・。

始めの数回は怖ろしくて毎晩寝るのも厭だったんですが、そのうち慣れてきて「あー、また金縛りかいな。めんどいからほっとこ」という境地に。^^;



それにしても、なんで金縛りのときってあんな怖い夢(幻覚のようなものらしい)を見るんでしょうね?
迷惑千万ですわ。。。(涙)



※母と私が不仲というわけではありませんのでー。念のため。(笑)



床とお友達
2007年10月22日 (月) | 編集 |
昨晩遅くに突然ひどい腹痛に見舞われまして。^^;
大事を取って今日は休んで床に臥せっておりました。



が。

なんか顔面が痛い。。。
しかもなんだか熱っぽい。。。


もしや風邪?

日頃の不摂生が祟った?
それとも仕事場で咳をしていた同僚たちからもらってきた??



むぅ、、、週末の東京行きまでには治さんとー!




先週あたりから急に寒くなりましたので、皆さんもどうかお気をつけくださいね。



笑う門には・・・
2007年10月21日 (日) | 編集 |
突然母に「仕事しすぎぃなや」言われました。^^;

どうやら、私と同じ(というか兄とも同じ)SEをやっている義姉が、毎晩遅くまで仕事をしていて体調を崩してしばらく仕事を休むらしく。。。



ま、適度に手を抜いてるんで(こら)大丈夫やろと思いつつ。
でも仕事は待ってくれないし、慢性人手不足のうちの職場では、誰か1人が1週間いなくなるだけでも上を下への大騒ぎであり、、、さりとて人間らしい生活(=休み)を送りたいとも思ったりするわけで、なかなか心苦しい今日この頃。



実は今年度末に、久しぶりに大きな仕事が入りまして、年末頃からかなり忙しくなりそうです。

3~5月は地獄か・・・。(涙)



愛は眠れない。
2007年10月20日 (土) | 編集 |
本日10/20は「リサイクルの日」だそうな。




今更ですが、12日に放映された、ゴスペラーズが出演していた『Re:MTV』の話など。


衣装は全員グレーのスーツに薄いラベンダー色のシャツ、白いチーフ。
シャツはひとりずつちょっと違うかも。
今年のプロモ用の衣装なんかな?




酒井さん、一体何のドラマを見て泣いたのか激しく気になります。。。
普通に月9のドラマだったりしたらどうしよう。(笑)


自らを家電にたとえると『卓上掃除機』の安岡氏。
質問されて非常に焦ったらしく(予め聞いてなかったんですかね?)、「デビューしてからの13年間が無駄になった」と言ってしまうほどの狼狽っぷり。^^;

終いには「お客さーん♪」と客席に手を振ってごまかしたり。(汗)


・・・そういえば物を出したら片付けないと気がすまないって何かに書いてましたたっけ。

あー、、、絶対私は一緒には暮らせんなぁ。。。(←暮らせへんちゅうに)




リサイクルのコーナーでは、黒ぽん所有の恐竜図鑑を観覧の方に差し上げることに。
あ、相変わらず恐竜好きなのね。^^;

自分を恐竜にたとえて一体どの辺りが肉食恐竜なんでしょうか。
実は凶暴だとか!?




一所懸命新曲のプロモーションをする安岡氏を遮ってリーダー:「すごい汗かいてるね」。
その汗かきっぷりを「コレコレ」と嬉しそうにリーダーが指差す先を、いろんな角度から覗き込む北さん。

仕事サボったらいかんがなー!(違)



そしてトーク中ぴっちり足を閉じて座っている酒井さんにちょっと微笑してしまいました。^^;
マイクを持つ手と逆の手の置き方が女性っぽかった。。。(こら)




番組最後、見事恐竜図鑑を手に入れたお客さんが収録後に楽屋へ直接受け取りに(!)来た後、満面の笑みで手を振って見送るメンバー。



うらやましー!!



