社会塵、、、もとい社会人の日常。塵にも五分の魂が宿ってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三つ子の魂。
2009年09月01日 (火) | 編集 |
SOSのファンクラブイベント、エントリーするのを本気で忘れとったー!

でも今回はネットでもできるから楽ちん。
取り敢えず神戸土曜にエントリーしときました。
神戸だけで3公演もやるとは、一体どんなキャパなんだろうか。。。
前回の大阪で参加者が600人ちょっとだったから、それよりはだいぶキャパも少ないんだろうなぁ。
それ次第では落ちるかも、と思うとちょっと切ない。

それにしても。
「聴きたい曲」のリクエスト、いくら振られても懲りずにいつもの曲を1番に書いてしまった自分にorz。
で、ピアノ1本で歌えるやろうし、カバーもOKだったので「A Song for You」を。
最後にたまには明るい曲もと、「僕が地球を救う」に。


・・・。

・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・。


どんなけ初回のSOUL POWERの影響受けとんねん、自分。。。



スポンサーサイト
To be Continued...
2009年08月10日 (月) | 編集 |
や、やっとSOSの会報来た・・・。
本気でお金振込み忘れてたのかと思った。(←覚えときなはれ)


Q&A、オフィシャル日記で回答するのかと思いきや、会報だったとは。
でも日記で回答すると書いてるし、会報先行なんですかね?
そうでないと非会員の方が気の毒・・・。


なぜか大阪の方の質問がやたらと多いんですが、さすがに私のはなかったです。^^;
恥かかんで良かったー。

質問は『好きな大阪弁と理由』。それが大事。(え)


リーダーの回答がオモロすぎて笑いこけました。
そしてTAKEさんの自宅での格好がすごく気になる・・・・・。
まぁ、寝るときの格好がアレだしねぇ・・・。
(↑以前ミューパラ特区で言ってた)




FCイベントの神戸、土曜日もあったんですね。
"大阪"の文字を血眼になって探していて全く気付かんかった・・・。orz

なんで神戸・・・。

なんで神戸・・・。

なんで・・・



しかもあの値段設定は一体何なんだろう・・・。
前回がびっくりするほど安かっただけに今回の内容が気になる・・・。





一緒にくっついてきたバラードベスト告知の収録曲(しかもオフィ告知より1曲増えとる・・・)をまじまじと見たんですが、一言物申したいことが。


なんで『soul river』が入ってないんじゃー!



思いっきりSOSバラードなのに。
この曲、疎んじられてるんですかね?
SOUL POWER以来ライブで聴いたことがない・・・。

それともKO-HEYさん曲だから?



そもそも『潮騒』とか『Eternal Snow』は果たしてバラードなのか?



でも探せば収録されていないバラードっていくらでもありますね。
『Save Our Souls』が入ってなかったのは意外。
『To You』も。結構人気あるのに。

シングルは外され気味なのかと思いきやそうでもないし。
昔の曲が少ないわけでもないし。


一体どういう基準なんでしょ?




そしてシングル『椛』のほうは、全SOSクレジットになっているカップリング曲『Eve』が気になります。
敢えて"イヴ"。
一体どんな濃いぃ曲なのか・・・。


それにしても最近初回限定が多いなぁ・・・。
と言いつつ、ついつい釣られてしまうんですが。(笑)



涼雨。
2009年08月09日 (日) | 編集 |
やっぱり雨音が好きです。


なんだろこれは。
リラックス効果でもあるんだろうか?




そしてSOSの会報がまだ来ないんですが。^^;
5日発送なら7日には届くだろうに。
ちゃんとFC更新されてるんだろか。。。(というより年会費振り込んだのか)






それにしても。
ファンクラブイベント、なんで大阪がないんじゃー!
神戸っ!? 平日に神戸まで行けってかー!?Σ( ̄□ ̄;)


ホームタウンやのにそんな扱いでえぇんか。。。?



陸の人々。
2009年07月21日 (火) | 編集 |
FM802 HOLIDAY SPECIAL 和歌山マリーナシティ presents 『SHINING WAVE』公開生放送にSkoop On Somebodyがライブゲストとしてトリで出演したのをラジオで聴いていたので、ちょこっと話。



まずセットリスト。

・Calling You (Jevetta Steele)
・Amanogawa
・Sha la la

※この前後にそれぞれCD音源で『リル・スマイル』、『ETERNAL LANDSCAPE』が流れてました。


『Calling You』は18日の音霊で聴いてぜひまた聴きたいところだったので、思わずラジオの前でほくそ笑んでおりました。(笑)
ばっちり録音したので後日ねちっこく活用させていただきます。

映画『バグダッド・カフェ』は見たことがなく、挿入歌であるこの曲も知らなかったんですが、歌っているのは女性なんですよね。
TAKEさんが歌っても全然違和感ないなぁ・・・。
(ちょっとキー下げてるけど)


『Amanogawa』は音霊と同じバージョンだと思うので特にこれと言って感想なし。(こら)
でも日本情緒に溢れていて好きな曲です。


そして『sha la la』、なんとなく久しぶりのような気がします。
やっぱりリクエスト多いんですね。。。^^;

今回この曲で何より驚いたこと。

間奏前半部が『デサフィナード』(=ボサノヴァの名曲)になっとるー!!
さすがリーダー、故郷がブラジルなだけはありますな。(笑)
個人的に◎なソロ部分でした。
『sha la la』の間奏は毎回どんなリーダーソロが繰り広げられるのか密かに楽しみにしているんですが、まさか即興だったりするとか?

ちなみに当然、というべきか、最近まで流行っていたアカペラ始まりバージョンではありませんでした・・・。


MCではSOSと仲良しのDJ中島ヒロトさん(※なんと件の映画に身体の一部だけ出演!)とのトーク。和歌山の海についてメンバーに話を聞いてました。
リーダーは家族旅行でよく来ていたとか。
そしてTAKEさんは和歌山に親戚がいた関係で子供時代によく遊びに来ていて、全裸になって真夜中の海で泳いだという話に。(※言い回しをやや上品に変えております(笑))


余談ですが、ヒロトさん曰く、SOSはリハと本番で全然違う曲をやっていたそうな。(笑)
お客さんサービスだったのか!?
一体リハで何の曲を演奏していたのか気になります。。。




ライブとは全く関係ない話なんですが、、、15時くらいから実はずっと番組を聴いてまして。
ふとどこかで聴いたようなイントロが。

・・・・・・。

『I'll Make Love To You』か!!

えー、、、こちらはオリジナルだったんですが、、、いろんなものを思い出してなんか噴きそうになった。。。orz


漂流レポは次回からまた復活します。



願いは星屑になり・・・(No.3)
2009年07月21日 (火) | 編集 |
音霊 -OTODAMA- 2009 「今年も逗子でSKOOP ON EVERYBODY!」 2009年7月18日、レポその3です。



--------------------------------------------------

・・・とまぁ、TAKEさんがしんみりと語っている間にその左側で何やら不穏な動きが。


リーダー地味に一気飲みしとるがなー!!Σ( ̄□ ̄;)


呆気に取られるTAKEさんを差し置いてビールを飲み終え、ふぃーと満足気なリーダー。(笑)


しかも。
会場から容赦なく始まるTAKEさんへのイッキコール。
(※急性アルコール中毒の恐れがありますので良い子は真似しないようにー(笑))

始めは抵抗していたTAKEさんも、抗えない何かを感じ取ったのか、むしろノリノリで一気飲み。
(※くれぐれも良い子は真似しないようにー!(笑))


某男のお料理番組のときといい、キミらほんまに一気飲み好きですな。。。


TAKE:「み、みんな会を間違えてるわ・・・」


ま、プチ打ち上げってことで。(笑)


TAKE:「実はHi-Fi CAMPさんがずっと俺らの曲を聴いてくれてたらしくて。『『潮騒』とか『Still』とか好きなんですー!』って言ってくれたんやけど、その後で『・・・でも凄く飲むんですよね?』とか言われて。一体どんなウワサが広がってんねん(笑)」


や、それって噂じゃなくて事実以外の何物でもないのでは・・・。orz



さて、軽くグッズの宣伝をした後。

TAKE:「Skoop On Somebodyでしたー!」


えぇぇぇー!!?

もっぺん出てきといてそれかいなー!

即座にブーイングの坩堝と化す会場。
そらそうですわな。アンコールで出てきて一気飲みしてはい終わりv などと言われた日にゃ文句の1つや2つや3つは言いたくもなるっちゅーもんです。


TAKE:「ち、ちょっと待って、俺らも昼からずっと我慢してたんやって」


な、何のこっちゃ。^^;


が、TAKEさんが舞台近くにいた人と何ごとかごにょごにょと話を始め。。。


TAKE:「みんなよく聞いて。音霊は20時以降は音出したらあかん決まりやねん」


えぇぇー、残念。。。


TAKE:「・・・やねんけど、さっきリーダーが一気飲みしてる間に解禁になったそうです!」


よっしゃー!!
しかも後1曲演ってくれるらしく。

何がいいか訊ねるTAKEさんに会場各地からいろんな曲名が。


TAKE:「え、何? 横浜、、、ブルース??」


そんな曲あるんかー!!