どうにも止まらない。
2007年10月19日 (金) | 編集 |
朝、目が覚めたら。


9時半。




・・・・・・・・・・・・・。


遅刻やがなー!!∑( ̄□ ̄;)





とはいっても、自分の会社に行かずにお客先に直接出向くので、多少遅れてもなんとかなるのですが。(※良い子はマネをしてはいけません)



・・・が、雨がざあざあ降ってるし、異様に眠かったので結局午前休みにして惰眠を貪りました。^^;
こんなとき、比較的休みが取り易い業種なのがありがたいです。



それにしても今日はよう降りました。
ここまで降ってると出かけるのも億劫になりますねぇ。
どこかの南の国みたいに、雨が降ったらお休みで~♪ に、、、なるわけないわな。(涙)



弱肉強食。
2007年10月18日 (木) | 編集 |
今朝の朝刊を読んでいると、記事の見出しに踊る『土地カン』の文字。


・・・・・・。

漢字では『土地勘』と書かれる場合が多いですが、正しい表記は『土地鑑』ですね。
後者で書くと理解されにくいからカタカナで書いてるんでしょうか。

それにしても、テレビならまだしも、新聞や小説みたいに校正が入るものに『土地勘』と書いてあるのはいかがなものかと。。。
そもそも"勘"の一種じゃないしねぇ。


でもいつかはこれが正しい表記になるのかも。



大遅刻。
2007年10月18日 (木) | 編集 |
ようやく買ってきました、ゴスペラーズ『It Still Matters ~愛は眠らない』。
今までこんなジャケットってなかった(ような気がする)ので、お店で「ない! ないっ!!」と必死で探してました。^^;

普通にニューシングルの棚に置いてあった・・・・・。(涙)

ジャケ裏下にいる酒井さんがまるで腕立て伏せをしているようです。。。




初聴き、思っていたより爽やかでした。


そして『言葉にすれば』ってこんな変(!)な和音でしたっけ。
そればっかりが耳に残って『It~』のほうの印象が薄らいでしまい。。。(こら)
どちらかというと壮大な感じがする『言葉にすれば』のほうが好きかな。


カップリングでもう1曲入れてくれたらよかったのになぁと思うのは私だけでしょうか。




ZOOCOとRUICAのラブゾーン、仙台でもやるみたいですね。
なぜに北国ばっかり・・・?



It's All In Your Mind!(No.4)
2007年10月17日 (水) | 編集 |
風に吹かれて@大阪万博記念公園 レポその4です。



暗くなってきた頃に絢香ステージへ。


♪『三日月』
♪『Why』
♪『WINDING ROAD』 with コブクロ



おぉ、生『三日月』!
なんというか、どっしり来る歌ですね。
聴く者を圧倒する迫力。

後はコブクロとの『WINDIG ROAD』。
ちょっとだけアカペラの部分が重厚で好きです。
あんまり聴いたことがないんですが、もしや最高音を歌っているのは小渕氏なんですかね?(違う曲かも)
おぼろげに吃驚した記憶が・・・。


2曲目が終わった後のMCで。
「汗だくなのわかる?」と自分のおでこを指し示す絢香ちゃん。

・・・汗が玉になってるよ!!
言うとくけど、会場めっちゃ寒いねんで?
まさに熱唱。



会場にいる人の多さに「あんなとこまで(人が)おんねんで!?」と驚いてました。
た、確かにあのときは多かった・・・。
緑色の芝生と黒山の人だかりとのギャップが。^^;



トリはもちろんコブクロ。

♪『Million Films』
♪『潮騒ドライブ』
♪『三つ葉のクローバー』 with 馬場俊英
♪『あなたと』 with 絢香
♪『蕾』
♪『蒼く 優しく』(新曲)
♪『ストリートのテーマ』 with お客さん
他?



ほっとんど曲がわかりませんでした。(こら)
コブクロの出た街に住む人間なのに・・・スミマセン。

代わりに大爆笑MCの一部分など。


・小渕氏、ジーパンの上に短いキルトのような衣装(名前がわかりませんorz)を着用して登場。


黒:「・・・自分何バスタオル巻いとんねん」

小:「なんで水泳の着替え中やねん! お洒落巻きや!!」


お洒落巻きって、、、何?
エプロン??



・何の曲か忘れたんですが、小渕氏のファルセットがなかなか良かった曲の後のMCにて。

黒:「いやー、今の(曲)良かったんちゃいます?」

小:「・・・」(←何か突っ込んでましたが失念)

黒:「言うな! 俺がテンパってたこと言うな!!」


リハーサルで、黒田氏セッションのコーラスでテンパっていたらしく、、、


黒:「最悪大阪走り回って、コーラスから解放された頃に帰ってこようかな思ってたわ」

えっと、、、竹善さんブログによれば、頭から煙が出るくらいテンパってたらしいですね。^^;



・唐突に。

小:「クロやん!!」

クロやん:「何やそれ! そんな呼び方今までせぇへんかったやん! なんかパーヤンみたいや」

なぜか突然「きっと君は来ない~♪」と歌ってすぐやめるクロやん。

小:「ちゅーとはんぱやなぁ」


『ちゅーとはんぱが大嫌い』ですか?(笑)



・遠い地

黒:「ピクニックエリアの一番後ろぐらい、東大阪(市)まで行くんちゃう?」(※10キロは離れていると思われます)

小:「なんでや!」

黒:「どんだけー!?」


時事ネタありがとうございます。^^;
(でもあんまり知らない・・・)



・馬場さん登場で。

小学3年生みたいな笑顔を披露する馬場さんへ黒田氏。

黒:「馬場さんやのにアントニオ○木みたいな顔やがな!」



・何の話か忘れたんですが(たぶん絢香が楽屋で緊張せずにのんびりしてたという話の辺りかと)、黒田氏が何かボケをかましたところで。

小:「今日家帰ってお茶碗洗ってるときに"クス"って思い出し笑いしそうやなそれ」

黒:「いま、今笑ってほしいねん!!」

もうひとつ、「家に着いてドアを開けるときに思い出してクスっと笑う」バージョンもあったんですが、こちらも前後の流れが不明です。^^;
話の展開が早すぎ!!(笑)



・『あなたと』制作秘話。

小:「曲作るとき、絢香がピアノ弾いて俺がギター食べて黒田が・・・」

黒:「俺が弁当食うてたんや!」


えぇと、、、小渕さんはギターを弾いてたんですよね?
素で間違えたんかわざとボケたんかわからん・・・。


小:「黒田に『曲名どうするー?』って聴いたら、『なんでもえぇよー』って」

黒:「『ガリガリくん』でも良かったやんなぁ」(←うろ覚え)

小:「・・・お前河内長野まで走って来い!!(怒)」


そ、そんなローカルな地名を言わなくても。^^;

えー、、、河内長野とは、大阪の南部、奈良県と和歌山県に接する市でございます。
最近大阪のベッドタウンとして著しく人口が増えている地域でもあります。



・初披露だった『蒼く 優しく』が無事終わった後のMCにて。

小:「よがっだなぁクロダよぉぉー!!」

黒:「シングルいきなりやるのやめようやー」

いつかはやらなあかんねやから、まぁ練習のつもりでやってくださいな。^^;





んー、、、細切れにしか覚えてません。^^;
コブクロのマシンガントーク(?)はまるで若手漫才師のようでした。
面白さが伝わらず申し訳ない。。。


コブクロステージ途中でNANIWA EXPの清水興さんを紹介してました。
ちょこっとベースソロをやってたんですが、、、その指捌きにうっとりでした。
カッコ良かった!!

それにしてもコウさんがコブクロの第2の生みの親のようなものとはびっくり。
いろいろ縁があるものなんですね。。。



最後、全アーティスト揃って『風に吹かれて』とTHE BOOMの宮沢和史氏を招いての『風になりたい』。
宮沢さんもサプライズゲストになるのかな?
実は不勉強で存じ上げず、、、申し訳ないです。。。



『風になりたい』で太鼓を肩から下げて叩いていた小渕氏。

小:「お弁当売りではありません!」


言われるまでそんなん思えへんかった・・・・・。







これにて終演ですが、秋らしくしっとりした野外イベントでしたね。
真夏に思いっきり盛り上がるのもいいけど、落ち着いたイベントも味があるものです。

コブクロがメインなので、ほとんど知らない私には若干試練でしたが、『ストリートのテーマ』で小渕万博・黒田万博左右に分かれて歌うのもムキになったりして楽しかったです。^^;


今年出演4回目のSOSの出番が少なかったのは、、、まぁ忙しいということでー。(ほんまか!?)
バンドってイベントでは使いにくいんでしょうね。^^;
今年のSOUL POWERのときは2バンドのひとつとして出ていたのであんまり気にはならなかったんですが、バンドの入れ替えが大変ですし。。。(去年のSOUL POWERみたいに)

あ、でもTAKEさんは終始にこにこしてました。
ステージ上であれほど笑顔を振り撒いていたアーティストは他にいませんでしたよ。
「何かえぇことあったん!?」と言いたくなるくらい。(こら)

きっと舞台に立つのも「えぇこと」なんでしょうね。





来年も万博公園へいらっさい!!