・・・と思ったらほんまにあった。(笑)



男性だったか、「線香花火ー!」と叫んでいる人がいまして。
おぉ、それええやんか! と心の中で大賛成していたところへ無情なる宣言が。

TAKE:「えー、キリがないんで『Everlasting Love』歌います」


そ、そんなご無体なー!
や、好きやけど。好きやけどさぁ、、、こう、たまにはちょっと珍しい曲とかもやってほしいんですが。^^;

・・・とかなんとか言いつつ、やっぱり『Everlasting Love』はえぇ歌やなぁと思ってしまうのでした。
普段歌詞よりどうしてもメロディーのほうが印象に残ってしまうんですが、この曲は歌詞がすっと心の中に入ってくるのですよ。

この曲でも、終わりのロングトーンは圧倒的な存在で迫ってくるものがあり、、、こうして毎度この手に乗せられてしまうのでした。(笑)




KO-HEYさんがいないこととか、2人体制でのライブのあり方とか、言いたいことはいろいろとあるのですが、とりあえずは。

『SOSのライブは楽しい!』

に尽きると思うのです。
もちろん当人たちもいろいろと考えるところはあるとは思うのですが、ぜひともこれからもライブで素敵な音楽を聴く人に贈り続けてもらいたいなと。

そんなことをしみじみと夜の海辺で考えたのでした。


おしまい。
(余力があれば他のアーティストさん分も書くかも・・・)



願いは星屑になり・・・(No.2)
2009年07月21日 (火) | 編集 |
音霊 -OTODAMA- 2009 「今年も逗子でSKOOP ON EVERYBODY!」 2009年7月18日、レポその2です。



-------------------------------------------------

TAKE:「いやぁ、、、めちゃめちゃ気持ちえぇわー」


うんうん、大変楽しそうに歌ってはりましたなぁ。


TAKE:「ライブ始まってからだいぶ長い時間が経って疲れたやろに、みんな最後まで残ってくれてありがとう」


いやはや、途中でどれだけ会場の外に出て涼もうかと思ったことか。^^;
割と舞台近くに陣取っていたので居場所を失うわけにもいかず、なんとか気合いで乗り切りましたが。。。

ちなみにこの日ほとんどのお客さんがSkoop On Somebody目当てだったようで、さすがに途中でいなくなる人はほとんどいませんでした。


TAKE:「もう1組のゲストに登場してもらいましょう!」


またかい!!Σ( ̄□ ̄;)


TAKE:「COMA-CHI!!」


・・・あら、今度は本物だったんですね。
これぞまさに3度目の正直。

TAKEさん曰く、最近歌の上手な歌手は増えているけれど、COMA-CHIさんのようにハートで歌うことのできる歌手はなかなかいないそうで、とても好きなアーティストさんなんだそうな。
そんなわけで、急遽セッションしようということに。

で、舞台中央に譜面台が運ばれてきたわけですが、、、「譜面台がこっちにないと歌えない」と駄々をこねるTAKEさんによって、舞台右手に引きずられていく羽目に。(※TAKEさんは右手にいたので)

対するCOMA-CHIさんも歌うのはこれでまだ2回目だったそうなのですが、譜面がなくても全く問題なしだったようで、TAKEさんから「すごいな!」と尊敬の眼差しを受けてました。(笑)


曲はキーシャ・コールの『LOVE』。
まさにソウル!! メインはCOMA-CHIさんだったのですが、負けじとTAKEさんも熱唱し、、、さらに地味にコーラスしているリーダーも。(こら)



さて、"最後の曲"と言われて大ブーイングを巻き起こした『バラ色』。お約束のコール&レスポンスも長いのやらややこしいのやら、いろいろありました。(笑)

が。

TAKE:「最高です! 愛してます!!」


ま、また愛してるって言われちゃった。。。(やめれ)


最後、「バラ色」連呼(※武道館ライブの『Key of Love』の"You!"を想像していただけると良)の後に超絶ロングトーン。


・・・全くもってどんな喉してるんだか。
ひたすら溜息が出るばかりです。



残念ながらSOSステージはここまでして、、、惜しまれつつ退場するも、さも当然のように沸き起こるアンコール要求の手拍子。(笑)

しばらくして、さすがに観念したのかはたまた元より予定調和だったのか、缶ビールを持って2人が再登場。

コイツらまた舞台上で飲む気ぃかっ!(笑)


TAKE:「・・・まだ開けへんよ?」


・・・ん?