おしまい。



It's All In Your Mind!(No.3)
2007年10月16日 (火) | 編集 |
風に吹かれて@大阪万博記念公園 レポその3です。


再びサイドステージ。

♪『さようなら ありがとう』 by 夏川りみ,小渕健太郎
♪『涙そうそう』 by 夏川りみ(三線),KO-ICHIRO(キーボード),KO-HEY(カホン)
♪『見上げてごらん夜の星を』(坂本九) by 夏川りみ,Skoop On Somebody
♪『アンセリウム』 by Skoop On Somebody(Club S.O.S)
♪『茜日和』(新曲) by ババコブ(馬場俊英,小渕健太郎)


出てくるなり「ピクニックエリアの皆さん、楽しんでますかー!?」と小渕氏。
が、返事を待たずして「僕には聞こえましたよ!」と。

おいおい、まだ誰も何も言うてへんからー!



で、小渕氏謹製の『さようなら ありがとう』でしたが、、、あいにくこのとき寒さに耐えかねたためお花摘みタイムを取っておりまして。^^;
ほとんど聴けておりません。申し訳ない。(汗)


戻ってきたのが『涙そうそう』の途中。
やっぱり名曲ですね。りみちゃんの澄み切った歌声が身に沁みます。
彼女が弾く三線もとても良かったです。
ちょっと乾いた音が音楽によく合ってました。


TAKEさんが登場し、、、「皆さんしんみりした気分になってきたと思いますが、、、これからもっと淋しくさせます。(笑)」と。

TAKE:「大丈夫? 寒くない?? えー、各自自分であっためてください」



・・・・・・・・・・。

あっためてくれへんのんかい!!( ̄□ ̄メ)

夕方になって、こちとらかなり冷え込んできたっちゅうに!

これにはさすがに「あっためてー!」という声もちらっと出てました。(笑)
同感同感。


曲は坂本九の名曲、『見上げてごらん夜の星を』。
リハーサルで気分が出なかったそうな。^^;
・・・そら昼間にやっても星は見えへんわなぁ。
しかも雲ってたし。

もしかしたら石垣島の星祭用やったんかな?


リーダーのピアノが好演でした。
何か壮大なものを感じさせる演奏で。


続いてSOS単独で新曲の『アンセリウム』。
フルで聴くのは初でした。
いっそうしんみりしました。。。(笑)



・・・って!
SOSこれで終わりなんかい!!

後で出てくるんかなぁと思いきや、残り絢香とコブクロだけだというのにそんなはずもなく、、、敢え無くSOSステージこれにて終了。


おい。
キミら一体何しに大阪帰ってきてん。
お好み焼き食べに来たついでか何かで出演したんかい!!(こら)


こうなったら2週間後は覚悟しときぃやー。
えぇライブやれへんかったらいてこましたるどー!






・・・ごほ。
大変失礼いたしました。


SOSが引っ込んで登場したのはこのお二人。


馬・小:「ババコブで~す!!」



・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・。


何の漫才?(・ ・ ;




小:「寒いでしょう? 大丈夫??」


だ、大丈夫じゃありません・・・。orz
隣の人のうっすら体温がとかなんとか言ってましたが、それどころじゃなく寒かったです。


また今年も当然のように新曲を作ってきました、というのが『茜日和』。

小:「この曲作ってたときにね、馬場さんが30分ぐらいじっと考えこんでて。で、僕は一人でどんどん作ってたんです。ふと馬場さんがコーヒーを片手にやってきて、『どんな感じ??』って言うんですよ!」

えーっと、一応「共作」なんですよね? ね??
実は主従関係だとか、、、大丈夫?



No.4に続きます。。。



なんとなくお知らせ
2007年10月16日 (火) | 編集 |
本日FM COCOLO 11時半頃からゴスペラーズ年少組がコメント出演だそうな。
近畿圏の方はぜひー。


仕事の都合でシングルフライング無理そう。。。(泣)


It's All In Your Mind!(No.2)
2007年10月15日 (月) | 編集 |
風に吹かれて@大阪万博記念公園 レポその2です。



竹善ステージの後はサブステージへ移りまして。
「はいさい~!」と元気に沖縄コンビ、金城綾乃さんとりみちゃんが登場。
沖縄弁での挨拶は全く解かりませんでした・・・。orz


♪『未来へ』 by 金城綾乃,夏川りみ
♪『長い間』 by 金城綾乃,小淵健太郎


本来Kiroroは2人揃っての出演予定だったのが、相方は沖縄で子育て中で今回見送りとのこと。

2曲ともKiroroの代表曲。おー、、、なんとも懐かしい。
やっぱりえぇ歌ですわー。
女性パートを歌う小渕氏はかなり大変そうでしたが。^^;

あ、でも間奏のブルースハープにはやられました。
ぐっと来ましたよ。



MCでは綾乃さんのほんわかした人柄が窺える一言が。

綾:「りみちゃんはほんとお歌が上手ですねー」

綾:「小渕さんはほんとに優しい方なんですよ」


・・・が。

小:「まるで『優しいだけの男』じゃないですか!!」

ナイスツッコミ。^^;




私がいたブロックはちょうどサブステージの真正面でして、舞台上もけっこう拝むことができました。
ありがたやありがたや。

地面が後方に向かって下がってたんで、一所懸命背伸びせなあきませんでしたが。^^;




メインステージに戻って、次は松たか子。

♪『(不明曲)』
♪『みんなひとり』 with 竹内まりや
♪『元気を出して』(薬師丸ひろ子) by 竹内まりや,素敵な男性コーラス隊(竹善,TAKE,コブクロ)
♪『明日、春が来たら』


松嬢の歌も実は聴いたことがなく、「本業は女優さんやんなぁ。。。 なんで!?∑( ̄□ ̄;)」という印象だったのですが、、、意外や意外、なかなかきちんと歌える方でした。
音程もほとんどぶれないし。
女優さんとしての素養からか、歌の表現力もそこそこあるし。
若干きちんとしすぎる感もありましたが、今後の成長に期待かなと。(何をえらそうに^^;)


去年はサイドステージでちんまりちんまりやっていたのが、なんと今年は広いステージで歌うことができました!と嬉しそうにMC。


松嬢:「でもこんな広い舞台では淋しいのでゲストを呼びたいと思います」

ドラマ(たぶん『役者魂!』)に出演したときのご縁でーというと、会場からどよめきが発せられ、、、(近くで「キ○タク!?」という声がしてました。^^;)

「ん? ん??」と妙に溜める松嬢。(何かかわいかったー)

「女性の先輩として尊敬してます」との発言にお客さんがさらに微妙な反応をし、、、
「・・・うちのお母さんじゃないですよ?」と言ったり、どうもその反応を楽しんでいる松嬢、腕時計に目を遣り・・・


松嬢:「ただいま16時25分。皆さんにとっては忘れられない時間になると思います。竹内まりやさんです!!」


!!

・・・3万人でいっぱいになった会場が震撼しましたよ。


これか!
予想不可能なゲストって竹内まりやさんやったんかー!!

・・・・・。
そら予想不可能だわ・・・。
まさかまさか、こんな大物が出てくるとは。


『ステキな男性方』のコーラス隊も若干緊張気味でまりやさんと握手してました。^^;
(↑畏れ多くてハグまではできないと見た)
なんだか後光が射してるように見えましたもん。


ま:「こんなゴージャスなバックコーラスの方々と一緒に歌えるなんて光栄です」

松嬢:「わ、進行まで任せてしまって申し訳ありませんー」



・・・と恐縮するのもごもっとも。
野外イベントは27年ぶりという竹内まりやさん。
これがどれほど稀有な機会であることか。


はぁぁぁ、目と耳を充分に楽しませていただきました。
おおきに『風に吹かれて』!