とか言ってる傍でリーダーがこっそり開けてるんですが。。。



TAKE:「2人でライブやるのは関東ではこれが初めてで。KO-HEYはおらへんけど、アイツの音は俺の心臓に響いてるし、きっとここに来てくれているみんなの心臓にも響いてると思う。・・・ま、アイツもそのうち帰ってくるでしょ」


そ、そんな軽いノリなんかー!?
まぁ"活動休止"であって"脱退"なわけではないから、いつかは戻ってきてくれると信じているんですが。

そういえば最初のMCで、TAKEさんが右横を指して「このへんに生霊が来てるかもしれんね。『音霊』だけに(笑)」とも言ってました。
生霊ネタは5月のCYFでも言っていたんですが、、、なかなかタイムリーですな。(笑)



No.3に続きます。。。



願いは星屑になり・・・(No.1)
2009年07月20日 (月) | 編集 |
音霊 -OTODAMA- 2009 「今年も逗子でSKOOP ON EVERYBODY!」 2009年7月18日、レポその1です。



--------------------------------------------------

19時15分からSOSステージ開始。


TAKE:「スペシャルゲスト!」


え、しょっぱなからゲストか!?


TAKE:「・・・波の音(笑)」


波かい!!


いや、でもですね。
すぐそばから聞こえてくる穏やかな波の音と、リーダーが奏でるメロディアスな音楽が相まってしっとりした雰囲気に。
昼間の喧騒と、今までの賑やかなライブの雰囲気が一転し、見事にSOS(と波の音)の作り出す世界に引き込まれました。


そのまま『バグダッド・カフェ』挿入歌になっている『Calling You』に。
静かに語り掛けるような歌声、ファルセットがとても美しい曲でした。
後で聞いた話によると、以前どこかのライブで披露して「評判が良かったらまたやります」と言っていて今回で3度めだったという。。。(笑)
ぜひ21日の和歌山でもやってもらいたい! そしたら音源に残せるから。



・・・と思ってたらほんまにやりよったー!!
しめしめ。
でも電波が若干良くなくて、リーダーのピアノの音がちょっと割れてしまったのが残念。




2曲めの『Actor』、さほど好きでもなかったんですが、、、ライブで聴いて印象の変わる曲というのもやはりあるものでして。
歌詞がかなり暗めなんですが、思わずそのストーリーに惹き込まれてしまいました。^^;
そして何と言っても間奏のリーダーピアノソロの壮大なこと。会場から湧き起こる大歓声!
リーダーやっぱりえぇ仕事するなぁ・・・。

最後の"in the Mirror"のTAKEさん絶唱っぷりには全身がぞくりとしました。
もはや言葉にできないです。



TAKE:「ただいま逗子ー!! ・・・早いなぁ1年経つの」

リーダー:「あっちゅー間ですよね」

TAKE:「・・・なんかそのまま返してきたなぁ。(笑)」


むむ。
ここはぜひリーダーに面白い返しをしてもらいたかった・・・。


TAKE:「COMA-CHIさんから元気良く始まって、だんだん音数減って最後俺たち2人になってしもて。(笑)」


・・・と、海岸で花火を打ち上げる音が。


TAKE:「もうひとりスペシャルゲストを用意しました。花火!」

リーダー:「花火!!」


・・・・・・・・・・。
さすがに2回目となるとネタの新鮮味が薄れてきてますな。(笑)



TAKE:「今日はめちゃめちゃメロウな曲を用意しました」

と、歌い出しで歓声が上がったのが『Amanogawa』。
いつもながらSOSのライブではイントロだけで曲の判断がつきにくいですね。^^;
間奏のリーダーソロ等、またバージョンが変わったような。。。


曲中再びひゅーっと花火が上がって会場に忍び笑いが。
いやぁ、一瞬曲が止まるんじゃないかと思ってひやっとしました。(こら)


メロウな曲2つめに『Nice'n Slow』。
いつもよりさらにテンポが遅くなっていてちょっとびっくり。2番(?)から元に戻ってましたが。

台詞部分が3割増しでエロくてどないしようかと思った。。。



こ、こっちを見るなぁー!!



No.2に続きます。。。
(漂流後回しで申し訳ないorz)



願いは星屑になり・・・(No.0)
2009年07月19日 (日) | 編集 |
OTODAMA(音霊) 2009 「今年も逗子でSkoop On Everybody!」のレポをお届け。
先にSOSステージのセットリストのみアップします。
続きは帰宅してから。。。


~セットリスト(SOS分)~

Calling You (Jevetta Steele)
Actor
Amanogawa
Nice'n Slow
LOVE (Keyshia Cole) with COMA-CHI
バラ色
Everlasting Love



ちなみにリハで聴こえてきたのは『Amanogawa』でした。
まさに今の時期にぴったりの選曲。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。