No.3に続きます。。。



It's All In Your Mind!(No.1)
2007年10月14日 (日) | 編集 |
風に吹かれて@大阪万博記念公園 レポその1です。



14時半の開演と共に出演者全員がまず舞台に登場。
バンドに合わせて全員で歌っていたんですが、あいにく曲名がわからず。^^;
なんとなく馬場さんの歌かなぁと。
ちょっと早口言葉っぽい歌でした。(こら)


次に、男性アーティスト(佐藤竹善さん、馬場俊英さん、SOS、コブクロ)のみでもう一曲。
犬が~ とか 鳥が~ という歌詞がありましたが、残念ながら曲名がわからず。(ゴメンナサイ)



トップバッターの馬場俊英さんステージ。


♪『明日へのフリーウェイ』
♪『スタートライン』 with 金城綾乃(Kiroro),小渕健太郎
♪『ロードショーのあのメロディ』
♪『君の中の少年』 with おっさんコーラス,お客さん


『スタートライン』の間奏では綾乃さんのピアノ、バンドのソプラノサックスの熱演がナイスでした。
特にソプラノサックスはこの後もことある毎に活躍して、音楽にスパイスを与えてました。
やっぱりサックスには華があるなぁとつくづく思う次第です。


MCでは「(3万人の人が集まって)すごい景色です。ありがとう」と。
トップバッターにも関わらず、「長丁場なので座ってください」としょっぱなから気を遣ってくださいました。
・・・なんせ5時間もあるからねぇ。^^;
さすがにずっと立ちっぱなしは辛いので、遠慮なくお言葉に甘えさせていただきました。


『ロードショーのあのメロディ』では、曲の終わりのほうで突然SOSの『sha la la』に酷似した歌詞が。
「え、えっ!?」と思っていると、どうもほんまに『sha la la』っぽい・・・・・。
それが、他の出演者さんの代表曲の歌詞をそれぞれメロディーに載せて歌っていると気付いたのは絢香の『三日月』。^^;
替え歌ならぬ『替え曲』ですな。(笑)


馬場さん最後の曲の前に「お客さんも拍手や歓声をこのもみじ川広場の芝生の下に眠らせてください」ということで、『君の中の少年』をおっさんコーラス隊とお客さんと一緒に歌いました。
お客さんはサビをお願いします、ということで、歌の前に二回ほど練習を。
お隣さんの完璧さに打ちひしがれながら歌いました。^^;

馬場さんは今まで全くチェックしておりませんで、実はかなり心配でしたが、耳に馴染みやすいちょっとノスタルジーを感じさせる歌を作って歌われるようで、なかなか好感が持てました。
「少年」とか「青春」がテーマの曲が多いのかなぁと。(違っていたらごめんなさいー)





さて、二番手は大御所佐藤竹善さん。


♪『サヨナラ』(GAO)
♪『とことわの歌』 by 夏川りみ,佐藤竹善
♪『Maybe』(Sing Like Talking)
♪『sha la la』 by SOS,佐藤竹善
♪(不明曲) with SOS
♪『La La La』(Sing Like Talking) with SOS,黒田俊介


・・・氏は出てくるなりこんなことを言いました。

竹:「僕は雨男なんですが、、、今日は(晴れ男の)Skoop On Somebodyがいるので大丈夫だと思います」



そんな他力本願なー!!∑( ̄□ ̄;)


このとき(というか開演中ずっと)空は厚い雲に覆われてまして、青空も太陽の光も見えない状態でした。
晴れ男VS雨男の対決は引き分けだったようです。


結果:「くもり」


・・・まぁ、雨が降らなくてよかった。^^;
それにしても竹善さん、今年は大阪の野外イベントで猛威を奮っていないようで意外や意外。



まずはりみちゃんがゲストで、竹善さん提供の『とことわの歌』をデュエット。
竹善さんの言い草は以下の通り。

「彼女の歌声を聴くといつもメロメロになります。なんかね、気の利いたスナックにいるみたい」
「一家にひとりほしいね、『夏川りみ』」

い、癒されるやろうけど、、、歌だけデスカ!?


曲が終わってから「ママー!!」といってハグしてました。^^;

なんか字面だけ追ってると危ない人みたいだ・・・。


SLTの『Maybe』は古き良きソウルを感じさせる佳曲でした。
竹善さんやっぱえぇなぁ・・・。
1年ぐらい前にたまたまテレビで歌っているのを見て触手がぴくっとしたんですが、これはSLT共に本格的に聴いてみる価値はあるかも。

穏やかそうな外見とは裏腹に力強く歌い上げる表情も良いです。



次にSOSを呼び込んでの『sha la la』最初アカペラバージョン。


・・・・・またかい!!


今年に入ってからライブ・イベントで6回目ですぜ!?
もう飽きました。。。
TAKEさんが歌詞間違えしそうで無駄にドキドキするし。


あ、でも2番竹善さんが歌っていたのはかなりハマっていたと思います。
『Amanogawa』ついでにいっそ乗っ取ってまえ!(こら)


曲の終わりになぜか向かい合って見つめる二人。

TAKE:「My Brother~ 竹善兄チャン~♪」

竹:「My Brother~♪」

竹:「I Love You~!!」


がしっと抱き合うオッサン男二人。
妙に笑えました。^^;
SOSオフィシャルの裏日記にも写真が載ってましたが、ほんまに仲良いですね。
アーティストとしても互いに尊敬し合っているのがよく窺えます。


もう一曲「ここからアフリカに行っていただきます」と紹介された、パーカッションをふんだんに使った曲と、『もう一人の太陽の塔』(by 竹善氏)黒田さんを招いての『La La La』。始まりがちょっとだけアカペラでした。

歌が上手い人ってえぇなぁ・・・。(嘆息)



(おまけ)

黒:「・・・って言ってる間に雨降りそうなんですけどねぇ」


なんか現実になりそうで怖い・・・。orz



No.2に続きます。。。



It's All In Your Mind!(No.0)
2007年10月14日 (日) | 編集 |
夜遊び『風に吹かれて』より帰ってまいりました。


いやぁ、、、もう満腹ですよ。
セッション! セッション!! セッション!!!の大嵐。
アーティスト単独でよりセッションのほうが多いんじゃなかろうかというぐらいの大セッション大会でした。


殆どのアーティストさんの曲がわからない状態で行ってしまい、セットリスト・レポもどき等々(それも網羅は無理)は整理してからまたアップするつもりなので、とりあえず開演までの徒然など。



まず。


「万博公園自然文化園の入場料がチケット込みじゃない」


にやられました。

でもよくよくチケットを見てみればちゃんと書いとるしー!!


いやいや、でもね。
3万人がいっぺんに入場するってのに、いちいち入場料払ってチケットもらうのだけでも相当な時間がかかるっちゅうねん!

私が行ったのはけっこうぎりぎりだった(おい)にも関わらず、チケット売り場が黒山の人だかり、まともに歩くのも大変でした。

ついSOUL POWERのときみたいなつもりで行ってましたよ。。。orz



ふと後ろに並ぶ人の声が聞こえました。

後ろの人:「ゴスのときみたいにチケット代に入れてくれればいいのになぁ・・・」


同感です。

同感ですっ!!!



あ、でも会場への入場は、入り口がブロック毎だったのでかなりスムーズでした。
これはかなり好感度高し。




で、席に着いたときには既にオープニングアクトの鶴が終わりかけ。
「風に吹かれて~♪」で手をふにゃふにゃさせるフリだけやりました。(笑)
ごめんね、鶴の皆さん。^^;



で、オープニングアクトが終わってから開演まで20分ほどあったのですが、突然ナレーションの人が「上空に飛んできたヘリコプターから航空写真を撮影します」と。


その際の注意事項として。

「(自己アピールのために)飛び跳ねる際は、隣の方のご迷惑にならないように飛び跳ねてください」

「カレーを持っている方は地面に置いてください」

「お好きなアーティストの名前を叫んでくださっても結構です」


・・・・・・・。
ご、ご丁寧にありがとうございます。(汗)
でもアーティストの名前叫ぶ人はおらんと思うよ?
人目だけじゃなくて人耳もあるんやしさ。



・・・が。
いざ撮影のとき。




斜め後ろでほんま叫んどる人がおるがなー!!∑( ̄□ ̄;)




しかも。
野太い男性の声で。




『Skoop On Somebody~!!!』





・・・・・・・・・・。





・・・もしや。
SOSの大阪のライブでいつも叫んでいらっしゃるのは貴方ですか?


なかなかえぇキャラしとんなぁ兄ちゃん。┐( ̄ー ̄)┌




No.1に続きます。。。



驚天動地。
2007年10月13日 (土) | 編集 |
終わりましたー!
バンドに清水興さんがでてきたので、スペシャルゲストはコウさん!?
・・・と思いきや。



竹内まりやさんでした!




仰天しましたよー。
まりやさんは二十数年ぶりの野外イベントだそうで。^^;
でも、さすがというか大物アーティストの風格がどっしりと。
素晴らしいです。



そしてコブクロのトークがあんなにおもろいとは思わんかった。。。(笑)



そよ風。
2007年10月13日 (土) | 編集 |
風に吹かれに行ってまいりまっす。
8月のSOUL POWERのおかげで準備がすぐ終わりましたよ。^^;
言うても、夏ほど用意するものはないんですけどね。

気候は暑くもなく寒くもなくといったところで、なんとなーく風っぽいのも。(笑)



っと、明日御堂筋パレード(通称「みどぱ」)なんですね。
阪神が優勝しとったら、タイガースフロートが出とったやろに。。。残念。



晴れ男VS雨男
2007年10月12日 (金) | 編集 |
いよいよ明日『風に吹かれて2007』@大阪万博記念公園 が開催されます。


が。
この季節、さぞ涼しく快適だろうと思いきや、なにやらどうも涼しいを通り越して寒くなりそうな予感。

今日でさえ、日の照っていた昼間はまだましだったものの、日が傾いてからかなり冷え込みましたもん。
昼間もまだ暖かいとはいえ、長袖は必須。
街中では薄手のコートを着た女性を何人も見かけましたし。

去年の『風に吹かれて』の写真には半袖Tシャツ姿のお客さんがたくさん写ってましたが・・・今回それはちょっと厳しそう。


こら明日が心配ですわ。
強力雨男(=竹○氏)の力が弱まっているのか、雨はなんとか免れそうですが。^^;




明日大阪にお越しの皆様は、寒さ対策も万全にー。




当日券(ピクニックエリアB)が出るそうです。
お近くの方はぜひ!




おひとりさまごあんない。
2007年10月11日 (木) | 編集 |
Skoop On Somebody "Live in Performance 2007 ~Christmas Edition~"の大阪公演のチケットが無事取れました。

・・・まぁ、よっぽどのことがない限り落選することはないと思うので、ハナから安心しきっております。^^;



で、今日になってローソンへ支払い&チケット引取りに行ってきたのですが・・・。



席が。



一番端っこ。


そんな前というほどでもなく、しかも一番端っこ。



なんでこんなに端っこばっかりなんやろう・・・。
今までど真ん中の席が当たったことがないんですが。orz


もしや一人やったら隙間になった端っこ席に放り込まれるんですかねぇ?



0と1
2007年10月10日 (水) | 編集 |
5年以上使っていたノートパソコンが、なんと3万7千円で売れてしまいました。

メモリの増設はしてたけど、オーバーヒートするわバッテリーはいかれてるわ、タダにされても仕方ないぐらいのボロパソコンだったのに。^^;

思わぬ臨時収入です。


・・・でも今使ってるのはモバイル用やから、もうちょっと頼りがいのあるのを1台買いたい。。。

そしてお金は私の元から次々と去ってゆく・・・。



で、査定してもらっている間に近くの百貨店へ買い物へ出かけたら、正面入り口にどーんとモノクロの名画が。

200710071111001.jpg


200710071112001.jpg


200710071113001.jpg


200710071113000.jpg



言わずとしれた『モナ・リザ』を始め、『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』の一部まで。


これらの絵は全てあるもので作られています。


それは一体何でしょう?










< 答え >

↓コレ
200710071111000.jpg



切符です。
高島屋の大阪難波店が、そばにある南海電鉄(のグループ会社)と協力して、回収した使用済切符の裏表を写真上部のようにモザイク状に組み合わせてモノクロの絵を作ったそうな。
小さくて見辛いですが、この『モナ・リザ』は63756枚の切符を使用しているとのこと。

き、気が遠くなる・・・・・。



でも、自分が使った切符がこの中にあるかもしれないと思うとちょっと嬉しいのでした。^^;



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。